真夜中の血糖

己れを管理しきれない可愛げ詰まった日常
(只今コメント返信休止中)

買うよね

2020年07月17日 | 真夜中の血糖バナシ

どーも、こそっとプーカプカです。

 

今日はお金の算段。

高齢身内の緊急搬送から半月、そろそろ7月請求分とか、医療保険請求のタイミングとか、あれこれ分かってきたので、どの時点で誰が幾ら払うのか試算すべく、また身内家の現金と金融口座残高とモロモロ引き落とし額と日程などを総合的に勘案し、今後の生活に向けた月々収支と預金減少カーブの検証も含めた、総合おかね会議の準備…

 

ベッドの上のご婦人が云うのには

「年金は、郵便局でしか受け取れないの」

で、二か月ごとに大金を(自分からしたら、80代老人が現金五万円以上を持ってウロウロするのは、充分大金)

郵便局から都市銀行だの地元信金だの、入金行脚しているらしい。

 

年金って、ゆうちょ銀行の専売特許だったのか!?

ググったら、そんなコトあらへん。いつの時代のハナシや

おそらく、年金受取りをゆうちょ銀行にしておくと、旅行の優遇だったり、100名様に5000円当たる、みたいな仕組みで、郵便局に縛られていると推察。

いやいやいや~

もうお願いだから引き落とし口座と年金入金口座を一つにまとめさせて

 

てか、数年前に金融機関を回って口座整理してたやん

あれ、どないなったん。なんで都市銀行に口座が3つあって、信金が大阪と高知で、郵便局まであるのんなー

信金は自宅に集金くるらしいし(2020年ですよ!?そんなシステムが未だ機能してたんだ!?)

 

で、削る時間は食事の支度時間になったりします。

たまたま激安スーパーでたたき売りしてた野菜入り汁物。

それぞれ1人分の炭水化物0.7gと0.9gです。

身内宅に残された高齢者との、あわただしい食事でも、なんか野菜を追加してグラグラ煮れば、結構な一椀になります。

なによりも災害時にコレ、野菜も入ってるし、気持ちもホッコリしそうで備蓄向きちゃうかな

ニッスイの商品です

 

もっと堕落して、セブンのカレースープも試してみたい。

移動中にネット見てますが、久々ふんふんできたCOVID-19関連記事

しかしアレですな。四十肩だの五十肩だのと睡眠時間4時間程度でもありがたい~と感謝する歳月だったおかげで、この難局に際しても事を進めてゆく余裕がアリマス。

病と共に生きていこう

 

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 昔はE | トップ | うなぎな話 »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (いとま)
2020-07-18 13:49:02
高橋泰先生のお話、私も非常に納得して読んでおりました。

デーブ・スペクター氏がGO TOと感染拡大警報について、「アクセルとブレーキを同時に踏むと教官に怒られる」とツイッターで呟いておりまして、膝を打ちました(笑)

プカ様に面白い本をいつも紹介していただいているので、突然ですが私からもオススメの本を。。。

たまたま手に入った「サカナとヤクザ: 暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う」という本が衝撃的で面白く、一気に読んでしまいました。

調べてみるとブームの陰には必ず闇社会が潜んでいて、タピオカや高級食パンも彼らのしのぎになっているということを知り、ひえーっとなっておりました。

コメントを投稿