真夜中の血糖

ダサイ糖質制限(だいず+さかな+やさい)なんかやっちゃって

2019年05月20日 | 真夜中の血糖バナシ

どーも、プーカプカです。

 

極端な糖質制限は早死にする、という論文及びメディア記事に関して、不謹慎なのであるが、自分はウエルカムの立場。

自分の場合の糖質摂取量は1食20gで、その事によって(体重こそ減らなかったものの)、健康診断で指摘された高血糖、高血圧、肝障害、高脂血症、多血症(肥満の人がよくなるらしい)、全部見事に中央値になってしまったので、早死にを強く希求している自分の目的からいえば、糖質制限は失敗の選択肢であった

どう考えても、健康的になってしまった感が否めない。

 

今日あすにでも、死ぬ覚悟はできているし、まぁ最後の洗濯くらいはして生ごみも捨てておきたいけど、

ともかく身内の年寄り(多すぎ!)を見送った後は、可及的速やかに死んだことにも気付かない位の秒速(落雷直撃とか?)で人生を終えたい。

 

ひるがえって、長生きする覚悟は出来ていない。

高齢の身内を介護して見送ってきた期間が3度あったので、病気で徐々に動けなくなった晩年、老衰で徐々に自分では何もできなくなっていく老後、突然病に伏したパターン、いずれも深く関わった。

配偶者も子女も有していない状態で、最晩年を尊厳もって過ごせるのか、介護の現場、行政の現実、法整備と税制の進捗、いろいろ考えると、老親たちを見送った後は67歳くらいで雷に打たれて終わりにしたい。

 

極端な糖質制限って、どんなんですか?

どうやったら早く死ねますか?

最近ちょっと料理写真が健康に傾きすぎてるようで不安(笑)

 

今年は、市のボランティア講義を辞めちゃってちょっと暇なので、PPK活動でもしようかと存じます。

真剣にピンピンコロリ目指してるけど、その割には家の中がPPK体制では無さ過ぎるという、相反する生き様に、嗚呼、人間って可愛いって思う。

思えませんかね

 

へんなブログになってしまいました。独居痴呆症老人のテレビ番組を観た余韻です

ねこねこ蒸しパン。フライパンにお湯を張って、蒸し上げました。

水抜きヨーグルトとレモン果汁、レモン胡椒入り。

膨らみが中々の。

オーブンで焼いた方が持ち運びには安定しますが、会社まですり足でそ~っと運ぶ

世間は糖質制限に対して色々いってますけども、何度か書いたように、偏見は経験には勝てない、です。

コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 用意はいいか!? | トップ | ますます雑 »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ふむふむ (とむ・2型糖尿病)
2019-05-20 09:01:09
師匠 お早うございます。
私も糖尿病になる前から長生きはしたくないと思っていました。ましてや糖尿病になってからは惚ける前に死にたいと・・。惚けて糖尿病管理は難しいし、家族に迷惑掛けたくないしね。私も死ぬ覚悟はいつでも出来てます。ま~~それまでは血糖コントロールして日々の生活を楽しく過ごそうと思います。ちなみに家の家系は長生きの家系で最高年齢は104歳です。
Unknown (くろーどちあり)
2019-05-21 10:46:29
配偶者や子女がいたところで、何の屁のツッパリにもなりませぬよ
配偶者なんて、どっちが先に死ぬかだけの事で、先に死なれたらこっちは1人残るわけやし〜
子女がいたところでそんなつもりで産み育てるわけではないし、それぞれの人生があるわけやし…
アテには出来んよね〜〜

ゆーてても明日車にはねられて死ぬかもやし…
一寸先は闇
100歳 (こまち)
2019-05-22 10:41:43
近所のおばあちゃんが亡くなってお葬式の手伝いに行ってきました。90歳まではバリバリ元気で畑仕事、家事を一手に引き受けてた元気ばーちゃんでしたけど、脳梗塞で10年近く寝たきりでした。
台所で倒れてて、仕事から帰宅した息子さんが見つけて救急車で運ばれたの。
私だったら転がしといてほしかったなーと密かに思っていましたら、同意見の人が大多数。
素人がこれはもうダメだと思って2時間経ってから救急車を呼ぶようにその前だと助けてもらえちゃうよ!という看護師さんの貴重な意見も聞いてきました。笑

コメントを投稿