真夜中の血糖

ダサイ糖質制限(だいず+さかな+やさい)なんかやっちゃってる

正解はある

2019年07月15日 | 喧噪の外で

どーも、プーカプカです。

 

運動については、四十肩の悪化以降、できる事しか出来ていませんが<いやいや最初から出来る事しかしてへん

運動、と、メンテナンス、は別モノ、というのをしみじみ~しみじみ~と。

メンテナンスって、ストレッチとか筋トレとかね。

 

あまり物事を断言したり、主義をブチ上げたりするのは、自分に合わない遣り方なのですが、メンテナンスは、はっきりいって、生活の質を上げます。

というか、ご褒美が多すぎます。

というか、さぼった後の罰が大きすぎます。

 

自分はこれまで、整形外科の理学療法と、リハビリ目的のヨガと、メンテナンス重視のバレエに関わって参りました。

整形外科は、医学的にアタマウチになったので、いつまでも医療保険で効果の無いレベルの施術を受けるわけにもいかず(日本はこのへん対費用効果の検証が緩いですが)

リハビリ目的のヨガが一番良かったのですが、先生が新しい事業に乗り出すので教室がクローズすることになり。

そして今は、なんとビックリのバレエ教室に行っております。

 

3人のカラダに関するプロと接してきて、分かった事は…

全員が、同じ事を云いよる

オリジナリティというのはナイのでせうか<ナイ

 

まず、動かさないのが最悪の対処法。(もちろん、急性期等の期間を見極める必要はあります)

そして、一生、死ぬまで、メンテナンス。

歩けなくなっても出来る事はたくさん。寝たきりでも最新のメソッドではストレッチさせられる。

 

自分のカラダに肩甲骨があることさえ知らなかった震える小鹿ちゃん<誰

いまや、同じ事を云われ続けてすっかりアタマデッカチのストレッチお化けになりました。

前述のプロ三人が云う、これまた同じ事は

1.呼吸を止めるな

2.観察せよ。その動作でカラダのどこがどう変化したか、血流がどう変わったか、変化を全て感じられるように意識を体内に向けて観察せよ

3.股関節。カギを握るは股関節(あーんど内転筋)

 

多分ねー

ストレッチや筋トレ始めたばかりとか、痛み苦しみツラさがそんなに無かったとか、だと、怪しい宗教のように感じるかもしれませんが…

ストレッチと筋トレで少しでも楽になって死ぬのをやめようと思うレベルで救われた感があったり、長年続けていて途中で辞めた時に初めて分かる全体の不調を経験してると、ウンウンそうだよねー、と納得のいく金言だと存じます。

 

肩周りの問題は、股関節の調整で、かなり変わります。

膝のトラブルは、股関節の調整に加えて、内転筋の強化で、膝を使わずに動作できるようになります。

お相撲さんやゴルファーなども、筋トレで腰痛をカバーしはりますが、ただただ日々を死なないように生きてるだけの庶民のプカであってさえも、内転筋と太腿周辺全般の強化で、生活がむっちゃラクになりました。

テレビ見ながら、太腿の付け根から左右を交互に上下する、ながら運動を30分ほどすると、駅や職場の階段とか、民家4階建て分くらの量であれば、息も切れずにサーっと上がれます。

これはプカの体格からいうと、周囲はビックリするようで…

ただしその最中も腕を吊ってる状態←世の中矛盾だらけ…

 

かつてヨガの先生は、肩と腕を使えないプカの為に、寝転んだままでお腹から下半身全体を筋トレする方法など、たくさんの知恵を授けて下さいました。

今のバレエの先生も、今の状態に合わせて出来る、或いはやるべき事を考えて下さいます。

 

色々な理想があって、出来る事や出来ない事があって、自分で考えて体験して方向を修正していって、その最中に借りるプロの手があり、励ましてくれるブログ仲間が居て、そういう暮らしを綴っています。

糖質制限を謳う一派

筋トレを絶対視する軍団

もっと厳しい食事制限で完治を目指すグループ

標準治療で生涯をカバーする現実派

どれもが望めば手を貸してくれるので、生きるのに絶望する前に、色んな事を体験して、納得して、自分が最も楽に呼吸できて、生きてる間は生きて行こうと思えるだけの自分メソッドを構築すれば、できれば、それはそのヒトにとっての正解なのだと存じます。

 

それにしても…全身麻酔で手術した身内高齢者、翌日から早速、筋トレ指導ですよ!

恐ろしい時代

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 来週ローソンとか | トップ | 作ってみたら出来た »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ストレッチの心得 (こまち)
2019-07-15 20:37:15
3か条。
5年日記の巻末メモ欄にしっかりと書き留めました!
7年ほど真面目にストレッチをして、体が柔らかくなったのに、柔らかくなるにつれ腰の調子がおかしくなり日常生活に差し支えるほどになりました。
あっち捻りこっち伸ばしして、どうも大臀筋が硬い気がする。
他は柔らかいのに、これが伸びないからバランスが悪く腰に負担がかかっているのではと思いつき硬い部分だけ重点的にストレッチして今の所良い感じ。
「体内を観察」の言葉が心に染み渡りました。今日からはもっと真剣に体様のご意見を聞きたいと思います。ぷか様今日もありがとう。^0^v

コメントを投稿