MY HOUSE

おっとりなビーグル犬”ビーチ”ののほほん日記♪

改修工事完了

2014年09月15日 | 建築日記
やっと今日、足場が外れて、改修工事が完了しました



外壁、真っ白!

綺麗!

8月後半の長雨で、なかなか外壁塗装が出来ずに、だいぶ工事の日程がずれました

屋根工事もベランダ防水も無事に終了。

工事管理のTさんも何度も顔を出してもらいました。

これでしばらくは、綺麗かな
コメント

足場

2014年08月19日 | 建築日記
我が家も竣工してからもう9年



外壁塗装や屋根改修のため、我が家に足場がかかりました。

修繕ってお高いのね

他に駐車場を借りたりして、ああ諭吉が飛んでいく
コメント (4)

5年目

2010年05月15日 | 建築日記
本日は、お客さんが来るんだ。



ピンポンが鳴ったときは、ビーチはどうするんだっけ?



そうそう。すばやく自分のハウスに入るんだよね。ビーチえらい



今日は、ハウスメーカーのメンテナンスの点検の日でした。

我が家が完成してから5年目の点検です。

隅々まで点検してから、2、3点気になるヶ所を修繕。

それでも、直せない所は、また後日となりました。




今日は、他にも来客がありました。

アンテナ工事の人が来たんだ。

一戸建て我が家は、ずっとアナログ放送のままでした。

しかし そんな我が家もとうとう、地上デジタル化です




きっかけは、いつものホームセンター。

ふっと目に止まった「今なら、デジタルアンテナ工事10%引き!」の看板、

値段を聞いたら、アンテナに増幅器もついて、この値段なら安いかもっというワケで

即決、契約した衝動買いです。



我が家の屋根の上に登り、アンテナを立てる電気屋さん、すごい









地上デジタル化を記念して、ビーチも地デジカです。





まぁ、細かいことは気にしないの
コメント (6)

クロス張替え工事

2007年07月07日 | 建築日記
先日の2年点検のときに指摘した、天井クロスのヒビ割れ。
今日は、その補修の日です。
アフターメンテ担当Uさんとクロス屋さんが来てくださいました。



気持ち良さそうに、ペロ~ンと剥がれます
クロスのヒビ割れは一部ですが、
天井がつながっているので、1Fの天井全部のクロスを張り替えます。
室内は、ビーチの居場所がないので、
ごと外のデッキに移動です



いつもと違う様子に、恐る恐るのぞき込むビビリっ子





無事に入れました~



ママ達も一緒にいるから大丈夫だよ
トイレシートはガジガジして口にいっぱい入れちゃうので
サークル外に撤去



まだまだ家の中は作業中。
クロス張りは、夕方までかかるみたい。大変だぁ
そんなわけなので、ママも、居場所がないのです~





芝生にゴロンゴロンしてます
気持ちいいのかな~??
でも、ママは、その遊びに付き合えません。



やっぱり、パパの匂いがいちばん
パパは、室内でクロス張り作業の監視してます。


朝からずっとウッドデッキにいたので、
ビーチもそろそろ飽きてきたようなので、お散歩へGO


その後、クロスはキレイに仕上がりました
クロスには細かい模様が入っているのだけど、その升目も丁寧に
合わせてくれたそう。
さすが職人技です!どうもありがとうごいざいました
コメント (2)

2年点検

2007年05月23日 | 建築日記
今日はちょーーー久しぶりに、建築日記を。。。

先週の土曜日、の2年点検がありました。
引っ越してから、もう2年もたつんだなぁ~~。早いなぁ。
事前に気になる箇所をチェックしてみたところ、いくつか
出てきました。


①吹き抜け部分の天井クロスの亀裂
②2Fバルコニーの床のきしみ
③キッチンの水栓シャワーの切替の不具合
④お風呂の追い炊き機能


①は、吹き抜けのためどうしても負荷がかかる箇所があり、
耐えきれずにクロスが割れてきてしまったようです。

 


後日、専門の業者さんが対応してくださることになりました。
けっこー大がかりな作業になりそうです

②と③も、それぞれメーカーさんが対応してくださるそう。

④は、追い炊きが設定温度に達する前に止まってしまうという現象で
何度かメーカーさんに来ていただいてるのだけれど、なかなか
改善されずに今に至る・・・って感じです
もうこの時期は多少ぬるくても平気だけど、冬はかなりストレス!
の~んびりバスタイム・・・なんてできません(寒くて)。
なので、冬になったらまたメーカーさんに来てもらおうと思ってます。

この他は、アフターメンテ担当の方に、全体を見ていただきました。
私たちも初めて床下を見させてもらったのだけど(這う勇気はないので
覗いただけ)、とくに問題ナシでした
この間、ビーチは作業のジャマになるので、ハウスで待機。



お兄さんが帰ったあと出してあげたら、真っ先に玄関へ直行
いないとわかるとキッチンへ行ったり、階段上を見上げたり
一生懸命探してました。
誰にでも愛想のいいビーチなのでした

次回の点検は、3年後の5年点検。
その頃には、もっと気になる箇所がでてくるんだろうなぁ。
コメント

ブルーベリー

2006年06月03日 | 建築日記
先日、今年は実がつかないかも~とショックを受けていましたが、
よくよく見てみると、けっこー実がついてました♪
わーいわーい

収穫は7~8月の予定。
虫くんや鳥くん達に食べられないように、注意だわ。
また成長ぶりを報告しまーす。
コメント

ブルーベリー

2006年05月21日 | 建築日記
今週は毎日のように雨でしたね。もう梅雨入り?!
滝のような豪雨があったせいで、ブルーベリーの花がほとんど
落ちてしまいました(泣)
まだ受粉作業してないのにーっ!!
ブルーベリーの花はすずらんみたいな釣鐘型なので、麺棒などで受粉
してあげないとうまく実がつかないみたいなんです(本に書いてあった)。
それが連日の雨でずーっとできずにいました。。。
そしてやっと晴れたこの週末、すでに花は散っていた。。。
今年は収穫できないなんて・・・朝摘みブルーベリーを食べたかったのにぃ。
わーん!!(>_<)




コメント

塗り塗り大会PARTⅡ

2006年05月05日 | 建築日記
今日は約1年振りにウッドデッキの塗装をしました!
日焼けや雨風でかなり色が薄くなってしまっていたのですが、
塗り終わったら新築みたいにいい感じに仕上がりました。
でも6畳くらいあるので、けっこうヘトヘト~(^^;)

あとは、テーブル&チェアを置いて、おうちカフェを楽しみたいです~♪
コメント (2)

1年点検

2006年04月30日 | 建築日記
わぉ~、1ヶ月ぶりのUPになってしまいました!(汗)
今月は仕事が忙しかったり、体調崩して寝込んだりで、ブログさぼってしまいました。
遊びに来てくれてた皆さん、ごめんなさいっm(__)m

さてさて、今日は1年点検の日でした。
引渡しを受けてから、もう1年になるんですね~。早いなぁ。
アフターメンテの担当Uさんがみえて、まず私たちの気になる箇所を聞かれました。

・玄関ドア(木製)のヒビ割れ
・クロスの一部が少し剥がれてきた
・棚やクロスの隙間から白い粉が出てくる
・お風呂の追い炊きが設定温度になる前に止まってしまう
・床下(お風呂の下)に水が溜まったり、カビが生えていないか

私たちが気になったのは、この5点。
木製ドアのヒビはまだ小さいので、しばらく様子見することに。
クロスはほんのちょっと剥がれてただけなので、Uさんが修復。
壁の白い粉は石膏ボードの粉で、ボードとクロスの間に空気が通っているため、
数年はどうしても出てきてしまうそう。
出きっちゃえば、もう出ないらしい(そりゃそうだ)。
風呂釜は、後日メーカーさんに見てもらうことにしました。
床下はキレイで、全く問題ないそうです。良かった。
この他にも、脚立を使ってあちこち丁寧に点検してくださり、無事終了しました。
次はまた1年後だ~。

点検のあとは、お買い物。
キッチン雑貨を見ていると、オクソーのサラダスピナー(野菜の水切り)を発見!
ポコッと上に飛び出てる黒いとこを押すと、ビューンッ!!っと勢いよく回転して
水を切ってくれる、頼もしいヤツなんです。
これ、前から欲しかったんだよねー!とよく見ると、大きいほうのサイズが
¥4720→¥2980になってるー!!これはお買い得!!
ダンナのOKも出たのでニコニコしながらレジに持っていくと、さらに20%引いてくれました。
わーい!!すっごくうれしい♪
これから毎日活躍してくれそうです!
コメント

我が家のリビングは、畳敷き

2006年03月19日 | 建築日記
最近、家ネタがなく困っていたら、ダンナが設計思想をまとめてくれました!
我が家は、詳細設計はsturdy styleさんにお願いしましたが、基本設計はダンナが
案を出して進めていきました(建築設計の仕事をしているので、たくさん案が
浮かびすぎて大変でした)。
これから数回に分けて、少しずつUPしていこうと思います。

今日は第1回目。
「我が家のリビングは、畳敷き」

我が家のくつろぎ形は、床に転がりながら、ごろ寝。いわゆる座床スタイル。
LDK+畳敷きスペースが理想でしたが、スペースと予算の関係で全てを
取り入れるのは無理でした。

家でのリビングの役割を考えたとき思い浮かぶのは、いわゆる、日本語での居間であり、
茶の間である。
一日の大半をここで過ごし、家族が集い、くつろぎと共に、テレビや音楽の娯楽や、時に勉強。
お茶したり、たまに食事もするような多目的に過ごせる空間。

そこでリビングを、ソファーの憧れもありましたが、あえて畳敷きにしました。

もともと、マンションによく見られるLDK一体空間では、キッチンやダイニングの人間が立って
作業する同一空間内に座床スタイルを持ち込むと、とても落ち着かないし、違和感があるのです。
そこで、座床空間とDKスペースの立ち空間を調和させるため工夫が必要となります。

1.床の高さを変える。
座床スペースの床をDKスペースよりも上げると、立ちスペースに目線が近づき、
違和感が無くなると共に、他とは、空間の性質が違うと無意識に認識できる。

2.目線を低くする。
座床スペースに低い棚や、高さが低い開口部を取り付けると目線が低くなり、
人が床に座った時に落ち着ける空間となります。
目線を下げると、より空間が広く感じることが出来る利点もあります。
また、低い棚はテレビ台の他、ちょっとした机ともなり、多目的に利用できるので便利です。

LDKを広く見せるためには、ひとつの一体感のあるスペースとしたいところですが、
座の空間を取り入れるため、あえて空間に変化をつけています。
その代わり、壁や、天井の仕上げや、ディテールを統一して、連続した空間を
デザインしています。

畳敷きの良さは、その多様性。
座卓を出せば、食事ができ(大勢の来客がある時も、もうひとつ座卓を出せば、対応できます。)
布団を引けば、あっと言う間に寝室。
洗濯物をたたむ作業スペースになったり、赤ちゃんが居る家庭ならばオムツも換えるのに便利
などなど、色々な使い方が出来ます。

そんな理由で、我が家はリビングが畳敷きになりました。
いつも、家族でゴロゴロ。
大きな掃出し窓から見える庭には、姫シャラや南天たちの緑。
暖かい日が差す午後に昼寝。なかなか居心地良いです。
コメント (2)