八戸鉄道・バス研究会別館ブログ

八戸鉄道・バス研究会 http://8-bus.com/ の別館ブログ。
いろいろなネタを扱っています。

八戸・久慈道(八戸南環状道路)開通式

2014-04-05 | まち
3月29日に八戸・久慈道のうち、八戸JCT~八戸是川ICの八戸南環状道路が全通して八戸自動車道(東北縦貫自動車道八戸線)と接続しました。
同日には八戸是川ICにて開通式典が開催されました。
開通式典の様子はあちこちで取り上げられていますが、当ブログでは開通式典に活躍したバスに焦点を当てて当日の様子をご紹介します。


八戸南環状道路の開通記念イベントのチラシです。
三陸沿岸道路を構成する1つが八戸南環状道路ということは理解できますけど、道路看板には「八戸・久慈道」と表記されています。
1つの道路名にいろいろな名称が付いており、ややこしいものです。

開通式典が開催される場所は八戸是川IC内でしたので、一般車両の立ち入りは開放が行われる時間まで禁止されていますので、八戸公園(こどもの国)第1駐車場~イベント会場(八戸是川IC)まで無料シャトルバスが運行されました。
八戸市の公用車(バス)、三八五バスの中型GALAがシャトルバスに使われました。

チラシと案内板には10分間隔運行と書かれていましたが、実際には乗客が集まったら発車するという形で頻発運行されていました。

中型車の他に十鉄スパクルが使われていました。
3ツ目のスパクルが未だに現役で使用されていたので、私は三八五バスの中型GALAに乗車してきたので、もう少し待ってスパクルに乗車したかったですねぇ。

三八五観光ハイヤーのマイクロバスもシャトルバスに使われていた様子です。

八戸公園を発車したバスは県道から八戸是川ICを八戸JCT方面へ進入したところで降車扱いしていました。

八戸JCT方向で開通式典が行われるようです。
自動車専用道を歩ける最初で最後の貴重な機会、道路の開通式に来て良かったです。

八戸是川IC付近を歩いてみましたが、こういう光景で撮影できるのも今回が最初で最後の機会です。
IC付近は将来的に片側2車線化することを想定した用地を確保しているようでした。

開通式の車列の中に南部バスの新GALAを発見しました。
前面に開通の横断幕が付けられていました。
やはりイベント行事には最新車両を持ってくるんですね。

側面にも横断幕がありました。

三八五バスのセレガRがいましたが、こちらはイベント参加者の送迎用だったようです。

八戸・久慈道(八戸南環状道路)と八戸道がつながったことで種差海岸や階上まで市街地を通らずに盛岡・三沢方面へ行き来することができるようになって大変便利になりました。
私も開通した区間を往復してみましたが、八戸市内の渋滞区間を回避して移動時間が大幅に短縮されたことを実感しました。

八戸・久慈道の開通によって、三陸復興国立公園に指定された種差海岸や階上岳の地域活性化、東日本大震災からの復興が加速化されることを期待しています。
十和田観光電鉄(東京・池袋⇔八戸・十和田・七戸線(シリウス号 ))の高速バス・夜行/深夜バス予約は日本旅行「バスぷらざ」
日本全国の高速バス予約はこちら!!

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« BUS NAVI 8 | トップ | 八戸市営バスと南部バスの冊... »

まち」カテゴリの最新記事