八戸鉄道・バス研究会別館ブログ

八戸鉄道・バス研究会 http://8-bus.com/ の別館ブログ。
いろいろなネタを扱っています。

新しい八食100円バス

2018-08-18 | 八戸・青森のバス
新しい八食センター100円バスが登場する様子です。
八戸駅前~八食センターを結ぶ100円バスは、東北新幹線八戸開業を迎えた2002年12月1日に運行を開始し、現在までに3代目の車両で運行されています。
現在運行している車両は、元西武バスのワンステップ・キュービックで運行されています。
こちらも、ついに京王グループで使用されていたノンステ西工JPに置き換えられるようです。

基本カラーは現在の3代目車両と同じく、青色となるようですね。
すでにイラストも塗り終えられ、ナンバーを取得するだけになっている感じでした。
新車の登場が待ち遠しいです。
ポイントアフィリエイト
ピンクのバスのウィラー

コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 本八戸駅で見た昼行便 | トップ | 八戸市営バスにエアロスター... »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (まりん)
2018-08-18 19:06:49
運行開始からもう16年近くになるんですね。
最初に乗った時はCJMが来たのを覚えてます。
ついにノンステに置き換わるとは、
出物がノンステばかりになったから、というのもあるんでしょうが、
時代の流れというのもあるんでしょうねぇ。
Unknown (ぺい)
2018-08-19 01:16:41
元西武バスの車両、まだ使えるのでは?
と思いつつ、車歴を調べてみたら97年式だそうで21年になるみたいですね。
みちのりグループ方針で車歴20年以上は随時代替ですから仕方ないかなーと思いつつ。
これからも都営・小田急移籍車中心に代替が進んでいきそうですね。。 南部バスの在籍は6年と短かったですが、元西武車には何度も乗ったので印象がつよいです。
ついに置き換え (HIRO)
2018-08-19 08:55:30
まりんさん、ぺいさん、コメントありがとうございます。

>まりんさん
やはり時代の流れでしょうね。
しかも、運行事業者が旧南部バスから岩手県北バスに変わったというのも、大きな変化ですね。

>ぺいさん
みちのりHDになってから車両の入れ替えが多くて、それだけ南部バスに旧型車が多かったということですね。
ラッピングバスと言えば (桔梗野原人)
2018-08-20 01:00:38
南部バスの車両入替のスピードはものすごいものがありますね。現在確認できたところでは936号車まで進んでいるようです。ところで南部バスのラッピングバスと言えば903号車のラッピングにはびっくりしました。最初チラッと見た時は新しい八食バスの車両かと思いましたが、よく見たら自社の代表的なお得きっぷをPRするラッピングでした。それにしても前から後ろまで3分割に塗り分けるとは何とも大胆で奇抜なデザインで見かける度にぎょっとさせられす。
乗りまーす (まりん)
2018-11-16 23:23:28
ご無沙汰しております
今度の日曜(11/18)に八食に寄ってから帰るので
乗るとなれば、この3代目バスですね。
(個人的に西工ワンステは乗車経験無し)
当日は先ず舘鼻朝市にも行く予定なので
何時もながらの詰め込み日程ですが、
セット回数券はキッチリ使い切ることになっています。
速報です。 (東山 僚啓)
2018-12-01 16:54:17
10月下旬の頃に、つばめ交通(イオンモール下田シャトルバス用)に元千葉海浜バスから来た日野ブルーリボンシティフルノンステップバスが入って来ました。八戸200か897号車です。フルノンステップバスが下田町へ乗り入れするのは初めてじゃないでしょうか? スゴく驚きです。あと、八戸市営バスに大型新車ノンステップバス9台入って来ていて、すでに運用を開始しました。新車更新した車両は、三菱ふそう・エアロスター(初)です。まさかふそうだとは知りませんでした(本当だったら、日野ブルーリボンノンステがよかった)。青森市内でちらっと見ましたけど、青森市営バスにも三菱ふそう・エアロスターノンステが在籍しています。これで、八戸市営バスも青森市営バスや下北交通の相棒の時代になってしまうのでしょうか?
ひょっとしたら、八戸市営バスは元神奈川中央交通、元西武バス、元小田急バス、元高槻市営バス、元川崎市営バス、元江ノ電バスからのいずれかの中古バスになるのではないかと思いますが?(あくまでも予想です)
エアロスター乗車しました (桔梗野原人)
2018-12-09 00:22:48
12月8日に中心街へ出掛けた際に市営バスのエアロスターに乗車する事が出来ました。カタログを見ると左右の最前列にシートがあるはずですがどちらにもありませんでした。多分カスタマイズでそうしたのかと思われますが何故なのでしょうか。それと乗り心地がとても良いのがすごく印象的で、しっかり設計製作されていることが実感できます。ダイムラーの傘下に入ったことが良い結果をもたらしているのではと思われました。
返信です (HIRO)
2019-01-01 13:57:54
桔梗野原人さん、まりんさん、東山僚啓さん、コメントありがとうございます。
返信が大変遅くなり、すみませんでした。

>桔梗野原人さん
体質改善を進めた結果、京王や西東京から来た西工ボディの車両が一気に増えていました。
旧南部バス時代では考えられなかった光景ですね。

>まりんさん
南部バス、八戸市営バスも新車、中古車導入が進んで、古い車両が見られなくなりつつあります。
ずいぶんと変わったものです。

>東山僚啓さん
つばめ交通のイオン下田シャトルバスは見かけているものの、まだ乗っても撮ってもいないので、近く乗ってきたいと思ってます。
八戸市営バスにエアロスターが導入されたのは、とてもびっくりしました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

八戸・青森のバス」カテゴリの最新記事