八戸鉄道・バス研究会別館ブログ

八戸鉄道・バス研究会 http://8-bus.com/ の別館ブログ。
いろいろなネタを扱っています。

北海道からやってきた十鉄バス

2007-01-29 | 八戸・青森のバス
今回はトラックバックで記事を書きたいと思います。
トラックバック先は、いつもお世話になっている八戸の歩き方ブログさんの「三沢空港連絡バスで発見したこと(2006/07/30)」です。
今さら昨年の7月の記事にトラックバックするのも申し訳ないのですが、それは私が撮影したくても、なかなか対象のバスに巡り合うことができなかったからです。

トラックバック先の記事を読んで頂くと分かるのですが、十鉄バスに元北海道中央バスからやってきたスパクルが存在しています。
私も、この目で見るまで気がつかなかったんですが、三沢空港行き連絡バスにトイレ付きの車両がいるということを教えてもらってから、ずーっと撮影できるチャンスを待っていましたが、なかなか巡り合うことができませんでしたが、ようやく撮影できるチャンスが到来しました!
ということで今回の記事を書くことになったんですが、時間がかかりすぎました・・・。
三沢空港連絡バスでは今回ご紹介する元北海道中央バス以外でもスパクルが活躍しています。
一見すると見分けが付きにくいのですが、なんといっても特徴的なのが後ろから見た姿です。

少々分かりにくいかもしれませんが、進行方向左側後部にトイレが設置されています。
このことを八戸の歩き方ブログさんでも書かれているわけですね。
シートカバーには、ちゃんとCHUO BUSと書かれているとか・・・。
しかし、この位置から見るとトイレ付きの山梨交通のスパクルに見えなくもないと思ってしまうのは私だけでしょうか?

コメント (5)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 市営バスは新荒町から始まった | トップ | 知らなかった南軽号の車両変化 »

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
バス用のトイレ (まりん)
2007-01-30 02:06:01
稼動してるかどうかは別として、トイレがあるのは
心理的に安心ですね。
数年前に宮古から岩手県北の106急行バスに乗った際の話です。
2時間以上乗るというのにトイレ無しのセレガでしたが、
途中トイレ休憩で寄った場所が、
「県北バスで建てたトイレ施設」でした。
車上でなく、地上側で対処した例かな、と妙に感心しました。

元北海道中央バスということは、どこかにバス用業務無線
の痕跡があるかもしれませんね。
元北海道中央バスの痕跡ですと (ももいわそう)
2007-01-30 22:29:04
暖色系の分厚い座席にもあるのでは?と考えます。トイレなしなんですが、元北海道中央バスのIKのスパクルが、木更津市内の私立高校のスクールバスとして、第二の人生を謳歌?していました・・・。
トイレは使えるのか? (HIRO)
2007-01-30 22:50:44
まりんさん、ももいわそうさん、コメントありがとうございます。

>まりんさん
トイレは使えるのかどうか分かりません(^^;)
たぶん使えないような気がします。
もともとトイレ付き車両が運用に入る路線ではないものですから。
106急行バスの地上側にバス事業者が負担してトイレ設置を行ったというのは驚きです。
そういうサービスもあるんですね。

>ももいわそうさん
車両シートの画像は、八戸の歩き方ブログに掲載されていました。
http://8nohe.info/bus/images/bus_airport_01.jpg
この色でしょうか?
回答させて?頂きます・・・。 (ももいわそう)
2007-01-30 23:52:10
リンクを使用させて頂き、八戸歩き方ブログを見て来ました。間違いなく、元北海道中央バスの都市間高速にて、運用されていた車両です。私が把握している範囲では、夜行の釧路・網走行きを管轄している札幌北(営)にも該当する配置車両があり、高速るもい号(=留萌行き)にて運用の実績が、あります。
なるほど (HIRO)
2007-01-31 00:16:41
なるほど、中央バスの車両で間違いないですね。
ありがとうございます。

八戸・青森のバス」カテゴリの最新記事