八戸鉄道・バス研究会別館ブログ

八戸鉄道・バス研究会 http://8-bus.com/ の別館ブログ。
いろいろなネタを扱っています。

2019年4月ダイヤ改正(3) 新大橋整備関連の路線

2019-03-21 | 八戸・青森のバス
2019年4月1日の八戸市営バス、岩手県北自動車南部支社(南部バス)のダイヤ改正で最も大きな変化となるのが、今回ご紹介する新大橋の架け替えに伴う路線の見直しです。
特に八戸市営バスと南部バスで共同運航していた八太郎幹線軸(八太郎~中心街共同運行)が3月31日を以て終了となります。
また、運行経路の変更に伴い、停留所新設も行われます。

新大橋架替に伴う全面通行止めのお知らせ(八戸市)
1955年に竣工した新大橋は64年が経過して老朽化が進んでおり、新大橋を架け替えすることになりました。
この工事に伴い、八戸ガス前交差点~八太郎交差点までの区間が通行止めとなります。
全面通行止めの期間は当初約10年といわれてましたが、その後、工事計画のの見直し等により約7年に短縮されたようですが、実際に工事が始まってみないと分からないでしょう。


新大橋の通行止めに伴い、バスの運行経路は全て沼館大橋経由に変更され、新大橋のバス停は廃止されます。
また、沼館大橋経由への運行経路変更に伴い、「城北小学校通」「石堂四丁目」「高州一丁目」のバス停が新設され、「八太郎」バス停が移設されます。

新大橋を渡る南部バスの河原木団地南口行き。
どちらも3月31日をもって見納めになる光景です。
南部バスの河原木団地線は3月31日で廃止され、4月1日から八戸市営バスの日計線が新設されます。

八太郎付近を走る南部バスの二ツ家行き。

南部バスの河原木団地線が廃止されることに伴い、石堂地区(八戸城北病院など)はお買い物ライナーのみの運行となるため、バスの運行本数が減少します。

八戸市営バスの日計線(河原木団地南口行き)は、2006年4月ダイヤ改正で河原木、石堂地区の路線再編に伴って新設されました。
この時に起終点を河原木団地から河原木団地南口に変更しています。
その後、2010年4月ダイヤ改正で八戸市営バス日計線が廃止され、南部バスの河原木団地線が新設されました。
ということで、八戸市営バス日計線としては9年ぶりに復活することになります。

■関連記事
市営→南部への移管路線、見直しへ(2010/01/22:八戸鉄道・バス研究会別館ブログ)

八戸市営バス多賀台団地線は三菱製紙付近の経路を運行の効率化を図るため、「みなと分庁舎前」「北沼」「上北沼」の各バス停を廃止し、「鉄工団地前」「三菱製紙南口」のバス停を新設します。

廃止となる「みなと分庁舎前」バス停

廃止となる「北沼」バス停

廃止となる「上北沼」バス停

コメント   この記事についてブログを書く
« あれから8年 | トップ | 八戸市営バス2019年4月ダイヤ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

八戸・青森のバス」カテゴリの最新記事