八戸鉄道・バス研究会別館ブログ

八戸鉄道・バス研究会 http://8-bus.com/ の別館ブログ。
いろいろなネタを扱っています。

八戸市営バスの『かんばんわ!』(14)-根岸

2006-08-26 | 市営バス『かんばんわ』
皆さん、ご無沙汰の『かんばんわ~』です。
前回から3ヶ月以上も経過してしまいましたが、本シリーズはまだ終わっていません。
しかし、ネタがなくなってきているのは事実であります(笑)
そういえば市営バス終点シリーズに至っては、さらに間が空いてますね・・・。

さて、今回は久しぶりに大物系となる「根岸」停留所の「かんばんわ」をご紹介します。
実はここの取材は昨年行った場所でしたが、今の今まで暖めておいたものでした。
しかし、さすがにネタを寝かせすぎました。
ということで、今回ご紹介することにいたします。
いつものように拡大画像はリンク先にご用意していますので、小さな画像で見にくい場合は大きな画像と見比べながら、「かんばんわ」をお楽しみください(笑)

根岸看板路線図の拡大画像(かなり大きいです)

ここ根岸の路線図板はこれまでご紹介してきたものとはかなり違うものです。
何が違うのかと申しますと、まず路線図表面にカバーのような板が取り付けられていますが、これが透明なものではなく、やや白み掛かったものとなっているため見にくいものとなっています。
また、路線図の下に中心街での乗換案内が詳細に掲載されているのも、これまでにあまり見られないものとなっています。
とにかく見た目的にも、「お!この看板は少しお金がかかっているな」と思わせてくれる豪華な仕様となっている感じがします。
いろいろとツッコミを入れていきたい気持ちをやや抑えつつ、気になるポイントをピックアックしてみましょう。

拡大画像

十六日町から右側へ伸びている線があり、そこに書かれているバス停名が消されていますが、そこを接写してみると「市民病院通り」と書いてあるのが分かりますね。
旧市民病院のバス停があったことがこうして数少ない路線図で知ることができるんですね。

拡大画像

路線図下の乗換案内に注目してみますが、ツッコミどころが多すぎます(笑)
三日町(ダイヤビル前)も今となっては懐かしい感じがしますね。
すっかり今ではBeFM前というのが慣れてしまった印象がありますので、ダイヤビル前と言われても「え?どこだっけ?」と思ってしまいそうです。
ダイヤビル自体は健在ですからね(近畿日本ツーリスト八戸営業所が入っているビルです)。
旭ヶ丘営業所行きの「福祉(公民館・体育館)、児童科学館」というのは沿線にある施設ですね。
バス停名称にはなっていませんが、分かりやすいのかな?
是川団地行きに書かれている「植物公園(子供の国)」も昔はバス停名が違っていたのですね。

拡大画像

三日町(長崎屋前)も懐かしいですが、その後開店したパチンコ・オメガも閉店してしまい、これからどうなってしまうんだろう?と思いますね。
オメガが閉店してしまい、三日町・八日町(中央通り)バス停もすっかり暗い場所となってしまったように感じます。

拡大画像

丸光前キター!!
凄いですね~、今でも丸光という文字が見れるのは、たぶん根岸だけしかないと思います(感動)。
私自身は丸光を見たことがありませんが、知っている人の話だと今から15年くらい前に丸光からビブレに改称されたそうですから、かなり古い看板ということですよね。
下の朔日前(ニチイ前)もそうですが、古き良き中心街が賑わっていた時代を思い起こさせる看板といえそうですね。
いっそのこと、この看板自体を中心街に保存しても良さそうな気がします。
気になるのが64西売市経由むつ市川駅行きですが、路線図に書いてあるのは「ムツ市川駅」なんですよね。
ちなみに市営バスにLED行先表示器が導入されたばかりの行先表記は「ムツ市川駅」だったことを覚えています。
きっと今では表示できないのでしょうね。
こうなるとますます今大杉平営業所に少数ながら残っている方向幕車には、ムツ市川駅が残っているのでは?と思えてなりません。

さて、他にもいろいろとツッコミがあるかと思いますが、それはコメントでお願いできればと思います~。
では、また(^_^)/~~

コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 十鉄の行先板 | トップ | 八食200円以下バスの一般車代替 »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
バラの丸光 (トンケ(サユリスト))
2006-08-26 20:09:18
皆様、かんばんわ!

大昔、河原木団地に住んでいた為、ここを毎日通りました。『市民病院通り』といえば、嫌な思い出があります。高校時代、帰りに田向付近から中心街方面のバスに乗り『市民病院通り』で河原木団地のバスに乗り換えるのですが、時間が微妙で苦労しました。信号や乗降で毎日イライラしていました。たまに河原木団地のバスが、歯科の所を左折して行ってしまうんです(怒)因みに小型方向幕に『市民病院通り』大型方向幕には『市民病院通』と書かれていました。



『バラの丸光』の改称は、15年前で正解です。大昔、Nゲージの貨車が目的で良く通ったものです。



>方向幕車には、ムツ市川駅が残っているのでは?



表示させないだけで残っていると思います。



大昔、純粋な「51舟見町」というのがありましたが、90年11月に「ラビナ」がOPENした影響で使われなくなりました。當時、河原木団地終点のバスは、全て大杉平に変化する訳でなく、回送車になって八太郎トンネルを通る物もありました(16時台) 回送車に変化する際、「51舟見町」が出て嬉しかったなァ! 廃止後1年ほど残っていました。 今となっては、方向幕の修正など無意味ですので「ムツ市川駅」は最後まで残るのではないでしょうか。
強烈ですね^^ (サンダー)
2006-08-27 23:54:47
こんばんは!

結構強烈な看板が残っていたのですね^^

何を隠そう俺は高校の三年間”丸光”でバイトをしていたのでした!!!屋上の遊園地・ゲーセンで!!!

今でも”さくら野”という名前よりも”丸光”っていう名前が先に出てきて、周囲から”は???”って言われる事があります(^^;

市民病院通は重要な経由地の1つでしたのでしっかり残っていますね^^前にも書いた事があると思いますが、大杉平営行きは、中央通・長横町を通って、今のスーパーホテルのところを右折して市民病院・長者小学校前を経由していたものの名残です。

しかし考えてみれば、車に乗っていればあまり気になりませんが、河原木団地・根岸近辺の方はバスで出かけるには結構不便だったりしないでしょうか?小中野・鮫・バイパス・八戸駅・田面木方面など・・・(結構、高校などありますよね?トンケさんも乗り換えですね)必ず乗り換えが必要になりますよね?

そのために中心街付近での乗り換え案内が詳しく書かれていたのでしょうか?

でも、ありえない乗り換え案内は少々いただけないのでは?あはは・・・市営バスらしいのかな???

(俺的にありえない→58,55,68,64,60,72等ですが・・・)

長文失礼致しました!
凄い看板でしょ!? (HIRO)
2006-08-28 21:47:03
トンケさん、サンダーさん、コメントありがとうございます。

そして、かんばんわ~!!



>トンケさん

田向から河原木団地方面の乗り換えで苦労されたのですね。

たまたま時刻が接近していたから、そのようなことが起こってしまうのでしょうか?

さすがにバス時刻は乗り換えのことまで考えて設定しているわけではないため、どうしても不便になってしまうことがありますよね。

バスロケが導入されることによって乗り換えするバスの運行状況もケータイで把握することができれば、いろいろと便利になりそうな気がします。

現に都営バスのバスロケサービスは非常に便利でよく使っていました。

丸光は「バラの丸光」だったんですか!

なるほど~、かなり上級な感じがしますよね。

バラから今はさくらに変わってしまいましたが。

ムツ市川駅は一度で良いから見てみたいですね。

最後には陸奥市川駅になってしまいましたが、やっぱり片仮名表記が懐かしいですからね。



>サンダーさん

根岸は結構強烈ですよね~。

いつ出そうかと寝かせていましたが、あまり寝かせすぎてしまったと反省しています(^^;)

丸光でバイトしていたんですね(笑)

今のさくら野は屋上が出ることができませんでしたよね?

あの屋上にはゲーセンがあったんですね。

そういえば展望台のようなものもあったような気がしますが、あれはさくら野の屋上でしたか?

忘れてしまいました・・・。

市営バス『かんばんわ』」カテゴリの最新記事