八戸鉄道・バス研究会別館ブログ

八戸鉄道・バス研究会 http://8-bus.com/ の別館ブログ。
いろいろなネタを扱っています。

弘南バスツアーズのチラシ

2007-01-24 | 高速バス・高速ツアーバス
先日速報的な内容でお知らせした弘南バスの格安ツアーバス青森・野辺地・八戸~東京(浜松町)についての続報です。
前回の記事→八戸に3番目の格安ツアーバス登場!(2007/01/16)

ある筋から八戸市内でも旅行会社でツアーバスの予約ができるらしいという情報を教えてもらい、さっそく中心街にあるツーリストサービスに行ってみました。
するとカウンターの目立つ所にチラシが置いてありました!
 
チラシ拡大画像(表面)      チラシ拡大画像(裏面)

ということで早速入手したチラシを見てみると、一見するとまるで高速バスのチラシのような印象を受けました。
まるで弘南バスが新規路線の高速バスをやるような感じに見えてしまいます。
まぁ、弘南バスツアーズと書いてあるのでツアーバスと分かりますが、ぱっと見だと高速バスなのかツアーバスなのか、あまり判別ができない印象を受けます。
やっぱり弘南バスが路線バスを運行している事業者という頭があるからでしょうか。
青森始発で途中野辺地・八戸を経由するものですが、文字の大きさといい、八戸市内の旅行会社で取り扱っていることといい、明らかに八戸をターゲットにしたツアーバスを仕立てたという意図を感じます。
果たして八戸での低い知名度を克服することができるのかどうか疑問ではありますが、きっと運行開始日が近づいてきた段階で再びデーリー東北紙面に広告を掲載して知名度向上を図るのだろうと想像しています。

裏面にある八戸駅西口の乗り場を見ると、個人的に予想していた通り西口の貸切バス駐車スペース部分にバスを止める予定なんですね。
八戸市内の発着地として八戸駅西口を選んだ辺りは、南部バスや十鉄バスに対する遠慮があるからなのではないかと想像しています。
さすがに八戸市中心街、本八戸駅に止めることは避けたのではないでしょうか?
どこまで集客できるのか注目したいと思います。

コメント (7)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« しばらく行ってないな~ | トップ | 八戸市営のバスロケ2008年に... »

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
コラボできそうですね (homme)
2007-01-24 23:43:20
こんばんは。
ついにパンフレットで告知されましたか。
運行スケジュールを見ると、浜松町到着をロケするのは少し気合いが入りそうですね。でも浜松町発であれば時間的に十分ロケできそうです。
ただバスターミナルでは良い画像を撮影できるのかが心配ではありますが。
期待してます! (HIRO)
2007-01-25 08:19:55
hommeさん、コメントありがとうございます。
ついにパンフを見つけて入手することができました。
確かに到着は7時となっていますけど、実際には6時頃から待ち構える覚悟でいかないとバスの場合は、いつやってくるか分かりませんからね。
私もさすがに八戸で到着ロケはしないつもりです。
やっぱり無難に出発ロケで我慢です、はい(^^;)
八戸・野辺地・青森線ツアーバスの場合 (ももいわそう)
2007-01-25 08:30:04
この路線の特徴は、シリウス号ではなしえない八戸駅と下北半島の入口にある野辺地の乗入れにある。これらの乗車があるかどうか?が、鍵になるものと見ている。もし、運行が続くだと、駐車場の設置や案内が必要になるはず。要注目です。
浜松町BT (遺跡)
2007-01-25 08:53:53
おはようございます。
浜松町BTにはドアがあって勝手に開けられないと記憶してます。
到着時にドアが開いたときに構内に入って撮影も注意されるかも。
浜松町BTに入ってくる時を狙うのが良さそうですが、
このバス以外では千葉交通や京成バス等千葉関係のバスとノクターンや京急関係だけでは暇じゃないですかね?
私ならば (ももいわそう)
2007-01-25 12:08:35
到着ロケと、浜松町BTの定点観測を、土日・祝日に同時に実施するかな。浜松町BTは、中からしか自動扉が開かないので、入口付近の道路上で構えた方がいいです。この方法で、レイク&ポート号(羽後交通担当)を撮影したことが、あります。
八戸へ弘南バスで!? (べち)
2007-01-25 22:32:31
こんばんは。
地方紙に広告というのがツボをおさえていると思います。
結構幅広い年齢層の利用が見込めるのではないでしょうか。

営業形態はともあれ、八戸に弘南バスで行けるとは時代が変わったものです。
撮影が難しい浜松町? (HIRO)
2007-01-25 23:30:02
ももいわそうさん、遺跡さん、べちさん、コメントありがとうございます。

>ももいわそうさん
八戸だけだと需要と供給のバランスが合わないと読んでいるからこそ、野辺地停車を取り入れたのでしょう。
オリオン、ウィラーの実績を見ているのだと思いますよ。

>遺跡さん
浜松町は思いの外撮影しにくい場所ですね。
また乗り入れている路線も少ないので、撮影できるものが限られてしまうのもありますね。
やはり浜松町の交通アクセスが不便なことが影響しているから乗り入れ路線も少ないのでしょうね。

>べちさん
デーリーに広告掲載する辺り、さすがご当地の弘南バスというだけありますね。
見事に三八地域で弘南バスの存在が知られていないということを理解されていると思います。

高速バス・高速ツアーバス」カテゴリの最新記事