八戸鉄道・バス研究会別館ブログ

八戸鉄道・バス研究会 http://8-bus.com/ の別館ブログ。
いろいろなネタを扱っています。

八戸市営バスの『かんばんわ!』(10)-中居林

2006-02-19 | 市営バス『かんばんわ』
皆さん、かんばんわ~!
ということで、本シリーズもついに10回目記念を迎えることになりました。
おかげさまで、本シリーズを取り上げた日のアクセス数はとても多く、既に人気シリーズとして定着したようで私も嬉しく思います!\(^o^)/
なぜか「かんばんわ」を記事にした時だけのアクセス数はいつもの倍はいきますので、それだけ注目されているのか面白がられているのか、或いは別の意味なのか興味深いところではありますが(^^;)

さて、今回は記念すべき10回シリーズということで、お約束通りこれまで取り上げてきた中でも最も注目度が高い「かんばん」として中居林をお題にして取り上げることにいたしました。
中居林は10回目を取り上げるにふさわしい場所であります。
その理由を挙げるだけでも、

●これまで取り上げてきた中で最も大きな看板が設置されている。
●看板だけじゃなく、バスロケーションシステムが未だに健在!
●立派なバス待合設備としての上屋がある。

これだけ兼ね備えたバス停は他にはありません。
まさに、八戸市営バスの最高峰にあるバス停と言える場所でもあります。
ということで、今回の看板を見ていきましょう!

今回は大きな看板であるため、写真1枚に収まり切れていません(^^;)
ま、10回目にふさわしい場所でありますからね。
ということで、1024ピクセルにちょうど良い大きさで、いくつかに区切って画像をアップしました。

看板の全体拡大画像
中居林の路線図板は、時刻表板と2分割に分かれていますが、本シリーズではあくまで路線図板=かんばんわとして取り上げているため、そちらのみご紹介することにしています。
中居林は、中心街・本八戸駅方面と是川団地とのほぼ中間に位置しているため、その両方の路線が描いてあるため、路線図板としても大きく横長のものとなっています。
では路線図の左側からご紹介していきます。

路線図左側拡大画像
今では南部バスに移管されてしまった支所前経由が残っているのは仕方ないといえますが、「縄文学習館前」と「こどもの国通り」が手書きなのは昔は違うバス停名だったのでしょうね。
ま、この辺りはコメントでカバーして頂ければ助かります。

路線図中央部拡大画像
さすがに中心街の辺りは手書きが多いですね。
血液センター前、鍛冶町、寺横町、三日町(ビブレ前)、六日町、三日町(笹川前)など。
また、乗り換え案内表示の六日町(D)だけが少し距離があって表記されているのは、朔日町(ニチイ前)からの変更があったからですね。
今となっては三日町(ダイヤビル前)もありませんから、どのバス停を見ても歴史的価値があるものばかりです。

行先番号拡大画像
旭ヶ丘営業所と工業大学は、「バイパスまわり」が「館花下まわり」に書き換えられている程度でしょうか?

路線図右側拡大画像
中心街での乗換案内が書かれた路線図右側の部分ですが、拡大画像を見るとよく分かりますけれど、マジックでの修正箇所があちこちにあります(^^;)
吹上は吹揚を直したのでしょうが、この辺りは方向幕の朔日町問題を思い出すので笑ってしまいます。
しかし、来月に迫った路線再編・統合・移管によって大きく乗換案内が変わってしまうため、この路線図板自体もどうなってしまうのか?それが非常に気になるところです。

コメント (7)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 64ついに乗車&撮影!! | トップ | B-1グランプリに行ってき... »

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
バスロケいいですよね。 (23.旭ヶ丘営業所)
2006-02-19 18:09:50
突っ込みをいれると下の記事でも取り上げられていた、

むつ市川駅が「西売市経由」となっている点でしょうか。

「是川団地線」ではなく「是川線」となってるのも少し気になります。



さて、ここのバスロケについて少し。

10年程前は「経由地」も出ていたように記憶しています。

意図的に出していないのか、あるいは故障によるものなのか、

現在は時刻と行き先しか出ていませんけど。

また、GW期間中に運行される「こどもの国臨時便」は、

「14:05 回送車」という感じに表示されていました。

回送車なのに時刻もしっかり出るんですよね(笑)

確認したのは数年前なので、現在は臨時便でも行き先が

ちゃんと出ているかもしれません。
中居林いいですよね (もものすけ)
2006-02-19 20:03:58
かんばんわ~今回もコメントしますよ

バス停表示で吹上栄町と吹上の間&新長横町と吹上の間のバス停が抜けてますね。まだ2つのバス停が誕生する前に作られた看板なんですね。

この他のつっこみは他の人に任せます。

近い将来、このバス停付近に「県道八戸環状線」が通るのでどう景色が変わるのか気になります。
大きい看板キタかぁ・・・ (75 八戸ニュータウン)
2006-02-19 22:15:49
よっしゃー,「かんばん」キタでー!!

というわけで,かんばんシリーズの定番の

コメンテーター,「75 八戸ニュータウン」

より,コメントさせていただきます。



今回の看板,きちんと直されていますね~。

というわけで,直されるべきところが直されて

いないところを探してツッコミを入れるコトに

しました。



その結果,路線図右側より,

1. 三日町(ビブレ前)は,今は

  三日町(さくら野前)だ。

2. 三日町(ダイヤビル前)は,今は

  三日町(Be-FM前)だ。

3. 三日町(笹川前)は,今は

  三日町(中央通り)だ。

4. 一日市は,南部に移管されたし。

5. 23.旭ヶ丘営業所さんもおっしゃって

  いますが,西売市経由の陸奥市川駅行き

  なんて,昔はあったんだ-!?



ちょっとツッコミ入れ過ぎたかナ?

というわけで,私からはここまでにします。



それでは,失礼しました~。
かんばんわシリーズ (しっぽ)
2006-02-19 23:30:11
ぬわー、今まで知らなかった。カテゴリーまで分けてあったとは。

ともあれ、シリーズ10回突破おめでとうございます!

アクセス数が跳ね上がるのは、かんばんわの言葉に魔力が込められてるんですよきっと。

最初記事トップを見て文字間違ってるよとツッコミ入れそうになりました。

恥かくとこだった‥と言いつつも以前のコメントですでに遅しかな。
正答率9割目指しますよ!! (サンダー)
2006-02-19 23:42:09
皆さん、かんばんわ! 昔ネタ担当です^^



今回は、箇条書き風に!!



手書き修正部の修正前について勝手に想像してみました。

(正答率90%以上でしょう。多分・・・^^順不同)



1、市民センター前→三中前(俺は三中でした)

2、館花下まわり→バイパスまわり(言わずと知れた)

3、ビブレ前→丸光前(皆さん丸光をご存知?)

4、笹川前→長崎屋前(今のオメガは以前長崎屋でした)

5、六日町→朔日町(元ニチイ前の朔日町です)

6、寺横町→十六日町(以前は十六日町でした)

7、鍛冶町→市民病院通(良く覚えてない・・不安あり)

8、血液センター前→鍛冶町(mmm・・・)

9、吹上→吹揚(鉄板!!単勝100円!!)

10、縄文学習館前→考古館前(だと思った・・・)

11、こどもの国通→バス停有ったっけ???

12、長横町→中央通(名称変更)



補足ッ!!!



13、ラピア、舟見町まで路線入れてね!!!

14、舟見町は、51日東(舟見町)でしたが・・・

   今は8ラピア(舟見町)なんですよね???

15、64むつ市川駅(西売市まわり)は、昔は普通に存   在しました。(始発・・・旭営)

16、ダイヤビル→B-FMでしょっ!!

17、藤覚、吹上仲町は昔は無かった。



・・・って感じです。



どうでしょうか???  正答率は???



間違え、疑問など有りましたらご指導の程宜しくお願い致します^^



しかし、ホント看板シリーズは毎回楽しいですね^^



ではでは、またコメント出来るネタにて登場しま~す!!

植物公園だったかな? (NB)
2006-02-20 08:46:45
かんばんわ。

「中居林」・・・こまめに修正されているようですが、なかなか突っ込み甲斐のあるかんばんのようですね。

謎の「こどもの国通」・・・平成7年の南部バスの路線図を引っ張り出してきて調べましたよ。「植物公園通り」になってます。資料が南部バスのものしかなかったのですが、市営バスでも恐らく同じ停留所名を使っていたでしょうね。

ちなみに、現「こどもの国前」停留所も、以前は「植物公園前」でしたよね。こちらは、記憶に残ってました。

「植物公園」という呼び名は、私が小さい頃は、「こどもの国」よりもポピュラーだったような気がするんですけど・・・いつの間にか聞かなくなりましたね。



鍛冶町→市民病院通も正解ですよ~。すばらしい!



バスロケといい、でっかいかんばんといい、この停留所にはかなり力を注いでますね~。
まとめレス (HIRO)
2006-02-20 23:10:43
皆さん、コメントありがとうございます。

個別にレスしたいところですが、時間がないためにまとめレスいたします。

さすがに中居林というバス停だけあって、いろいろと思いやツッコミどころが多数ありますね。

私が気がついていた点もありますけれど、今回はあえてコメントにてツッコミを入れて頂こうという趣旨にいたしましたので、皆さんのツッコミどころには感謝いたします<(_ _)>

これからも、かんばんわシリーズをよろしくお願います<(_ _)>

市営バス『かんばんわ』」カテゴリの最新記事