八戸鉄道・バス研究会別館ブログ

八戸鉄道・バス研究会 http://8-bus.com/ の別館ブログ。
いろいろなネタを扱っています。

八戸市営バスの『かんばんわ!』(1)-東霊園

2005-09-06 | 市営バス『かんばんわ』
八戸市営バスの再編・移管が明らかになりまして思いついたことがあります。
それは八戸市営バスが走っていたことを記録しておくこと。
市営バスから民営バスに移管される路線、再編・統合されてしまう路線、いずれも今の記録を残しておくことが大事だと思っています。
しかし、今のままである記録のうち行き先表示やバス停を撮影するのは当たり前として、他に記録を残しておくことができないものはないか?
と思いまして、先日も市営バスの河原木団地線に乗っていました。
そこで気がついたのが、↑の写真にある看板です。
上屋付きのバス停に意外と多く残っているものですね。
気がついてみると、あちこちのバス停に残っていることが分かりました。
ということで、きまぐれさんの企画を横取りする訳じゃありませんが、

「八戸市営バスの"かんばんわ!"」(爆)

というタイトルを付けて写真を撮り溜めていこうかな~って思った次第です。
ちなみに上の写真は、市営バス終点シリーズでご紹介した東霊園に付いていたものです。
八戸市営バスって、あちこちのバス停に宝物が残されているので、やっぱり乗っても降りてみても楽しいもんですね~。
そう思いませんか?
ささ、これから宝探しの旅に出よう!(笑)
コメント (4)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ツインライナー | トップ | 八戸で見た川内交通 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
面白い企画ですね。 (75 八戸ニュータウン)
2005-09-07 17:19:25
お~。「看板企画」ですか。

面白いですね。

確かに,上の写真のような看板は,上屋付きの

バス停であれば結構ありますね。



私も市営バスでいろんなところに行きましたが,

市営バスって,ホントに残すの好きですよね。

「今は走ってないだろ・・・」という路線や,

「名称変わっただろ・・・」というバス停留所が

看板にあったりします。

こういった看板は,普通であれば直すべきだろと

思いますが,バス好きの私にとってはこのまま

残してほしいというのが本音ですね。
Unknown (23.旭ヶ丘営業所)
2005-09-07 18:10:34
「多賀台西口」にある看板で、

ここもこの系統番号だったのか!という新たな発見をしました。

もしかしたら知っているかもしれませんが、

個人的にはかなり驚きでしたね。



古いものが残されている、

ここが八戸市営の面白い点ですよね。

看板企画楽しみにしています。
第一弾として (盛ハヘ)
2005-09-07 21:08:37
盛ハヘでやんす。台風がびみょーにそれて一安心です。



運行図ですか、確かに貴重ですね。東霊園は図にあるように旭ヶ丘-東霊園-神明宮という岬台無視線が何本か走っていました。察するに北高生輸送対策でしょうか?今考えれば大胆不敵なバスで、時刻表(ポケットフレンド)にも「北高校前は通りません」と注意書きがしていました。
おもしろそうですが (HIRO)
2005-09-07 23:50:28
75.八戸ニュータウンさん、23.旭ヶ丘営業所さん、盛ハヘさん、コメントありがとうございます。



>75.八戸ニュータウンさん

直さずに遺跡として残しておくのが八戸市営バスの良いところですね(笑)

マニア的には楽しくて仕方ないです。

でも、それも八戸を詳しく知らないと面白みを感じることができないという、ある意味コアな趣味ですけどね(^_^;

私も覚えるまでに時間がかかりました・・・。



>23.旭ヶ丘営業所さん

多賀台西口にも看板がありますね!

うーん、系統番号がいくつなのか分かりませんが、楽しみに取っておきます。

いずれご紹介できる日もあることでしょう。



>盛ハヘさん

台風が逸れて良かったですよね。

でも、帰りはずぶ濡れで帰宅しましたが・・・。

雨の日にチャリは乗るもんじゃないです。

さて、東霊園にも岬台無視線とは面白いですね(笑)

笑ってしまいましたよ。

これから、いろいろと新発見があることでしょう。

でも、看板は数が多いのでどれだけ集められることやら・・・。

市営バス『かんばんわ』」カテゴリの最新記事