八戸鉄道・バス研究会別館ブログ

八戸鉄道・バス研究会 http://8-bus.com/ の別館ブログ。
いろいろなネタを扱っています。

高速バス・ツアーバスは函館ブーム?

2006-06-24 | 高速バス・高速ツアーバス
このところ高速バス・ツアーバスともに本州・九州方面への路線展開が落ち着いてきたかと思えば、何やら青森から海を超えて北海道・函館を目指すというニュースがあちこちから聞こえてきています。

まず事の発端は弘南バスが上野~青森間の格安高速バス「パンダ号」を青森駅から青森港へ延長して、さらに東日本フェリーと接続させて函館まで結んでしまうというニュースがありました。
NIKKEI NET:地域経済ニュース「弘南バス、来月から函館―上野間の高速バス運行」
Web東奥・ニュース「夜行高速バス、青函フェリー接続」

東奥日報に書かれていますが、弘南バスだけではなく国際興業十和田観光電鉄が共同運行する「ブルースター号」も「パンダ号」と同様に渋谷・池袋・大宮~函館間をフェリーを介して結ぶ計画をしているそうですから、驚きです。
いきなりダブルトラック路線となってしまうのですが、ここで注意が必要なのは競合という形ではないだろうと想像できることです。
「パンダ号は」4列シート車の格安タイプとして運行される路線であり、「ブルースター号」は3列シート車の快適性を重視したタイプであります。
つまり、利用者ターゲットをそれぞれ前者は学生をターゲット、後者は学生以外の大人をターゲットにしている点で差別化が図られることになるため、弘南バス・国際興業と十和田観光電鉄の思惑は一致しているのだろうと想像できます。
このため、フェリー会社は同じ東日本フェリーになっていますし、東日本フェリーは高速バスとタイアップすることで増客が見込めますから、それぞれビジネスパートナーとして成立しているのだろうと思われます。

国際興業のプレスリリースで発表されましたが、ブルースター号の青森港乗り入れに伴い、新しく「渋谷・函館きっぷ」というものを発売するそうです。
まるでJR並みの企画乗車券のネーミングみたいですね(^^;)
さらに学割も導入し、7/21からは「国内最高級クラスの快適シートを装備した新型車両」も合わせて導入するというのですから、凄い力の入れようですね・・・。

高速バス車両のコストダウン化が進む中で一石を投じる形になりますが、これが良い方向で共同運行他社へ波及することを期待したいところです。
そうなればきっとラ・フォーレ号にコストダウン車両を導入したJRバス東北の考え方も変わるのではないでしょうか?(笑)

そして函館を目指すのは高速バスだけではありません!
高速バスの強力なライバルであるツアーバスも東京~函館線を開設する動きがあるようです。
楽天トラベル高速バス予約/東京→函館/JX211便」
なかなか高速バス単独だけで・・・というエリアはなくなってきていますね。
しかも、現在オリオンバスだけで運行されている青森~東京間にもWILLER EXPRESSという旅行会社がツアーバスを企画しているようです。
下記のトップページに青森~東京線を7月から運行開始する旨の告知が出ています。
WILLER EXPRESS

昨年はつばめ観光タクシーが楽天トラベルでツアーバスを運行していましたが、ちゃんと運行されているのかどうかも怪しい感じでしたが、今回は会社も変わりますし大丈夫なのでしょうか?(^^;)
運賃が4800~6800円ということでオリオンバスの5000円より高めに設定されているのは車両が4列シートのスタンダードではなく、3列シートを使うという事なのでしょうか?
こちらも気になるところです。

コメント (9)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 八戸インターバス停の案内を... | トップ | にぎわいストリートフェステ... »

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
選択の幅が広がります (ひで)
2006-06-24 18:16:58
管理人さんお疲れ様です。

仙台に行くツアーバスもあればと思うのですが、それは私の我侭だと思います。



それにしても、青森発のフェリーの就航率は大変高いように思いますので、天気さえ良ければ案外快適な東京⇔函館の旅も出来るのかと思います。
よく見ると八戸発も! (umineko)
2006-06-25 19:26:22
こんにちは。

知らぬ間に函館~東京間へ参入する会社が増えてました!

実際のところ、観光客に対してなら「青森」よりも「函館」の方が人気が高そうなので、いい戦略だと思います。

しかし、所要時間を考えるとバスは3列車がいいけれど。

そういえば、片道「6800円」なのはフェリー代(東日本フェリーの二等1850円)コミだからでは無いかと思います。



「WILLER EXPRESS」のサイトを見ていて気が付いたのですが、左下へ「運行限定帰省バス 8月11日~8月20日期間限定」とある中に「東京⇔八戸・盛岡 4,800円~」と書いてあるではないですか!

さっそく楽天トラベルで情報を見つけました。(直リンクだと見れないかも)

【楽天トラベル】高速バス予約-青森・岩手方面⇒東京・TDR方面/JX222便



片道5,300円、八戸発は「ホテルルートイン本八戸駅前21:00発」だそうなので、シリウス号と遜色無い時刻です。

期間限定とはいえ、3月で消えてしまったオリオンツアー以来のため、気になる路線ができますね!
こちらに貼り付けました。 (楽天トラベルのリンク)
2006-06-25 19:28:34
楽天トラベルのリンクを貼り直してます。

名前の部分をクリックすると、ページが開きます。
驚きました! (HIRO)
2006-06-25 19:30:24
ひでさん、uminekoさん、コメントありがとうございます。



>ひでさん

青森発のフェリー就航率が高いのであれば、利用者にとっては安心して利用できそうですね。

まぁ、フェリーが駄目でもJRがありますしね。

でも、JRを使うと格安乗車券のメリットが薄れてしまいますけどね。



>uminekoさん

すみません。

最初のコメントだとブログのレイアウトが大きく崩れてしまっておりましたので、私の方でコメントを再投稿させて頂きました。



驚きましたよね、まさかツアーバスでもやるとは思いませんでしたし!

それよりも八戸発で期間限定とはいえ、ツアーバスが復活するとは!!!!!

その方が驚きでした。

ホテルルートイン前21時発であれば使えそうですね。

オリオンが復活しないのが悔やまれます(ToT)
利用状況が気になります (左党89号)
2006-06-27 22:15:51
以前、フェリーでの移動がある高速バス(確か東京~徳島の「エディ号」だったかな?)とか相鉄が横浜~札幌の帰省バスを運行したことを思い出しましたが、フェリーターミナル止まりというのも新たなパターンですね。



個人的には「ハッセイ」を八戸港FTまで延長してもらいたいですね。「ほんぱち」の駅からタクシーを使うと高いし、上浜名谷地から歩くのも結構距離があるもので…
両方とも乗りました。 (HIRO)
2006-06-27 23:07:59
左党89号さん、コメントありがとうございます。

フェリーでの移動がある高速バスはエディ号が運行開始から明石海峡大橋が開通する前までフェリーでバスを航送していましたし、横浜~札幌間の帰省バスも青森~函館間で航送してましたが、両方とも運行初日に乗車しています(笑)

また、九州では今はなき長崎~熊本間の「ありあけ」号という特急バスがありまして、それも有明湾でフェリー航送していたんですよね~。

思い付くのはその3路線ですが、いずれも乗車した時にはバスでフェリーに乗れるというあまり体験したことがなかっただけに感動したことを今でも思い出します。
フェリー経由のバスと云えば・・・。 (ももいわそう)
2006-09-04 21:42:30
三重交通では、中部国際空港(セントレア)より、常滑港から鳥羽港まで伊勢湾フェリーに乗船し、鳥羽駅まで行くルートもあります。昨年の三月に珍しいルートだなと考え、乗車したことがありますが、時間帯が平日の真昼間だったせいか、乗客は私ひとりでした・・・。
いろいろあるフェリー経由 (HIRO)
2006-09-04 23:33:29
ももいわそうさん、コメントありがとうございます。

フェリー経由でもいろいろなバスがあるものですね。

フェリーにバスごと載せてしまうものもありますし、フェリーに接続させるものもありますし、いろいろな組み合わせ方があるものだと感心しています。

三重交通と伊勢湾フェリーの組み合わせは知りませんでしたが、なかなか興味深いものですね。

一度ネットで調べてみます。
セントレア~鳥羽の場合 (ももいわそう)
2006-09-05 00:09:37
三重交通の担当の営業所は不明だが、乗務員の運用は、セントレア~常滑港までと、鳥羽港から鳥羽駅までと二手に別れており、伊勢湾フェリー乗船時は、プラスチック製?の乗船券を渡され、三重交通は乗務員は乗らずに車輌のみ乗船、来たのは、貸切格下のハイデッカーのスパクルでした。

高速バス・高速ツアーバス」カテゴリの最新記事