八戸鉄道・バス研究会別館ブログ

八戸鉄道・バス研究会 http://8-bus.com/ の別館ブログ。
いろいろなネタを扱っています。

東北新幹線八戸開業15周年を迎えて

2017-12-01 | 鉄道
2002年12月1日に東北新幹線の盛岡~八戸間が開通して15年が経ちました。
これを記念して、八戸駅では各種イベントが開催され、大勢の人で賑わっていました。
私も少しだけ八戸駅へ行って、イベントの様子を見てきました。

八戸駅の新幹線改札口の壁面に、大きなPRボードが掲示されていました。
これを見ると開業から15年も経ったのかと驚くとともに、今では新幹線という高速交通機関があって当たり前な生活習慣になっています。
仙台や首都圏に行く時には、新幹線利用が当たり前になっており、少なくても年10回以上は利用していますし。

今年はSHINKANSEN YEAR 2017として、東北、上越、山形、秋田、北陸の周年記念を迎えることに合わせて、いろいろな企画が実施されています。

この日は、臨時はやて351号が運行されていました。

八戸駅自由通路上では、15周年記念イベントのステージが設置されていました。
こちらでテープカットも行われました。

イベントステージ近くには、八戸工業大学が製作した鉄道模型のレイアウトが展示されていました。

東北新幹線八戸開業15周年、おめでとうございます。

コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« MICHINORI GROUP 南部バス | トップ | 八戸線キハE130デビュー »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
毎年乗ってたかも (まりん)
2017-12-04 12:20:30
開業前はシリウス号か寝台特急でしたが、新幹線になってからは、
自家用車で行くことは無くなりましたね。
現在は設定が無くなった「八戸旬ぐるめ」を
毎年利用するようになって、頻度が増えたかもしれません。
(しかし、G車に乗ると、まぁ~時間の感覚が狂いますね。もう東京かい!とw)
いまだ納得いかず (桔梗野原人)
2017-12-04 22:39:54
もう15年にもなりますか、今は格安で乗車できる夜行列車も全て姿を消し貧乏旅行も過去のものとなってしまいましたね。しかし今だに納得いかないのがその名称が何故「はやて」「はやぶさ」なのか、東北本線で最初の特急列車に命名された「はつかり」を何故無視したのか、この思いは消える事が無いと思います。(まあ確かに昭和35年にディーゼル列車化した時には初期トラブル続きだったという黒歴史はありますが‐‐‐‐‐‐。)
遅くなりました (HIRO)
2017-12-31 11:55:07
まりんさん、桔梗野原人さん、コメントありがとうございます。

>まりんさん
八戸日帰り1万円ツアーの八戸旬グルメがありましたね!
あの頃は、多数の観光客が押し寄せてきて、びっくりでした。
私もシリウス号か寝台特急の利用が多かったですね。
東京マイティ回数券があった頃が懐かしいです(笑)

>桔梗野原人さん
低価格での旅行といえば、高速バスまたはLCCの利用がメインですが、八戸だと恩恵があるのは高速バスだけになってしまいますね。
新幹線の列車名がはやて、はやぶさに決まった時は違和感でしたが、慣れというのは恐ろしいもので、今では東北新幹線の列車名として認識してしまっています(^_^;)

鉄道」カテゴリの最新記事