八戸鉄道・バス研究会別館ブログ

八戸鉄道・バス研究会 http://8-bus.com/ の別館ブログ。
いろいろなネタを扱っています。

居酒屋バス計画

2011-10-14 | その他のバス
宇部未来会議「居酒屋バス計画」、中心街の"夜"応援(2011/10/14:宇部日報)

山口県宇部市の市民団体”宇部未来会議”が居酒屋バスという新しい市民活動を始めたそうです。
中心街の夜の賑わいを応援すべく、中心街にある約300店舗の飲食店で使用する箸袋に行先方面別最終バスの出発時刻、参考運賃を掲載し、携帯端末から運賃やバス停が検索できる携帯サイトのQRコードを印刷したものを19万部用意し、さらに宇部市営バスの主な運行経路と宇部新川駅を起点にした行先方面別の最終バス時刻表、宇部新川、宇部中央バス停の位置図を印刷した時刻表を400部印刷したそうです。
さらにキャンペーン用ののぼり、ポスターを作成して各飲食店へ配布して「もっと飲みに行こう!」とスローガンを掲げてのPRも行っているとか。

これはなかなか良いアイディアですね。
八戸市中心街も飲食店が多数ありますし、長横町や六日町商店街とタイアップして、さらに10/1から始まった上限運賃実証実験で運賃も分かりやすく、長距離であれば上限300円か500円でバスも利用しやすくなっていますので、宇部市と同じようにPRして中心街へ飲みに来た人達へ最終バスをまとめた時刻表や箸袋の製作も行ったりすれば、夜の中心街の賑わい創出とバスの利用促進が一石二鳥で図れると思います。
八戸のどこかの市民団体がやればいいと思いますけどね~。
ポイントアフィリエイト
ピンクのバスのウィラー
ポイントアフィリエイト
【ケータイ割】高速バスは123bus
無料アクセス解析
携帯アクセス解析
にほんブログ村 その他趣味ブログ バス(車)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 東北の鉄道へ
にほんブログ村

コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 十鉄電車廃止後も「駅そば」... | トップ | 中華そば・ひらこ屋 »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
上限300円 (ひで)
2011-10-15 11:24:25
バスが走ってる時間内に飲み終われば、どんなに遠くても市営バスの運行地区であれば300円で帰れるのは有難い事ですが、運賃が安くなったからと言って毎日のように長横町で飲んでれば赤字になります^^;;

でも、飲み屋街をバスが走るところは東北ではあまり聞いた事が無いので、その辺を活かしたPRを飲み屋で行えればいいのではと思うのですが、、、

タクシーの業界が少し怒りそうな感じもしなくも無いです。。
Unknown (23番)
2011-10-17 22:48:06
年末年始の中心街居酒屋は、
帰省した人達でかなり賑わっています。
しかし終バスは起点18時前に出た便。
タクシーで帰るしか手立てはなく、凄く勿体なく感じます。

そういう意味でも居酒屋とのタイアップは、
バス利用の幅が大きく広がるのではないかと思っています。
20歳超える前に八戸を出た身なので週末事情は把握してないのですが、
中心街の夜は賑わっているのでしょうか?

市営バスと南部バスが協力し、
八戸のバス事情はどんどん改善されているように見えます。
東京の「終電で帰る」を、八戸は「終バスで帰る」。
金曜(祝前日)夜だけの深夜バスを出す等、
八戸のバスはいい方向に向かう手立てが沢山あるのではと思っています。
バスで帰りたいけれど。 (HIRO)
2011-10-20 21:05:04
23番さん、コメントありがとうございます。
私は飲み会の時でも、なるべくバスで帰宅できるような時間帯で終えられるように心がけています。
とはいえお付き合いの場ですから、バスに間に合わない時もあるんですけれど(^_^;)
中心街は飲食店が多数集まっていますので、日中よりも賑わっています。
ただ客待ちタクシー、運転代行の路上駐車が多く、六日町の辺りはバス停前こそバス停車スペースは空けてありますが、渋滞の原因になっています。
バスの最終時刻を今以上に繰り下げるのは、コスト面や運転手の手配等からも厳しいようです。
是非ともシンタクンの中心街発ができれば良いと思うんですが。

その他のバス」カテゴリの最新記事