八戸鉄道・バス研究会別館ブログ

八戸鉄道・バス研究会 http://8-bus.com/ の別館ブログ。
いろいろなネタを扱っています。

八戸市営バスの終点へ(40)-東霊園

2005-08-17 | 市営バス終点シリーズ
かねてより八戸市営バス終点シリーズで取り上げられることを噂されてきた「東霊園」ですが、いよいよ公開の運びとなりました!
八戸市最大の霊園である東霊園には、毎年夏のお盆時期には大勢の市民が墓参に訪れます。
いつもは静かな東霊園も、この時の人出は凄いものでいつもは空きスペースが目立つ広い駐車場もびっしりとマイカーが止まってしまい、挙げ句の果てには道路まで身動きが取れない状態になってしまいます。
八戸市営バスでは墓参に訪れる方の利便を図るため、毎年お盆期間中に中心街と鮫方面からの臨時バスを運行しています。
いつもは岬台団地線と南高校線の路線しか通らないため、東霊園バス停は静かなものですが、お盆休み期間中だけは臨時バスも登場するので、バスの本数も増えます。
また、この1年でお盆休み期間中しか終点のバス停とならないという意味からも、東霊園行きのバスを撮影するのは、とても貴重なことでもあるのです。
本来の終点バス停ではありませんが、縄文学習館でも取り上げたように現状で残る市営バスの終点バス停については、本シリーズでは全てを網羅しておきたいと思います。

東霊園行きの系統番号はいったい何番が付与されているのだろうか?
以前より臨時バスが運行されているのは知っていましたが、これまであえて臨時バスに興味を持って撮影しに行ったことがなかったので、何番が東霊園行きとなっているのか分かりませんでした。
さっそく現地に見に行ってみると・・・。

来ました!系統番号はなんと33番が付与されていました!
ちなみに前後の32番は第二桜ヶ丘、34番は工業大学ということで、33番が東霊園に充てられていたんですね。
これは驚きました。
1年に1回しか見ることができない東霊園行きにも、ちゃんと系統番号が存在していたことも驚きましたが、まさか33番が充てられているとは思いませんでしたので、これは意外でした。
東霊園行きとなっていますが、臨時バスは東霊園のバス停を途中停留所として通過するだけになっています。
また、市営バスホームページを見ても、霊園内に設けられた臨時停留所には1、2と番号が振られているだけで、詳しくは分かりません。
しかし、現地に行ってみてさらに驚きの幻の停留所名が存在することも分かりました。
ということで、取材レポートをまとめたページを作成しました。
下記からどうぞ。
東霊園臨時バスレポート
コメント (11)   この記事についてブログを書く
« 地震の影響、八戸駅のその後 | トップ | 小田急バスが南部バスへ早変... »

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (23.旭ヶ丘営業所)
2005-08-17 19:23:01
33番は確か昔「高森」行きで使われていたと思います。

場所的には30番台が付けられるだろう、

そして35番まで使用されているから36番かな?と予想していたものの、

まさか重複して番号を使うとは。

やられました(笑)
びっくり! (盛ハヘ)
2005-08-17 20:23:29
こんばんは、お盆輸送でグッタリの盛ハヘです。よりによって…という感じでしょうか?今回の地震で被災された方へこの場を借りてお見舞い申し上げます。



さて…「33」でしたか。旭ヶ丘営業所さんも書かれていますが、かつては第二桜ヶ丘の先の高森行きに使われていたものでした。語呂もいいので臨時ながらこれに抜擢されたのでしょう。



で、市営バスもLED化が進みましたね。利点は多彩な表示ができることが一つありますが、ここで提案したいのは晴れて「国の重要無形文化財」指定された三社大祭など祭り期間に中心街へ入れない臨時バスにもLEDを採用しては?ということ。番号は中心街を表す「5」で行き先を「桜木町(長根運動公園)」や「下大工町」、「八日町(孝貴苑前)」といった具合に。でなけれぱいっそのこと「中心街方面」とか。



もっともっと発展していく可能性はありますね。
撮った本人も驚いた! (HIRO)
2005-08-17 20:37:02
23.旭ヶ丘営業所さん、盛ハヘさん、コメントありがとうございます。



>23.旭ヶ丘営業所さん

コメントのエントリーが早いっす(^_^;

私も他の番号を予想していましたが、まさかかつての高森行きの33番が充てられるとは思いませんでしたねー。

してやられた、って感じです(笑)



>盛ハヘさん

お盆輸送お疲れさまでした。

特に昨日は大変だったことでしょう。

確かにLED化に伴って、いろいろな表示が可能になっていることもありますよね~。

いっそのこと、これまで看板などに頼っていた表示もLEDにしてまうのも良いかと思いますね。
お疲れ様です! (NB)
2005-08-17 21:39:32
LEDって便利ですね~。33番でしたか。



私の中では、30番台というと、吹上経由のイメージが強いので、今回の経路でこの番号が当てられたのは意外でした。

どちらかというと、20番台かな~って思っていました。
いえいえ。 (HIRO)
2005-08-17 22:32:54
NBさん、コメントありがとうございます。

八戸の夏休みはいかがお過ごしでしょうか?

やっぱり意外に感じられたのですね?

20番台ですか、うん、確かにそれもアリのような気がします(笑)
33番か・・・ (75 八戸ニュータウン)
2005-08-18 00:13:43
私は「28番かナ?」と予想していましたが・・・

(小中野・上柳町経由だから・・・)



まさか33番を使うとは。

意外でしたね・・・。
違うもんですね (HIRO)
2005-08-18 08:14:35
75.八戸ニュータウンさん、コメントありがとうございます。

そう、確かに小中野・上柳町経由なので28という考え方もありますかね~。

しかし、33番って皆さん意外に思われていますね。

やっぱり見に行かないと分からないもんです(笑)
突然すみません。 (もりー(管理者による再投稿))
2013-01-20 05:53:14
突然乱入してすみません。もりーと申します。
いま、高森バス停のあった場所を探しています。
住所でも構いませんので教えていただけないでしょうか。

morie1**@**.jp

までご連絡いただけると幸いに思います。
ご連絡できません。 (HIRO)
2013-01-20 05:56:51
もりーさん、コメントありがとうございます。
コメント欄にメアドがありましたので、念のため入力して頂いたものを公開せず、再投稿したものを公開しましたので、ご容赦ください。
なお、こちらからメールでご返信できません。
メールでのお問い合わせは注意書きにもあるようにメール送信フォームからお送りください。

高森バス停の住所は把握していません。
LEDの活用 (YAN)
2013-02-19 22:31:02
過去の記事へのコメント失礼致します。

八戸に住んでいた頃から、毎年お盆の時期には、家族・親戚で東霊園に墓参りに行っています。幕式ばかりの頃、幕は空白で、フロントガラス上部(「湊トンネル」などのプレートが掲げられる位置)に、「東霊園」と書かれたプレートが掲出されていました。
戻りは、「5 三日町/朔日町(上柳町まわり)」、「20 鮫(東霊園まわり)」 でした。

臨時バス用のコマも簡単に用意できるところは、LEDならではのメリットですね。

高森バス停の住所は分かりませんが、種差少年自然の家入口(種差養魚センター付近)から、町畑方向に2km程度行った辺りだったと記憶していますので、一応、お伝えしておきます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

市営バス終点シリーズ」カテゴリの最新記事