八戸鉄道・バス研究会別館ブログ

八戸鉄道・バス研究会 http://8-bus.com/ の別館ブログ。
いろいろなネタを扱っています。

温泉協会とタイアップの高速バス

2007-05-27 | 高速バス・高速ツアーバス
東京から群馬県四万温泉を結ぶ高速バスをご存じでしょうか?
関越交通が単独運行しているため、あまり存在感が感じないものですが、この高速バスは地元温泉街がいかに力を入れて運行しているのかという意気込みを感じる路線です。
東京駅八重洲通りにある東北急行バスのバス停から運行しています。
それだけに地味な感じが否めないんですが、この路線は単なる高速バス路線と違う部分があるのが特徴的だと思います。

その特徴というのが四万温泉協会が全面的にバックアップしているという点です。
温泉協会HPにも掲載されていますが、高速バスの案内を行っているだけじゃなく、高速バスの往復乗車を組み入れた宿泊プランを発売している点が注目です。
「春はやっぱり四万温泉。直行バス四万温泉号で行く"春のあったか宿泊プラン"」
往復の高速バス乗車券に宿泊料金を組み合わせたプランとなっていますが、わざわざ旅行会社を経由して申し込む必要がなく、四万温泉協会に電話して申し込み、東京駅八重洲通りにある群馬県観光物産プラザにて発券してもらうことができるようです。
また、四万温泉協会HPにも書いてありますが、「乗車の際、運転手に直行バス宿泊プランで申し込みの○○(氏名)を言って下さい。運転手より運賃証明書が渡されます。それが乗車券になりお帰りのバスの証明書となりますのでお帰りの乗車の際運転手にお渡し下さい。」とあるように、バス乗車時に運転手に申告するだけでも乗車できるようですから、とても簡単なのが良いですね。
また、他にもローソンやファミリーマートといったコンビニで支払うことができることも積極的で、かつ手間をかけない申し込みができる点も良いと思います。

車両は日野セレガGJの貸切格下車を使用しているようですが、ラッピングをみる限りでは専用車が使われているようです。
それにしても派手なラッピングですね(^^;
地元の高速バスにかける意気込みを感じる四万温泉行きの高速バスですが、こうした取り組みを是非とも地味な日本中央バスでも採用されてはどうかと思ったりします。

関越交通の高速バスについては遺跡さんが詳細にレポートしています。
合わせてご覧ください。
『四万温泉号』 関越交通 初代セレガGJ(2007/06/05:名も知らぬ街角の...)
『群馬県』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 摩訶不思議な共同運行方式 | トップ | 津軽ラーメン »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
新緑が綺麗でした! (遺跡)
2007-05-28 07:45:24
おはようです。
早速先週末乗車して四万温泉へ行ってきました!
バスは東武グループの貸切格下車です。
横4列縦11列後方9列目よりサロンシートでシャンデリア付き。
週末の気になる乗客は23名です。
キャンペーンとは裏腹に殆どの乗客が切符を手にしていました。
キャンペーン利用客は私達ともう一組だけ。
>バス乗車時に運転手に申告するだけでも
温泉協会に電話するだけなので、Mailで乗車確認も無いじゃないですか?
乗る間ではちょっと不安です。
四万温泉は非常にこぢんまりした温泉でした。
新緑が綺麗でしたので、ハイキングも楽しめました。
詳しくは近日中に記事にします。(今は金沢編なので)
不安も一利あり (HIRO)
2007-05-28 07:59:28
遺跡さん、コメントありがとうございます。
ま、確かに乗車確認が取れないのは不安かもしれませんね。
とはいうものの、電話で乗車確認するにもメールを送るには難しいですし、ネット予約を受け付けてくれるとありがたいな~と思ったりしますね。
でも、かなり利用率は良さそうなので安心ですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

高速バス・高速ツアーバス」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事