感動としあわせの家づくり物語

岡山県倉敷市の工務店「林建設」の大工職人「林俊文」が仕事で感じた「感動としあわせの家づくり物語」を綴っていきます。

倉敷市栗坂での住宅リフォーム現場も竣工

2017-06-30 20:51:47 | 住宅リフォーム工事物語
今日も不安定な天候となった岡山、倉敷の朝。

それでも大工さんたちは、予定していた現場へ向けて出動してくれている6月最終日。

総社市久代での住宅リノベーション工事現場は大工の「山口さん」が床の下地組立、アルミサッシの取付と作業を進行中。

良い仕上がりは良い下地からという事で、いつも現場を綺麗にして常に自分の仕事がやりやすい状態で作業する彼。

私が言うまでもなく、自主的に自分自身の勝てる土俵をつくり作業する職人さんは大抵の場合が腕利きの職人さん。

これは大工職に限らず、他の業種の職人さんにとっても言えること。

反対に腕が覚束ない職人さんに限り、現場が乱雑だったり、やりにくい姿勢で作業をしている所をよく見かけます。

この辺りは私も気が付けば声をかけていますが、さすがに経験が長い職人さんほど声掛けを嫌う傾向がありまして・・・

そういった職人さんは今までの経験で培ったものがあり、簡単には改善されない場合も多いのは確か。

そういった人を見ながら、私も他人の忠告に耳を貸せているか?と不安になる事もあり、やはり幾つになっても素直な気持ちで他人の言葉を受け入れる事のできるようにとは心掛けています。

他人の忠告を聞いて、それを実践するかどうかは別の話でもあるようで「良いものは良い」と素直に受け入れる気持ちも合わせて持っておかねばと他人の姿に思う本日。

写真は倉敷市栗坂での住宅リフォーム現場ですが、こちらもようやく竣工。

今回は床下の湿気、雨水の侵入対策が最優先され、見えない部分ではありましたが大工の「川上さん」が懸命に対応の工事にあたってくれました。

普段は温和な彼ですが、今回は自分の責任でと毎日、残業しながらより良い家づくり物語になるように励んでくれた事は本当に嬉しいこと。

お施主さんからも、「本当に良い大工さんで・・・」と感謝された事は、自分自身が褒められるよりも嬉しいこと。

そのお施主さんからの言葉こそが私たちにとっての「感動」と「しあわせ」だと、この言葉を糧に次の現場でも懸命な家づくり物語に励んで参ります。

一本の木から始まる感動としあわせの家づくり物語 林建設 林俊文

にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へにほんブログ村 -->
『岡山県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 総社市久代での住宅リノベー... | トップ | コツコツと丁寧に作り上げる... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

住宅リフォーム工事物語」カテゴリの最新記事