感動としあわせの家づくり物語

岡山県倉敷市の工務店「林建設」の大工職人「林俊文」が仕事で感じた「感動としあわせの家づくり物語」を綴っていきます。

岡山市東区西大寺で住宅改修計画の現地確認

2017-11-21 21:11:26 | 住宅リフォーム工事物語
今日も肌寒い一日となった岡山、倉敷。

今朝は少しだけ会社で事務仕事を行った後は一日中の外出となりました。

午前中は倉敷市玉島柏島で某工場さんの現場で内装仕上げの確認などの打ち合わせに同席。

約束の時間に遅れてしまいましたが、温かく迎え入れてくださった関係者の皆様には本当に感謝しております。

室内の色決めとなると本当に難しい、同じ白でもクリーム色っぽいものもあれば、青っぽい白もあったりと本当に多くの種類があります。

そうした中で床、壁、天井と色の組み合わせを考えながら色合せをしていく作業は色音痴の私にとっては気の遠くなるような作業・・・

それでも着実に前進している此方の打合せですが、関わる多くの人たちで決めた色が室内に付き始めるの遠い未来ではありません。

そんな打ち合わせが終わった後は、お世話になっている業者さんからの要請で岡山市東区西大寺での住宅改修計画のあるお宅へお伺いしてきました。

お客さんも色々と要望はあるようですが、先ずは家の間取りや構造を踏まえた上で出来る事とできない事の線引きが必要。

先ずは現在のお家の間取りなどを計らさせていただき現状図面を書きお越し、どんなプランが可能なのかをご提案させていただきますので、どうぞ宜しくお願いします。

今回は余り、お急ぎではない計画との事でしっかりとプランを練って、暮らす人の感動としあわせにつながる家づくり物語になるように進めていきますので宜しくお願いします。

その後は岡山市東区瀬戸町での住宅新築現場へ立ち寄って工事の進行具合を確認。

此方では「信くん」が奮闘してくれている姿が印象的、とりあえず工期よりやや遅れているようではありますが・・・

彼の頑張りに周りが引っ張られていくのだろうと思いながらも、先ずは安全に増援を入れる事で工期の遅れを取り戻し正常な状態での工事進行を試みています。

やはり工期に余裕がないと慌ててしまうのも確かなだけに、こうした増援を入れての工期の正常化も大切な工事管理だと、やり繰りしていかねばと思います。

さて、何かと新規依頼などが重なる本日ではありますが11月末から来年1月、2月頃までの工事予約がパンパンな状態・・・

可能なものならご希望の時期に工事に取りかかってあげたいと切に願いながらも、無理をすれば進行中の現場のお客さんにもご迷惑をおかけしてしまうケースも・・・

そういった事態にならないように、此処からは少し勇気を出して期日のあるものはお断りさせてもらう事にもなりそうですが・・・

工事の数を売る、売り上げを上げるのが私たちの使命ではなく、お客さん、関連業者さんたちと共に少しでも大きな「感動としあわせ」を分かち合う事が何より大切な使命なのだと・・・

明日もみなさんの笑顔に出会える一日になるように奮闘してまいりますので宜しくお願いします。

一本の木から始まる感動としあわせの家づくり物語 林建設 林俊文

にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へにほんブログ村 -->
『岡山県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 岡山市東区瀬戸町での住宅新... | トップ | 都窪郡早島町早島で玄関ドア... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

住宅リフォーム工事物語」カテゴリの最新記事