風の備忘録~ ~ ~

風は林に色や形や音を運んできます
忘れないうちに 忘れないように
短い言葉でメモ memo   
       

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

美味しく楽しい後に悲しい日

2006-04-27 | こども 
今日は娘に誘われて
仙台エクセルホテル東急のレストランプラン「 サンドウィッチ・デザートブッフェ」
に娘と私ともう一人のばぁの大人3人と娘の1歳7ヶ月のRの4人で行ってきた。
(Rは少し風邪気味というけれど元気)

13時45分から90分食べ放題で大人一人2000円。

喫茶店のような場所かと思って行ったら「ラウンジ・七夕」だった。
ソファーとイスだったので荷物を置く場所もあり子供連れが座るには良かった。

子供を見ながら3人は変わりばんこ食べ物をとってきて沢山食べる。
どれも美味しい。

・かぼちゃのポタージュ
・ホットサンドウィッチ(ロースとポークのオリエンタルソース・野菜サンド)
・フォカチャサンド2006バージョン
・ミニちらし寿司・
・鴨のペッパースモークと野菜のトルティーヤ
・スモークサーモンとレタスのロールサンド・りんごのフラッペ
・ずんだパフェ・フルーツのゼリー・フライドポテト・抹茶のシュークリーム

などなどもっともっとあるけれど書くのが面倒になってきたので省略。
コーヒーも紅茶もジュースもあって大満足。



毎日あるわけではなく4月は5回。今日は4月の最後の日。
5月は3.4.5.11.25日の5回。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
楽しく美味しく食べた後、別れて帰宅したら娘からメールが入った。
「Rの風邪が心配であの後、病院に行ったら、
この風邪は夜中に呼吸が止まることもあるそうだからと
私立病院に行くように言われたから、今からタクシーで行くの」

その後電話があった。
「結局 入院になったよ。パパが仕事の帰りに寄ってくれるって。
今、検査中で私は時間が出来たから電話したんだけれど、
鼻から管入れたりで号泣で可哀想だよ」と涙声。

娘は美味しいものを驚くほど食べたから、看病に耐えられるだろう。

「Rも親も共に頑張って」と祈るしかない。



コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 危険ですから近づかないで下さい | トップ | 「仮性クループ」で入院 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ご健勝 (松本好生)
2006-04-27 20:42:27
早くよくなりますように。PS・写真は一枚なら僕の携帯電話でも大丈夫みたいです。
加湿と酸素テントの中 (林)
2006-04-28 22:50:27
松本好生さん



「仮性クループ」とは「急性咽喉炎」のことでした。

病気の名前も変化しているのですね。



喉の狭いところにウイルスか細菌がくっついて炎症を起こして腫れ上がって、狭いところがますます狭くなって呼吸が出来なくなることもあるそうです。



小児救急センターに回されて助かりました。

酸素のテントの中には点滴されていて腕は自由にならない熱があって機嫌が悪いRがいました。







「大人」は自分ひとりで大きくなったように思ってしまいますが、

たいていは何度も病気して親は心配しながら大きく育てていくのですね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・

画像はサイズで迷っています。

大きいのを小さくすると鮮明でないし。

サイズが大きいと重くなるし。

コメントを投稿

こども 」カテゴリの最新記事