風の備忘録~ ~ ~

風は林に色や形や音を運んできます
忘れないうちに 忘れないように
短い言葉でメモ memo   
       

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

孫が入院

2007-04-18 | 健康・病気
今 長く長く書いたものが 操作を間違えて消えてしまった。
簡単に書きます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
4月9日に2年生になった女の子の孫が今日 4月18日、入院した。
身近でかかるとは思っていなかった病気で。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

16日、月曜の夜に首の下が腫れてきた。
    「スイミングに行ったからかな。どこかにぶつけたのかな」
    と本人は話していたという。
17日、火曜日は学校に行った。 
途中で保健室に行ったら先生は「おたふく風邪なら顔が腫れるのに」といったそうだ。
(月、火曜の この詳しいことは19日の夕方のむこうのおばあちゃんへ電話して分かったこと)

母親が仕事から帰ってきて かかりつけの医院に連れて行ったら
「ここでは分からないので」と大学病院を紹介された。
大学病院に連絡したら空きがないといわれて
「県立こども病院」に検査入院することが決まったそうだ。
(これは昨夜(17日)の8時半過ぎ 娘からの電話で分かったこと)



昨夜(4月17日) 「明日、県立子ども病院に検査入院する」と連絡があったきり
娘から全く連絡がない。
私は病院内だから連絡できないのだろうとおもって ただ連絡を待っていた。
夕方 夫が「何か連絡が来たか?むこうの家に電話してみろ」というので
娘の嫁ぎ先の家に電話をかけた。

孫のおばあちゃんがいらして
話してくれたところによると・・・


妹おもいのお兄ちゃんは ゆうべからショックで具合が悪いという。
朝 起きられないでいるので
「ぐあいが悪いなら休んでも良いんだよ」といったら
「欠席はしたくない」とおにいちゃんは言い
遅刻しておばあちゃんに送られて学校に行ったそうだ。


18日水曜日 娘の嫁ぎ先の家に電話した後に 娘から電話が来た。

入院の支度をして「県立こども病院」にいったら
そのまま長期入院といわれたそうだ。

思いもしなかった病気だった。

私は 今も 気が動転している。


4月の7日8日に二人は私の家に泊まりに来た。
ダイヤモンドシティ・エアリに行ったときに
iちゃんは キティちゃんのリュックをとてもとても欲しがった。
買ってやればよかった。

ホームシックになったときに もっとやさしく接してやればよかった。
インターネットからもっとたくさん折り紙を印刷したいといったときに
31枚以上すったので
「もう良いんじゃない?インクもなくなってきているし」と
Iちゃんの言うことを断った。
もっと印刷させてやればよかった。


なおって欲しい。
絶対なおって欲しい。


私に出来ることは祈りと娘の家族に出来るだけ力を貸すこと。
明日19日(木曜日)私と夫は病院に行って、用事がある娘と交代して付き添いします。




(夫が「旅行などしていられないな」といいました。
私もそうおもいました。
5月の九州旅行も秋のイタリア旅行もキャンセルしました。
どちらも私たち二人だけの旅行でなく、友人ご夫婦との旅行の予定でしたが)

コメント   この記事についてブログを書く
« かんきつ類を買った | トップ | 入院中の孫に付き添う メモ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

健康・病気」カテゴリの最新記事