風の備忘録~ ~ ~

風は林に色や形や音を運んできます
忘れないうちに 忘れないように
短い言葉でメモ memo   
       

私の好きなイギリスの詩人 クリスティナ ロセッティとつながる人々

・画家・詩人ダンテ・ガブリエル・ ロセッティは兄 ・西條八十 ・三井ふたばこ(西條嫩子) ・宮澤賢治  ・金子みすず

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

S子ちゃんの死

2006-04-02 | 日記
最近まで住んでいた町内会の総会があるのでバスで出かけた。
町内会は現在住んでいるところにも入っているし、
以前住んでいたところにも入っている。(家があるし出入りするしゴミも出すので)

古い家に入る前にお隣によって
「一緒に行きませんか」とお隣の奥さんに声をかけた。
「あら、良かった~。ご一緒しましょうと電話かけようとしたけど、子供みたいだからやめたのよ」とのこと。

町内会総会会場に行く道々、
「S子ちゃんが死んだんだって。知ってました?」と聞かれた。
生協バスの乗ったときに、後ろからその話が聞こえてきたそうだ。
肺炎が悪化したらしい。

私の家の上の娘よりS子ちゃんは3つ年上で、絵も粘土も版画も上手い、静かな女の子だった。
いくつになったろう。数えてみたら41か42歳だ。
子供が3人いるということだ。


私が自宅でやっていた「え?の教室」で
S子ちゃんは小学生のころ粘土で犬をいくつか作った。
犬を飼っていなかったのに犬のしぐさが良く出ている。
S子ちゃんが作った犬があまりにも素晴らしいのでほしいといったら
「いいよ」と気前良く私に2つくれた。

ずーっと飾っていたけれど、いつまでも持っていたかったけれど、
引っ越すにあたりS子ちゃんに返そうと玄関先に飾っておいた。

粘土の犬を返さないうちに亡くなってしまった。

命はいつまでもあるものではないことは分かっている。
でも彼女の死は突然過ぎるし、若すぎる。

粘土の犬をデジカメで撮ってからS子ちゃんの実家に粘土の犬をもって行こう。
お子さんは小学生のときのお母さんの作品を見てお母さんの素晴らしさをあらためて知るだろう。

区長をしているS子ちゃんのお父さんが総会に来賓でいらしていたが
娘さんの死の悲しみで心の中はきっといっぱいだったろうと思う。

とても哀しい日曜だった。
コメント

5月6日の「楽天対日ハム」観戦決定

2006-04-02 | スポーツ
先週、下の娘が遊びに来た時、娘が「野球をみんなで見に行こうよ」
と電話をかけて大人5000円の券を8枚頼んだ。

6枚は娘達、義理の親達、私達で決まった。
あとの2枚が余ってしまった。

たぶん行くだろうと娘が思った友人夫妻は
「芝生席でいい」と以前から言ってたそうだが、
電話をかけたら「実家に帰るから~」といわれたそうだ。

じゃあと私が上の娘に電話したら「家族で車で旅に出るから」と断られた。

夫は「人数を確かめもしないで頼んだのか」と呆れ、
電話かけて2枚をキャンセルしなさいーという。

娘が電話したけれど日曜日はチケット販売は休みだそうで
月曜にかけるからとメールがきた。

キャンセルは出来るのかな?

野球観戦は私は初めて。
新庄を見て来よう。たのしみー。
コメント

パソコン関係の配線コード

2006-04-02 | PC ・インターネット
今朝8時前、夫の車で「焼却ごみ」を出す為に古い家に出かけた。ついでに 新しい住家に必要な物を持ち帰った。
私はパソコンの スピーカー(ONKYO)POWER ADAPTORとシホンケーキの焼き型とパンの本など。
家に着いてからパソコンにスピーカーを繋ごうとした。
外す時、あまり考えないで外したのでパソコンの後ろのどの場所に繋ぐか分からず迷った。
ここらしいと繋ぎ、好きなMIDIをクリックしたのに音が出ない。
変だなぁとよく考えたらスピーカーのスイッチを入れてなかった。スイッチを入れても音が出ず、別の所に繋いだらやっとMIDIが聞こえてきた。
音なしのパソコンで過ごしていたから、とても嬉しかった。

それにしてもパソコンの後ろには呆れるほどの配線コード。
電話とISDNの黒いターミナルアダプター(ISNメイトV-30DSU)、ディスプレイ、プリンター、それだけでもゴシャゴシャの線に今日の音響の線。
パソコン机はまだ持って来てない。けれど、ないほうが配線コードの管理が楽だなぁと思った。

・・・・・・・・・・・・・・・
20060403:スピーカーやISDNの黒いモノの名称が分からずに書いていたので、
     モノに書いてある名称を追加記入。
コメント