おでかけ大好き

お金のかからないおでかけ&ささやかな幸せ&読書など。
毎日楽しいことばかりだといいのにな。

広がる

2015-05-31 07:43:28 | 日々喃々


健康によいという八十八夜茶もらった。

栄養価が高いというか、新茶のハシリで値が高いのよね。

たぶん50グラムで千円くらいするかも。


最近、夕飯バタついて写真撮れず。

写真に残ってないと、なに食べたか???

記憶も記録しないと残らないなぁ。  


ナッパちん先日「帰りに遊ぶ約束できた!」と、ルンルン帰宅。

友達が遊びにきて、一時間ばかり、デッキでおやつ食べたり、

物置に巣をかけ始めたツバメを見物したり。

ツバメって、巣材の藁に水田の泥をつけて、接着剤にして巣を作ってるんだよ。

それで田植えしたとたんに現れたのね(゜ロ゜)


お友達を送っていきがてら、郵便を郵便局のポストにお願い。

いつもなら、いやっ!とブー(`ε´)たれること間違いなしですが、

お友達効果で、
即答いいよ(o´∀`)b

どこかで田んぼにはまってないか、無事戻ってこれるか心配でしたが、ちゃんとミッション終了しご機嫌帰宅。

お友達もついて来てくれたって。

お友達と二人で駄菓子屋に行ってきたり、

急に行動範囲が広がってきた三年生のナッパちんなのでした。

お友達と、「おじいさん、おばあさんになっても友達でいそうだね」って(o^^o)

おじいさんにはならなそうだけどね( ´艸`)






コメント

椿坂 久保田

2015-05-29 21:02:08 | 家ごはん




美術鑑賞の後は、いつもの友達と久しぶりの友達と3人で、

マダムランチ。

セレブリティな住宅地である草薙周辺、ディナーはお高くて入れなさそうな和食処へ。

ランチは予約のみ、2160円。

駐車場が限りがあるので、乗り合わせ&軽自動車だと無難。

マダムAの素晴らしい駐車テクに拍手。





暖簾をくぐると、打ち水をしてある玄関のたたき。

畳の部屋に、座卓と椅子席がありました。

私たちは椅子席。嬉しい(o^^o)

このカウンター素敵。夜は雰囲気良さそう。



お庭もいいですなぁ。





メインは肉か魚。

パンかご飯、飲み物はコーヒーのホットかアイスを。



前菜、左は丸ごとヤングコーン。

何枚か皮を剥き、この時期は穂先と芯も食べれるそう。

それほど甘くないし、うーん、ちょっと噛み切りにくいな。

実母なら心の声がでるところ。



なんか前菜、色合いが…。全体的に茶色いモノが多いなぁ。

この魚しょっぱかった↓



きんぴらゴボウも大盛りだけど、普通の味付けで普通なお総菜だし。

コーンスープ。



私は肉チョイスでハンバーグ。



鰆のなんとかソースは、



なんかどちらも焼きすぎ?

どちらも、ジャガイモの上にメインが載っかり、ストーンヘンジ風な斬新な盛り付け。

でも下に降ろさないと、切れないし。

デザートは、イチゴのフローズンヨーグルトムース的な?



ここでやっと赤い色。

生野菜がなかったせいか、緑は、前菜の飾りの緑モミジだけだったような…。食べれない。

もしやお庭が緑だったから、食材では緑省略。

久々の高級和食に期待しすぎちゃったかしら。

雰囲気や場所柄こんな感じなんでしょうか。

味や彩りはちょっと残念だったような。

でもマダムAの痛話で大笑いし、楽しかったのでよしと。



人間だから欲もあります。

花じゃないんです人間は、色々あるんです。
















コメント

ロダン館

2015-05-29 14:48:34 | おでかけ




ロダン館も久しぶりです。

ロダン館は、フラッシュはNGですが、撮影はOKなのね。

嬉しいわ。

まずは、見下ろす地獄の門でしょう。



カレーの市民…の方々。





同行の友人、ふと「門って言うけど、開くんですか?」

開きません(たぶん)



各所にベンチがたくさん。

考える人と、一緒にじっくり考えましょう。



今回は、天井が気になって気になって。



ずっとハシゴが通ってるから登って、端から端へ移動できそう。



やっぱり横向きが定番。

考える人は、大中小と3サイズあり、全部揃ってるのはロダン館だけ!だそう。



「この門をくぐるものは一切の希望を捨てよ」

以前はなかったと思うのですが、地獄の門の前に、

着想を得た、ダンテの神曲 地獄編の一節のカーペット。



文語体って、特に翻訳の詩文にぴったりだなぁ。

意味は正確にはわからないけれど、格調高い、厳かな雰囲気が伝わるよ。



全部で何体いるんだろうな?



やっぱり最後まで天井が気になるわぁ。

京都駅の名残?

それにしても、一番のインパクトがこれ。

ロダン体操 ロダン館 静岡県立美術館|AUGUSTE RODIN Shizuoka Prefectural Museum of Art


いやあ、知らなかったけど、ブームがあったのね。

苦しい体勢でロダンの彫刻に思いを馳せるとは、なんとも共感王国静岡!!

動画みてほしいわぁ。


コメント (6)

篠山紀信展

2015-05-29 13:57:45 | おでかけ


お出かけ続いてしまって。

久しぶりに県立美術館にきました。 

昔住んでいたから静岡市内の地理はだいたいわかると、ナビ使わず、

…迷いました。

道の幅が広がっていたり、道の接続や風景のあやふやな記憶が、かえって混乱を招く。

十年以上経つと変わるよね~。人も街も。

少しお待たせしてしました。ごめんなさい。

平日の開館直後でしたので、上の駐車場も開いていて、

会場も比較的空いてゆっくり見れました。



ケヤキ並木は、静岡の好きな景色のひとつ。



この花かわいいぞ。



はっ∑(OωO; )遅刻してるんだった。

結構な上り坂で、ゼーハーして到着。

今回の篠山紀信展は、絶対行くぞと思って、前売り券買ってました。

大きいパネルに有名人、だけでなくディズニーランド25周年、虚構の世界、ヌード、大相撲、歌舞伎などいろいろ。

時代の顔。

きんさん、ぎんさんも。

昭和の女優さんから、ももクロやAKB48、話題作だった宮沢りえちゃんやもっくんのヌードも。

若かりし黒柳徹子さんの妖精のようなヌードもあるよ。

入れ墨なおじさんの集団のフンドシ姿も衝撃的。

衝撃といえは、三島由紀夫さんのあの写真も、ヌードなのね。

すごい気迫ですよ。

1987年の豊島園のプールなんかも時代を感じますねぇ。水着や髪型がね。

女優さんはみんな綺麗だけど、百恵ちゃんと、樋口可南子さん(白戸家のお母さん…若い頃)が印象的でしたね。

髪短くて中性的なのに色気のある人が好きなのかも。

最後に、2011年の震災の被災者のポートレート。

悲しみ、絶望、途方に暮れた表情だけども、

写真から、生きている!という信号のようなものが、強く発信されている。

なにもなくなっても、それだけはあるもの。

写真を撮るのも、撮られるのも苦痛でしょうが、

時代の顔としては、なかったことにはできないですよね。

同じ月内なら何度でも入場可能なのだとか。あと数日ですが。

大きなパネルでとても見やすいのですが、ひとつ大事なことが。

作品にタイトルや年代は一切ついてませんので、

必ず入り口のリーフレットを手に入れて、鑑賞しましょう。

なぜ入り口の係員が手渡してくれないのか、謎過ぎる?

でないと、「この人見たことあるけど誰だっけ?」「いつだっけ?」と、悶絶すること請け合い。

この後はロダン館へ。






コメント

5月の掲示

2015-05-29 12:47:11 | 図書ボランティア


今回は、仕事で参加できず。

写真だけ撮らせてもらいました。





新入りさんばかりで掲示してくれたのかな。

来月は参加できるといいな。


コメント