おでかけ大好き

お金のかからないおでかけ&ささやかな幸せ&読書など。
毎日楽しいことばかりだといいのにな。

読み聞かせ 9月

2018-09-20 20:03:51 | 図書ボランティア


「ゆくえふめいのミルクやさん」
ロジャー・デュボアザン 作・絵
山下明生 訳
童話館

を読もうとしたら、長過ぎて断念。



「ものいうほね」
ウィリアム・スタイグ 作
せたていじ 訳
評論社

ムスメのクラスの読み聞かせ、多分ワタシが担当するのは最後。なので、ムスメの意見も入れて、熱心に検討。

高学年でも楽しめる複雑な物語というとやはり長文になってしまう。

早口で読んでも10分過ぎちゃうけど、これに決定。

下読みしておかないと、せたていじさんの言葉は、古典的で難しいのでね。

朝、ムスコの登校の秒読みをしながら、声を出して読み練習。あっちで怒鳴って、こっちでヨソユキ声。

お母さんっていつもこんな感じだね。

読み聞かせ前、時間までムスメの教室前で待っていたら、ムスメが照れ照れしながら、「どうぞ」と呼びにきてくれました。

6年生はそんなに表に出してくれないけど、多分楽しんでくれてたんじゃないかな。ポジティブ!!



混合クラス「としょかんねずみ 3」
ダニエル・カーク 作
わたなべ てつた 訳
瑞雲社

絵がはっきりしていて、本の大きさ、文章の長さが6分程と、手頃で選びました。

読み終わったあと、「図書館にある?」と聞いてきた子がいて、嬉しかったです。シリーズだから、いっぱい読んでね。



サブで「ぼちぼいいこか」

これはどの学年でも大人でもイケますね。そして元気でる!最高!

あーもう、今年度も半分終わっちゃったのね。毎日を一生懸命でいないともったいないね。









ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 福岡2泊3日 終わり | トップ | 9月の掲示ボランティア »

コメントを投稿