おでかけ大好き

お金のかからないおでかけ&ささやかな幸せ&読書など。
毎日楽しいことばかりだといいのにな。

松が岡、紅葉の特別公開。

2017-12-10 16:51:15 | ハイキング


掛川の十九首塚の近くに、松ヶ岡というお屋敷があって、紅葉時期の今、連日公開中とのこと。

掛川・松ヶ岡(旧山崎家住宅)庭園の紅葉[掛川市]|アットエス


「知らなかったね」と、オット情報。


グーグル先生にご指南頂きながら、逆川沿いをテクテク。グーグル先生は到着!と言うけども??

少し戻って、懐かしの我が珠算教室前を通り過ぎ(ここのさくらんぼ食べて口が真っ黒)、橋を渡ってすぐ。
ん?ここ子供の頃、来たことある。



立派な門前。道はわかりくいですが、駐車スペースもありです。

入ろうとすると、通用門が開いて出てきたおじさんたちが、「公開は3時までだからもうお終いだよ」っと。残念。

でも「女の人ならねー。中にまだいる中井貴一に頼んでねー」とのこと。





お座敷に座った目線でガラス越しに愛でる紅葉。


そして、中にいた掛川の?中井貴一さんが、渋ることなく案内してくれました。

160年前から移り住んだ、山崎家という大商人のお屋敷で、代々、掛川藩の御用達などで成した財で、新田開拓やインフラ整備、掛川銀行の創設など、地域にも貢献。また明治天皇の行在所として、お屋敷を増築したそうです。



お屋敷の三方は逆川から引き込んだお堀を後に池にし。赤松で囲まれた庭が松が丘の由来だとか。

商人のお屋敷だけあって、内装は質実剛健。襖絵もなくシンプルですが、欄間の意匠は松が岡の松。

廊下の板張りも梁も節もなく真っ直ぐないい木材だということは、素人目にも明らか。





増築廊下のアーチ状の天井、素敵。



ガラスも沼津の御用邸で見たのと同じ水泡の残る昔ガラス。光が屈折して柔らかくなり、景色がノスタルジック。



こんなに広いお屋敷だったとは…。





増築の奥座敷。天井が高く、照明器具もレトロ。床の間は、床柱が抜いてある特殊な技術だそうです。

そして花起き台はもともと、鎧兜を飾るところだったそうです。



銀行家でもあったので、屋敷内にお蔵のような金庫があり。

他にも明治天皇のためのおトイレやお風呂や脱衣和室などなど。

たっぷり1時間ほど案内してもらいました。

山崎家の方々は東京に移り、松が丘は今は掛川市の管理下だそうです。

瓦や漆喰は落ちているところもあり、内装が上質で美しいだけあって、残念です。

文化財保存のための「松が丘プロジェクト」

日本経済の礎を築いた「山﨑覚次郎博士」の生家『松ヶ岡(旧山﨑家住宅)』の修理・保存へご協力を! | ふるさと納税のクラウドファンディングは「ふるさとチョイス」


文化が発達するためには、公的な力以上に、お金も才能も先見の明もある偉大な個人の力が大切なのですね。

水戸の偕楽園との縁のお話も興味深かったです。

玄関の桜の上がり框?式台も、ほんのり赤く光沢があってとても良いものでした。

時間外なのに、丁寧に案内してくれた中井貴一さんにお礼を言って、庭も見せてもらうことにしました。





紅葉の盛りは過ぎていましたが、バランスがいいお庭です。





良いモノというのは、長い時間経っても良いと思えるものなのですね。

ふと、今話題の羽生善治さんの言葉「才能というのは一瞬のきらめきではなく、長く同じものに没頭し続けられること」を思い出しました。

そういう長い時間にヒトは敬意を持つのかもしれませんね。

日頃から月に一度の開放日があるようですが、紅葉の季節は開放しているようなので、ゼヒ来年も訪ねてみたいですね。無料だし。



冬枯れの桜並木越しの掛川城。

今日一日の充実感に浸りながら、ちょっと物悲しい冬の夕陽を背に帰途へ。

9500歩ほど。よい一日になりました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« えんとつ町のプペル、光る絵... | トップ | ドナドナ。 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
文化部的ハイキングクラブ (T子)
2017-12-10 22:56:35
今年の締めハイキングにふさわしい
立派なハイキングコースでした。昨日の事だけど走馬灯のように浮かんできました。
さおペンありがとう。ハイキングクラブ、ありがとう。来年もよろしくね!
ヨカッタぁ (hayane-hayaoki)
2017-12-11 07:37:58
☆Tちゃん

新人として入部したのは今年のお正月明けからでしたね。そして、今や神秘のベールに包まれて会うことも叶わないM隊長にな和って、立派な隊長代理に成長したTちゃん。ありがとう!

悲願?のクラブのワッペンができたので、幽霊が多い我がクラブですが、来年こそはハイキングクラブの更なる飛躍を願って!ヨォー、パン!(一本締め)

コメントを投稿