葉山町インサイダー

のどかでゆったりとした毎日が過ぎてゆく。All has gone. 葉山の人のぬくもりが感じられる今日この頃です。

守屋前葉山町長 公選法違反は不起訴。

2008年02月01日 | 葉山町▼実像
守屋前葉山町長 公選法違反は不起訴。

昨年12月28日葉山町民オンブズマンが公選法違反で告発した前葉山町長の資金管理団体と後援会による寄付金問題は捜査の結果2月Ⅰ日「不起訴処分」と決定した。
2つの後援会による270万円の私的団体への寄付は公職選挙法
199条5に抵触するという事案であったが、横浜地検横須賀支部の藤嶋担当検事の説明では「嫌疑が不十分」との判断である。それ以上の理由については、
告発人には一切説明がなかった。

 この違反事件は形式犯であり、軽い犯罪であった。金銭の授受があったわけでは
なかった。

すでに、本人は町長を辞職しており、社会的制裁を充分うけている。
また天皇陛下をお迎えする葉山町長であったこと、出自が神職である宮司であること、などが判断にあったのでは無いかと推測されている。

鈴木勘之副町長の不法占拠事件はまだ!!
なお、同検事の担当である鈴木勘之副町長の海浜不法占拠事件は
まだ結論が出ていない。占有されている土地の上にあるコンクリートの土台も、まだ撤去されていない。
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 守屋前葉山町長、明日検察の... | トップ | 密にゴミ広域化の既成事実化... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

葉山町▼実像」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

前町長は不起訴。そして下水道問題は確認が必要。 (湘南・三浦の論点)
まずは、葉山インサイダーから。注目記事だ。
Ticketmaster. (Ticketmaster.)
Ticketmaster.