葉山町インサイダー

のどかでゆったりとした毎日が過ぎてゆく。All has gone. 葉山の人のぬくもりが感じられる今日この頃です。

古都鎌倉で市民が座り込み反対 北鎌倉駅傍のトンネル拡幅工事で

2016年04月04日 | 鎌倉

穏やかな鎌倉市民が怒り出した。座り込みの反対運動がはじまった。場所は北鎌倉駅のすぐ裏側。トンネルがあるところ。こんな光景はめったに見られることではない。


2016年4月3日午後、北鎌倉の緑の洞門を守る会の会員が、4日からの工事に向けて反対運動のためトンネル鎌倉側私有地の土地にロープを張り巡らして工事作業員が入れぬようにしていた。更に、トンネル前にシートを敷き座り込みを開始した。

・TBSの日曜日午後放送の「噂の ! 東京マガジン」のスタッフが、4日その模様を取材する。

 

・北鎌倉緑の洞門を守る会(北鎌倉史跡研究会)は、市に対してあくまでも民意を汲んでほしいと2万人以上の署名を集め、市に提出している。

・市の担当部署である都市整備部部長<小磯氏>が3月で定年退職した。が6月で任期が切れる滝沢副市長の後任としてある民間人とともに噂されいずれかが就任する。

その人事で松尾市長の真意がわかる。

 ・鎌倉は世界遺産の再度登録をめざし、さらに日本遺産登録を申請する。その計画では北鎌倉トンネルを含むエリアが、地域指定されている。。

・まちづくり景観部や文化財部の意見を聞かずに開削を決めている証拠である。

・このトンネル開削には傍にある円覚寺<北条時宗の菩提寺>が墓地を作り分譲するという隠された目的がある。

円覚寺に墓をもつ退職部長が寺から頼まれた というのが

真相のようだ。


北鎌倉トンネル反対運動の住民は、体を張って工事を阻止しようとしています!?

 まるで、沖縄辺野古基地建設阻止のようだ!?

詳細は鎌倉おやじのブログ

http://politics-kamakura.cocolog-nifty.com/blog/


コメント   この記事についてブログを書く
« メドューサの目 ブルーの目... | トップ | 次の記事へ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

鎌倉」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事