葉山町インサイダー

のどかでゆったりとした毎日が過ぎてゆく。All has gone. 葉山の人のぬくもりが感じられる今日この頃です。

みんなの党、葉山は守屋と土佐、推薦。守屋は神宮の投手。土佐はサーフアー。

2011年02月10日 | 葉山町▼行政 議会
みんなの党は4月の葉山町議選で推薦する候補者として、守屋亘弘議員と土佐洋子議員の2現職を推薦することに決めた。
守屋議員は浅尾慶一郎衆議員とはつき合いが長く、浅尾党と任じていた。
土佐洋子は、浅尾が民主神奈川4区の支部長だったとき推薦で3年前補選で当選した。その後浅尾が民主を離れみんなの党に加入したとき、同時に移った。

二人ともスポーツマンである。

守屋亘弘氏は昭和35年ごろ、未だ“陸の王者・慶應”だった時代に、神宮球場でケイオーのピッチャーとして何度もマウンドに立ったことがある。早慶戦にも投げたことがある。その縁で日本鋼管に入社した。当時のNKKは、バレーボールで日本代表を何人もだしていたスポーツの名門であった。

 姓を変えたので、葉山の人は誰もその名前を知る由もないが、経歴のなかで「葉山シニアカイツ監督」として、往時の名残をとどめている。
議員になってから、現職の頃のキャリアをいかして、ごみ問題に取り組み、葉山町の焼却炉の危険性について、警告を発していた。

今、葉山町の焼却炉は、彼の予想通りの運転中止に追い込まれている。

土佐洋子は、言わずとしれたウインドサーフアである。全日本選手権保持者である。
いまやみんなの党のマスコットとして、あちこち浅尾慶一郎とともに飛び回っている。
感性が鋭く、コミュニケーシヨン能力にすぐれているが、専門を持たないために弱い部分がある。そこをクリアするのが当面の課題である。

みんなの党の会が逗子で2月27日、葉山町で3月6日、開かれる。別紙参照。




コメント   この記事についてブログを書く
« 逗子市 まちづくり委員会な... | トップ | し尿投入施設、規模縮小。す... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

葉山町▼行政 議会」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事