葉山町インサイダー

のどかでゆったりとした毎日が過ぎてゆく。All has gone. 葉山の人のぬくもりが感じられる今日この頃です。

葉山町ある町内会の 行政も知らない19号台風の爪痕 災害特集で後世に残す。2019葉山町の出来事3

2019年12月20日 | 葉山町▼消防災害

台風19号は予想外の爪痕を残した。温暖で大きな災害とは無縁と思われていた葉山町。

御用邸が設置されたのはこの地理的条件が優れていたためと いわれてきた。

ところが 今回の台風はこの20年間 経験したことのない災害をわが町内にもたらした。

行政サイドはおそらく「軽微な災害」と思われ、記録にも残っていないだろう。

住民にとって ガラス1枚われたたしても 大事なのだ。

瓦は飛び 屋根は飛び その余波で隣の家のガラスが割れる。
早く工事をしたくても 職人がいない。
足場だけ組んで 工事は来年だ。<写真参考>

町内会はつつじが丘<京浜団地>全世帯にアンケートをして結果をまとめ、

「つつじが丘新聞」<災害特集号2019年12月15日>として各家に配布した。

台風の被災状況を色で区別して、みてわかるようにした。

今後起きる災害の時の避難方法も書いてある。

全部 貼り付ける。

 

 

 

 


 




 

 

 

工事を待つ家 家。11件ある。








コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 逗子市役所 ”不夜城” シス... | トップ | 生ごみの分別収集を5年後に... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (庶民)
2019-12-21 08:58:42
葉山町は総じて防災意識と防災対策に乏しい町だと思います。自然の中で四季を楽しめる環境ですが、災害時にはそれが命取りに変わる。その日は必ずくるのでは?
山々の斜面対策をしなくてはと認識する町民がどれだけいますか。土砂災害など、まるで他人事のように受け止めてる傾向すら感じてならない。横浜や横須賀でさえ山の斜面対策がなされています。葉山の町中を見回して下さい。斜面対策どころか手入れや剪定もされず伸び放題の樹木が町を飲みこんでいます。斜面はズルズルと静かに崩れていることに気がついてる人はどれだけいますか。大型台風、大地震が起これば一機に崩壊しかねない。町も県も災害を未然に防ぐ対策を一刻も早くして下さい。超大型台風はこれからは毎年発生するでしょう。窓ガラスも割れずらいものに変えないと、被害にあいかねません。自分の家、庭を再点検し近隣にも目を向け、災害から命と住まいを守らなくてはと。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

葉山町▼消防災害」カテゴリの最新記事