葉山町インサイダー

のどかでゆったりとした毎日が過ぎてゆく。All has gone. 葉山の人のぬくもりが感じられる今日この頃です。

来年から始まる葉山町大改革

2007年12月17日 | 葉山町▼行政 議会
葉山の収入は増えない。お金の話④
葉山町の収入は増えるのか。

結論から言うと、増収策はない。

①個人町民税は微増。

住民税が10%課税になり増えると思ったが、実は全く増えない。
従来は所得金額に3%、10%、13%の3段階あった税率が、葉山町の人は所得が高く13%課税が多く、これが10%に一律になったので反って減収になった。年間4000万ほどだ。
 納税義務者は増えている。17年度は15345人、19年度は15689
335人増えている。街中を見ると建築ラッシュである。若い人が買える3000万から4000万が殆どである。

町の試算(百万円)
19年 2888
20年 2911
21年 2932
22年 2961
23年 3003
増収になるのは、人口増のためである。

個人が納めるのに固定資産税、都市計画税がある。
あわせて25億前後。変わらない。

②法人町民税は零細ばかり。

法人町民税にいたつては、法人数が700社 町民税が9000万前後。
1社でわずか13万円しか払っていない。零細企業ばかりだ。
観光客は増えない。町が増える策を何も講じてこなかった。
パンフ一つどこにあるか。どこにもない。
観光協会は名ばかりだ。町長が会長だから、夏の海水浴目当ての駐車場の上がりだけで満足していた。商店のことなんか全く考えていない。立地が猫の額のようにどこも狭い。工場誘致もできない。
とすると、手っ取り早い増収策は何もない。
商店を活性するしかない。

④国、県補助金

     県    国
19年  580    273
20年  588    278
21年  642    392
22年  651    406
23年  656    345

年10億近い補助金だ。これは事業についてくるので、新規事業がない限り
増えない。従来事業分で、この金額だ。もう増えることはないだろう。
増やせば、第2の夕張になる。

繰入金 来年で財源がなくなる。
 基金(貯金)を取り崩して、歳入に入れるから繰入金という。
町の予定。

19年 421
20年 235
21年 198
22年 92
23年 83
これには、財政調整基金といわれる赤字調整のための5億円の取崩しが入っていない。なぜ入れないのか、よくわからない。
いずれにしても、19年はその隠していた5億と4億で19年度は繰入金は9億になる。
19年が終わって全体の事業未執行分で金が余った内半分を基金積立に回す。後の半分は翌年へ繰り越す。
だからその増減を個別に示してくれないので、決算書を見ても良くわからない。
企業の有価証券報告書のように詳細には書いてくれない。

町が基金の計算を示してくれないので、自分でやってみる。

●基金の計算

      前年残高 当年取崩 当年積立 当年残高
19年度     1651    -935   430   1146 
20年度     1146    -900   450   696
21年度     696     -648   100   148
22年      148      ー92   100   156
23年      156      ー83   ―

まこんな具合で。21年以降は、基金は全く計算しても無意味なくらい小さい歳入項目になってしまう。

で、収入はどうするか。

⑥町債

公債発行しか手がない、ということになる。

町債の予定金額はどうか
19年 419
20年 268
21年 353
22年 150
23年 144


町全体の歳出構造が変わらないという前提でみると

 収支の大枠見通し
(19年度は進行中であり補正も組まれているので、除外)

     歳入     歳出   差引き(百万円)
●20年度 8122    8929    Δ807
●21年度 8313    9280    Δ967
●22年度 8039    9396    Δ1357
●23年度 8031    9554    Δ1523
               合計 Δ4654   20年度、つまり来年は8億足りないが、実は町はもう一つ隠し財源を持っていて、前年から繰り越された「繰越金」という奴で、これが5億前後ある。この金額、5億を入れると3億しか財源不足にならない。
これは間違いなく、町債発行になる。予定の419、プラス300.合計719が20年度の借金になる。

21年はどうするか。繰越金はもう5億円は出ない。出せても2億前後だ。

ここから、財源不足に陥る。

赤字補填分だけのために、借金を増やせるか。 
 
そんなことは町民は絶対許さない。
本格的なリストラ、予算カット が間違いなく始まる。


町長を含む幹部の給与大幅のカット。職員の給与カットがまず最初である。

新町長はその決断力があるか。

20年度の予算はもう組んであるので、大幅な改革はできない。
21年からである。1年後に始まると見てよい。大改革の開始は・・
   

コメント   この記事についてブログを書く
« オンブズ怖し、議会議事録を... | トップ | 葉山の守屋町長 検察に告発... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

葉山町▼行政 議会」カテゴリの最新記事