葉山町インサイダー

のどかでゆったりとした毎日が過ぎてゆく。All has gone. 葉山の人のぬくもりが感じられる今日この頃です。

鎌倉/長嶋市議の職員罵倒がすごい。「ウソ デタラメ 隠す ごまかす・・」 平然と聞き流す異常な神経の職員たち。。

2019年07月01日 | 鎌倉

 ごみの非常事態宣言を行うべきだ、と。


鎌倉市議会の観光厚生常任委員会で今話題の2市1町<鎌倉 逗子 葉山>

・ごみ処理広域化実施計画の情報を市が全然出さない、

・「広報かまくら」で市民へウソの情報をながしている、

として長嶋議員が「ウソ 詐欺 でたらめ、ごまかし 役所は信用できない」とありとあらゆる罵詈雑言を市の環境施設課長職員へ浴びせている。

19分あたりから 

 

これを聞いていて長嶋議員がごみ問題でどんなに勉強し いろいろな人の意見をきいているか、その鋭い追及の質問に 脱帽したものだ。

責められる市の部長 課長はまともに返答が出きないのだ。

長鴫市議の追及が的をえているからだ。

その原因は 2市1町のごみ施設の配置が松尾市政10年たっても、今もって反対があり、決まっていないからだ。

それもこれもあと5年で現在の名越クリーンセンターの焼却炉が住民協定で2025年以降使えなくなるからだ。

その後どうするか 全然決まっていなくて 頼みの逗子市は鎌倉市の年3万トンの可燃ごみのうちMAX1万トンしか受け入れるつもりがない。

あと2万トンをどうするか、横浜市も川崎市もうけいれるつもりがない。

「2025年にはごみがあふれ出す 非常事態宣言をだすべきだ

と長嶋議員は主張する。

いろいろと情報を集めているから よけいその切迫度がわかる、というものだ。

市の職員はかわいそうなくらい、滅茶苦茶にやり込められている。

平然としていられるのは 身分が保証され、安定しており、上司にあたる松尾市長の
失政を自分たちが身代わりなって受け止めており、クビにならない、と思っている。

鎌倉市職員は給与が高く部長クラスで1千万円は超える。

課長でも古手は1千万円を超える。

滅茶苦茶にやられても それも給与のうち と思っているようだ。

 

このありさまをみていると 葉山町職員は楽だ。

議員の追及はほとんど1つの質問で3回ぐらいの返答で 議員は矛をおさめるからだ。

長嶋議員のように とことんやる議員はいない。

新人議員かそれに近い議員が6人、楽だ。

金崎 近藤 山田 の3人の議員だけ気を付ければいいのだから。

コメント   この記事についてブログを書く
« 葉山町長選 12月22日投票 ... | トップ | 京急下山口マンション裁判 ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

鎌倉」カテゴリの最新記事