葉山町インサイダー

のどかでゆったりとした毎日が過ぎてゆく。All has gone. 葉山の人のぬくもりが感じられる今日この頃です。

葉山町クリーンセンター再整備計画 住民説明会 資料

2019年10月07日 | 新 ごみ広域化
. . . 本文を読む
コメント

クリーンセンターの土壌調査。問題なし、再整備計画スタートの説明会開催。

2019年09月06日 | 新 ごみ広域化
  葉山町環境課は委託していたクリーンセンター内の土壌検査から顕著な有毒物資が検出されず、 基準内であったため 2市1町ごみ処理広域化計画の一環である「クリーンセンター再整備事業」に踏み切る体制ができたとして その住民説明会を開く。 10月4日<金>午後7時から 10月5日<土>午前10時から 場所 保育園 教育センター2階会議室。 . . . 本文を読む
コメント

葉山 逗子 生ごみとその他可燃ごみは分別収集。鎌倉ごみ 逗子は7千トン受け入れ。2市1町ごみ広域化。

2019年07月09日 | 新 ごみ広域化
 7月2日情報公開された鎌倉・逗子·葉山·ゴミ処理広域化実施計画(たたき台)からわかること。 実施計画は実務責任者である2市1町の部長会議でだされた案。最終案である。 3期にわかれる。第1期 現在進行中のスキーム第2期 令和7年からのスキーム。鎌倉市の焼却炉が住民協定で廃止されるため 鎌倉市の可燃ごみが逗子市と . . . 本文を読む
コメント

2市1町ごみ処理 最新のたたき台 公開。10年後 鎌倉逗子葉山 「可燃ごみ」すべて自区外処理へ。egoです。

2019年07月07日 | 新 ごみ広域化
鎌倉市 逗子市 葉山町ごみ処理広域化実施計画<たたき台> 最終稿。この資料は7月2日開催された2市1町の部長会議に提出された協議会資料です。1週間前に逗子市 葉山町で情報公開された<たたき台>は作業部会の資料です。部長会議資料は最終稿となります。こちらの7月2日「未定稿資料」の方が見やすい内容です。特に「7-3図整備スケジュール」はそれぞれの自治体で整備する施設全体が第1期<現行> 第2期<202 . . . 本文を読む
コメント

2市1町のごみ処理の将来図 葉山町も公開。逗子市の公開を受けて 秘匿する実益なくなる。

2019年07月03日 | 新 ごみ広域化
将来のごみ処理の方法を決める2市1町ごみ処理広域化実施計画<たたき台〉の「連携の概念図」を情報公開してもらおうと住民が請求していたが そのうち逗子市が最終的に全部公開に応じ、次いで葉山町も公開に応じることになった。この実施計画はたたき台として目下2市1町の広域化検討協議会の作業部会で議論を重ねているもので最終的な結論に達していない計画である。このたたき台は作業部会の幹事である鎌倉市が今年2月9日作 . . . 本文を読む
コメント

鎌倉 逗子 葉山ブロックごみ処理広域化実施計画 たたき台の全部公開文書です。逗子市公表。

2019年06月29日 | 新 ごみ広域化
「鎌倉 逗子 葉山ブロックごみ処理広域化実施計画」のたたき台が逗子市から公開されました。たたき台とはいえ 施設の新設は長期展望の末 提出されたものですから、ころころ変わるものではありません。驚きです。鎌倉市は焼却施設は廃止し 逗子市に依存する計画です。自前で作るのは今泉の「生ごみ処理施設」だけです。「ごみ中継施設」も作りますが、これは可燃ごみの市外搬送用の施設です。鎌倉市は可燃ごみのほとんどを市外 . . . 本文を読む
コメント

2市1町ごみ処理の将来スキーム「連携の概念図」 逗子市が全部公開に踏み切る。2回の不服申出の末。

2019年06月28日 | 新 ごみ広域化
鎌倉市がひた隠しにしていた2市1町<鎌倉市 逗子市 葉山町>のごみ処理広域化のスキームで鎌倉市の役割分担の計画図「連携の概念図」が逗子市から全部公開された。 その概念図によれば 鎌倉市は逗子市にゴミ焼却を委託するが、自らは「ごみ中継施設」の建設だけを行い 可燃ごみの焼却は逗子市に頼る計画であることが 記載されている。2市1町の「ごみ処理広 . . . 本文を読む
コメント

逗子 葉山をまきこむ「鎌倉のごみ5年先焼却不能」問題。逗子市長「議会 地元住民の理解が前提」

2019年06月26日 | 新 ごみ広域化
ごみの焼却が鎌倉市で5年先にはできなくなる問題で 鎌倉市は逗子市へお願いしようとあの手この手で画策しています。<正確には名越クリーンセンターとは2025年3月31日契約切れです>2市1町ごみ処理広域化の取り組みのスキームで「逗子市 葉山町との役割分担」で主導権を握ろうとしていますが、焼却炉をもっている逗子市が「色よい返事」をしていないのです。逗子市の炉が7年先に大幅な改修を迎え . . . 本文を読む
コメント

鎌倉市長 ごみ処理の「情報公開はあまりしないで・・」と逗子 葉山へ依頼。

2019年06月04日 | 新 ごみ広域化
 ごみ焼却施設の建設を断念して 焼却依頼先を必死で探している鎌倉市長が 2市1町<鎌倉 逗子 葉山>の「ごみ処理広域化]連携先である逗子市長 葉山町長へ 「協議内容を外へ漏らさないでほしい」という趣旨の依頼状を出していた。文書名こそ「情報公開の諾否の確認ついて<回答>」となっているが、市民から情報公開請求があった場合はこういう内 . . . 本文を読む
コメント

ごみ処理広域化 逗子・葉山の「地域計画」 環境省に認定さる。葉山・ごみたい肥施設に交付金。

2019年04月04日 | 新 ごみ広域化
  2市1町ごみ処理広域化の中で逗子市と葉山町の間の連携事業「神奈川県逗子・葉山地域循環型社会形成推進地域計画」〈地域計画〉が環境省の交付金対象と認定されることが環境省の「平成31年度循環型社会形成推進交付金」内示リストにより4月1日公表された。  昨年6月に環境省に提出された地域計画のなかで ・施設整備に関する計画支援事業のなかの「ストックヤード534㎡」<3分の一> ・施設整 . . . 本文を読む
コメント

逗子市有力議員 ごみ処理の受け入れ問題で ”鎌倉市は3分の2の処分先を先に決めろ”

2019年04月01日 | 新 ごみ広域化
可燃ごみ鎌倉3万トン 逗子1万トン 葉山6千トン。鎌倉市のごみ処理を逗子市が受け入れるかどうか もっか2市1町ごみ処理広域化協議会での検討議題になっているが、逗子市側のキーマンは新任の桐ケ谷市長であり、難敵は市議会である。議会側のキーマンは加藤秀子議員である。加藤は昨年12月市長選挙で市政に素人の桐ケ谷市長をリードしマニフエスト作成 チラシなど中心的に仕切った議員である。加藤市 . . . 本文を読む
コメント (1)

ごみ焼却の鎌倉市プロポーズ 逗子市は白紙。2市1町広域化協議会での議論。

2019年03月28日 | 新 ごみ広域化
 ・鎌倉市 逗子市 葉山町ごみ処理広域化検討協議会 平成30年は2回開催。 30年5月30日 8月24日。・出席人員 鎌倉市部長以下16名 逗子市部長以下8名 葉山町部長以下4名 県4名。 ・鎌倉市がごみ処理の焼却可能性を2市1町広域化協議会に検討依頼をしたのが平成29年11月ということがわかる。・30年8月の協議会で議題として挙がっているが<議事録参照>、焼却場をもつ逗子市は . . . 本文を読む
コメント

台風24号の暴風でもクレーンは倒れなかった。

2018年10月11日 | 新 ごみ広域化
雨が少ない台風だから塩害が起きる。 先日の台風24号の特色は風が強く雨が少ないことだった。 その影響で我が家のイチョウの葉っぱが赤茶けた色にかわったのだが、 このブログを読んだ方からメールをいただいた。 塩害は台風の風の中にひそむ海の塩分が風に流されて葉っぱにつき、それが青い葉を 変色させる という。 だから風とともに雨が多く降れば雨により葉にくっついた塩分が落ちる。 雨が多く降れば . . . 本文を読む
コメント

青々としたイチョウの葉が茶色になり 無残な姿に変貌した。

2018年10月09日 | 新 ごみ広域化
    台風の影響で庭のイチョウの葉っぱが塩害で茶色になり、 葉っぱを半分落としてしまい、無残な姿をさらけ出している。 6月ごろから青々とした葉っぱが茂り、向こうが見えなくっていた。 晩秋には黄色く色づき、落葉して 庭を一面に黄色い絨毯を敷いたような 見事な光景が見られてきた。 今年は このような茶色の葉が黄色くなるのだろうか・・ . . . 本文を読む
コメント

安かった逗子市の保育料 来年度より10%アップ。

2018年10月08日 | 新 ごみ広域化
逗子市の保育料は近隣都市のなかで最安であり、それが話題をよび若夫婦の流入を促しためんがあった。 今回 財政悪化を理由に来年4月から現行の保育料を2年がかりで5%づつ 計10%値上げする。 モデル世帯<世帯年収700万円 >  3歳未満 39,100→ 43,010  3歳以上 22,500→ 24,750 保育料の負担割合は現在こうだ  逗子市の現状 &n . . . 本文を読む
コメント