ニュートンリング模型日和

ガバガバ軍装でいいぢゃない

実物 改四五式外套

2014-10-13 11:39:34 | 日本陸軍 外套
今回ご紹介するのは実物 改四五式外套です。
念願の一着だったので、手に入ったときはとてもうれしかったです。
ダブルボタンと、軍帽の上からかぶれる大きなフードが特徴的です。
写真では生地の色がグレーに映ってしまい色彩が上手く伝えられず残念です。




ボタンは若干輝きを失っていますが脱落や変形、糸のほつれはありませんでした。
自分はこの赫銅釦が一番好きです。



背面には金属製の剣留(剣留カン)が左右二か所、腰のあたりにあります。
この金具はベルトフックの役割をします。
現存する一部の実物では失われている場合が多いです。



■私物品
次は官給品を改造した私物品です。内側には将校外套のような内張りがあります。
大正9年製で生地はとても目の細かい美しいカーキ色です。
サイズは一号ですが、特別大きいようには感じませんでした。





左腰には脇裂があります。帯刀者が用いていたのでしょうか。
剣留カンは左右ともに健在でした。



◆まとめ
今後も大切に保管していこうと思います。いいものが手に入りました。
当ブログでは三八式外套、四二式外套、昭五式外套も紹介しています。
戦前の軍装品に興味のある方はご覧ください。


*階級章について
「外套を着用する場合、肩章は軍衣から外套へ付け替えるのか」という質問をいただきました。
自分は軍衣と外套の双方に肩章を付けた状態で外套を着用したと考えています。
既知の通り、明治45年にボタン留で着脱可能な肩章が登場するまでは、肩章を軍衣や外套の肩に直接縫い付けており、取り外して付け替えることは想定しておらず、その慣習を後発のモデルでも引き継いだのではないかと思われます。
また、大正4年以降の外套の肩の裏側、つまり軍衣の肩章と接触する部分には、肩章とほぼ同じ大きさの「長方形の布」が縫い付けてあり、軍衣の肩章と外套の内側が擦れて双方が摩耗することを防ぐため、補強(保護)をしているのではないかと考えています。
これらから、自分は軍衣に肩章を付けた状態で、外套を着用していたと考えています。
あくまでも推察の域を出ないため、根拠資料を今後も引き続き調べたいと思います。



ではでは。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 複製 図嚢 | トップ | 御殿場COMBAT! 8 に参加しました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本陸軍 外套」カテゴリの最新記事