ニュートンリング模型日和

軍装はやめました

実物 四五式/改四五式外套

2018-09-14 18:53:51 | 日本陸軍 外套
■2017年6月22日投稿の記事を再編集

以前投稿した実物 四五式/改四五式外套に関する記事を再編集しました。
写真を差し替えた以外は、特に大きな変更点はありません。

(A)四五式外套(大正2年製)
袖章は大正11年の改正により除去されています。



大正11年改正後の図を1922年09月27日官報より引用します。
四五式と改四五式の区別は、側章の有無では無い、ということは既知の通りです。



四五式外套の制式を明治45年件名「陸軍服制ヲ改正ス」より引用します。



また、大正6年「被服手入保存法」より細部の名称を引用します。



(B)四五式外套(大正4年製)
こちらも、袖章は大正11年の改正により除去されています。



(C)改四五式外套(大正11年製)
せっかくなので、今回は改四五式外套も加えておきます。
以前紹介した大正9年製、大正14年製とは別のものです。
過去のものはこちらから:実物 改四五式外套



(1)「標記」の変遷
(A)縫着式
縫着式の古いタイプです。明治期の軍衣や外套にもこのタイプが用いられています。
「所属」とした部分は、「部隊号」と表記する方が適切でしょうか。



大正3年「内務ニ関スル心得」の中にも同様のものが描かれています。



(B)捺印式
大正3年に捺印式のものが制定されます。



大正3年標題「被服品標記法中改正の件」より図を引用します。改正理由は経費節約だったようです。
標記はこの後も時局の影響を受け、昭和まで少しづつ変化していくようです。
ただし、毛布のみ終戦まで縫着式のままです。







大正7年には、軍衣袴と外套のサイズ区分やサイズに関する仕様を変更するための改正があります。
大正7年「衣袴及外套仕様改正の件」には、外套の改正点と、改正品を示す【縦長の丸枠に(四五式)】の印があります。
旧来の四五式【縦長の四画枠に[四五式]】と区別するため、と理由が記されています。





(C)捺印式、【縦長の丸枠に(改四五式)】
【縦長の丸枠に(四五式)】の印は、直後に見慣れた【縦長の丸枠に(改四五式)】の印に置き換えられていくそうです。
【縦長の丸枠に(四五式)】の印を塗りつぶして、【縦長の丸枠に(改四五式)】の印を押したものもあります。
要するに、大正7年の改正を受けた「四五式外套」が、事実上の「改四五式外套」ということになります。



変遷を時系列に従って並べると下記のようになります。
余談ですが、【縦長の丸枠に(四五式)】の印は、他二つの約半分ほどの大きさです。



なお、軍衣袴は【縦長の丸枠に(四五式)】がなく、直接【縦長の丸枠に(改四五式)】になります。

(2)肩章支紐
明治45年、釦留で着脱できる階級章の制定にあわせて用いられるようになります。
既知の通りですが、肩章支紐の裏側には「当て布」があります。
これは、着用時に軍衣の肩章と外套の内側が接触し、摩擦による双方の摩耗を防止するものと考えています。

(A)四五式外套(大正2年製)
この時点では、まだ「当て布」はなく、明治38年制外套や四ニ式外套と同じ構造です。(過去記事参照)
画像は左肩(左側が表、右側が裏)です。当然ながら、右肩も同じ構造です。



(B)四五式外套(大正4年製)
この個体では当て布が取り付けられています。表からは縫目が確認できます。
個人的には大正3年~大正4年の間に実施されるようになったのではないかと推察しています。
資料も発見できず、実物から判断するにしても製造年をピンポイントで狙うのは至難の業です。



(C)改四五式外套(大正11年製)
既に完成形に到達したようですが、いつ頃からこの仕様になるのかは確認できていません。
後の昭五式外套でも同様のものが用いられています。
縫目の幅が支紐よりも広くなっていますが、間違いなく「個体差」があるため、あくまでも参考です。



(3)着用時のポイント
ホックをかけ、第一釦から留めるのは軍衣と同じです。
着用方法が不適切な場合、サイズがあわない・見栄えが悪いといった問題を引き起こします。
大正3年「内務ニ関スル心得」より、適正に着用された場合の図を引用します。
袖は防寒のために長めになっています。適正なサイズを見つけるのも、これまた至難の業です。



(4)オマケ
資料が集まらなかったのでまた別の機会に紹介します。



(5)まとめ
最近は軍装をする機会も無いため、虫干しを兼ねて出してみました。
ひと昔前は着ることに必死でしたが、あの頃が一番幸せだったかもしれないと思う時があります。
サザンの「栄光の男」を聞いては、ハラハラと涙することが増えました。
”信じたモノはみんな メッキが剥がれてく”という一節に共感せずにはいられません。
この趣味を今日やめよう、明日やめよう、そう思いながら未練がましく生きています。




ではでは


■現在確認中の甲乙標記に関する資料
・明治32年 陸達第七十九号
・明治43年 陸達第五十一号軍隊経理規定第五十九條
・明治44年5月 陸普第一八五〇号
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 鬼塚堂製 昭五式軍衣袴(平... | トップ | どれみネタ他 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
リクエスト (見習日本兵)
2018-09-18 18:13:05
はじめまして!いつも参考にさせて頂いております。
次回背嚢とのことですが、よかったら外套や天幕の畳み方とかも合わせて記事にしていただけると嬉しいです😃宜しくお願いします!
参考書籍 (管理人)
2018-09-18 22:45:55
見習日本兵様

はじめまして。

外套、天幕の畳み方、縛着については、「丸」誌の2014年11月号が参考になると思います。
イラストや写真入りで詳しく解説してあります。
【日本陸軍「昭五式背嚢」再現】

ご参考までに
管理人

コメントを投稿

日本陸軍 外套」カテゴリの最新記事