「わが家の母はビョーキです」

わが家の母はビョーキです
中村 ユキ
サンマーク出版

このアイテムの詳細を見る



今一番読んでみたい本。
わが家の母もビョーキですから(笑)
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

欲しいのですが。

AB型自分の説明書
Jamais Jamais
文芸社

このアイテムの詳細を見る



私はAB型です。
B型の本が出た時点で気になっていたので、
AB型の本が出たと知り、本屋へ探しに行きました。

…ありませんでしたよ。まさか売り切れ?
AB型人間はそれ程多いのか?うちの地域。
値段が高いので、まずは立ち読みをしたいのに~。


普段からつい「あの人は○○型だから…」とか決め付けてしまいます。
だって血液型占い、好きなんだもの。
でも、この手の占いの本の当たり外れについては特に気にしません。
ただ面白そうな読み物としての興味なので。
なので、「人をたった4種類にわけるなんて!」などといった占い批判は
特に受け付けておりません


そういえば、数年前に「バースデーブック」ってのが流行った時、
私なんかよりも占い大好き・ナル夫はもちろん自分の分をゲット。
ついでに私と生まれたばかりの上の子の分も手に入れた。
私とナル夫の本には、相性のいい人としてお互いの誕生日が書かれていたっけ。

やっぱりね、占いって当たるとは限らないんだよね
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

「秘密―トップ・シークレット 」

秘密―トップ・シークレット (1) (Jets comics (234))
清水 玲子
白泉社

このアイテムの詳細を見る



この作者さんの作品は好きなんだけど、
かなりグロい描写の多いこの作品がアニメ化すると知り、
大丈夫かな~と思っていました。
ウチではこの本は子どもの手の届かないところに置いてあります。
子ども向けではないものねえ。

残念ながら私の住む地域では放送されないらしく、
掲載誌も購読していないので(単行本派)、
チェックもしていなかったのですが、
昨日初めてアニメ化の絵を見て爆笑しました。


誰なんだよ、これは。→公式サイト

この絵なら放送しても見る気にならないな・・・。


しかし、何にも新番組が放送されないのか?ウチの地域。
イタズラなKiss」が観たいのに。完結するらしいのに。

それから新番組じゃないけど「墓場鬼太郎」観たかった!
のだめ」くらい話題になっていたら時期遅れで放送したので待ってるんですが。
全部レンタルする程お金はないんだよう~
コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )

「しろいうさぎとくろいうさぎ」

しろいうさぎとくろいうさぎ

福音館書店

このアイテムの詳細を見る



先日、ブックオフで見つけて思わず購入してしまいました。
大好きな本です。

初版は1965年なので、私よりも古いです。
それだけ長い間読み継がれているのですね。


子どもたちが小さいころは毎晩絵本を読んであげていたのですが、
脱出後はもうしていませんでした。

下の子がこの本を見つけ、
「お母さん、これ読んで!」
と持ってきたので、久しぶりに読み聞かせをしました。


しろいうさぎと、くろいうさぎは結婚式を挙げるのですが、
読んでいて涙声になってしまい、誤魔化すのが大変でした。


この本のうさぎたちのように、
私もせっかく結婚したのだから、幸せになりたかったよ。
ちょっとだけ、私って可哀想だわ~なんて泣いてみたりして。

まあ、ナル夫相手じゃお互いを思いやるなんて無理だわね。
離婚して、今はなかなか幸せだと思えるからいいか。


実は、お友達が結婚したらこの本を贈りたいと密かに思っているのですが。
どうですか?(と、どこかに聞いてみたり。)
あ、自分も独身なの忘れてた。。。

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )

「僕僕先生」

僕僕先生

新潮社

このアイテムの詳細を見る



この作品で第18回日本ファンタジーノベル大賞を受賞した、
仁木英之のデビュー作。


新聞の本の紹介欄で見て、気になっていた。
私は紹介欄をよく読むのだけど、
実際本を読むことは少ない。
興味を惹くものがあっても、それをメモしたりしないもので
(めんどうなので・・・)
それを覚えていて、本屋や図書館へ行くことはほとんど無い。

↑紹介欄を読む意味無いじゃん、私。

この本は珍しくタイトルを覚えていて、
図書館で見つけて読むことができた。

貸し出し中ではなかったので、
「人気ないのか?面白くないのかも?」
と少々心配だったけれど、大丈夫。

さらっと読めて、淡い恋物語もあって、
中国物のファンタジーに抵抗がないのならおすすめです。
(↑これの前に京極夏彦を読んでいたので、
 余計にそう思ったのかも。)
詳しい書評はアマゾンに任せましょう
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ