休憩時間

仕事と育児の合間にほっと一休み。
ため息まじりの日記や、旅行、料理など思いつくままのページです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

にんにく酢

2008年01月18日 | 

 高校時代の友人から、やっと妊娠したと喜びのメールがきた
 しかし、風邪をひき、薬が飲めず困っているとのこと。
 早速、オススメの「にんにく酢」を紹介しちゃった
 私も妊婦の時、この「にんにく酢」を丸ごとかじり、風邪を乗り切ったものだ。
 にんにくを切り刻まず、皮をむいてそのままお酢に漬ける。
 すると、風邪薬と同じ成分が出来上がる。
 半年くらい漬け込むと、にんにくの強い匂いが軽減され食べやすくなる。
 
 妊婦じゃない今でも、にんにく酢は作り続けている。
 家族の誰かが風邪をひきはじめると、漬け込んだにんにく酢を食べさせる。
 「うぇ~~~~!!」と声をあげるが、翌日にはだいたい回復している
 素晴らしき「にんにく酢」
 酢は餃子のタレやドレッシング、ソテーソースなどに使用
 最近では酢にんにくを刻み、生姜と一緒に料理の中に混ぜる。
 身体が温まって最高
  
 去年、黒酢で作ったにんにく酢は、味がまろやかで超美味しかった。
 次回は黒酢で作成しようと決心
 にんにくの皮むきはこども達にやらせると楽ちん。

 ★にんにく酢の作り方★

  [材料]
 ・ にんにく 適量
 ・ 酢 適量(酢はお好みでリンゴ酢や米酢などどれでもOK)
  ※ お好みで蜂蜜などの甘みを加えても良い。

  [作り方]
 ① にんにくは皮を剥き薄皮までとっておく。
   粒の大きいものは半分に切っておくと漬かりやすい。

 ② ①を水洗いして水分をよく切り、保存容器に入れ酢をヒタヒタより少し多めに入れる。

   10日位置くとあくがでてくる為、その酢を捨て新しい酢に漬け込む。
   3ヶ月位すると食べられるが、出来るだけ長く置いた方が匂いがなく食べやすい。

   にんにく酢はそのまま食べても良いが、焼いて食べてもおいしい。
   酢の方は水で薄めて飲んだり、料理に活用する。
   にんにくの種類や収穫の季節によっては青色になる事がある。
   これはそのまま放置しておくと20~30日で自然に戻るので、心配なし。
   特に問題はないそう。




 
 
 
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 通勤 | トップ | 雪の噂 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
さすが! (ayako)
2008-01-19 01:00:25
何でも知っている管理人さん。
これからも色々教えてね。
次女は鼻がずーっと出ています。
でもね、熱は出さなくなったんです。
成長したなぁ
私事ですが、明日長野に行きます。
祖母に会いに。
寒いらしいですよ~
長野・・・素敵♪ (管理人)
2008-01-19 22:33:59
おぉ~!!
長野ですか!
いいところですよね
寒いけど雪が多くてスキーには最高
私も行きたいデス

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事