goo

本「猫はカガクに恋をする?」

「猫はカガクに恋をする?」
竹内薫/藤井かおり(著)

透と香鈴(シャンリン)と
シュレ猫エオウィンが、時空を駆け抜ける!

読み進めていくうちに、
ぼくも、エオウィンと一緒に、
時空を駆け抜けているような気持ちになって、
とってもワクワクした。

時空をさかのぼって出会うのは、
物理学、生物学、化学、数学の分野で、
歴史に名を残してきた科学者たち。

透、香鈴と科学者たちとの会話は、
著者たちの科学や科学者たちに対する
愛情がにじみでていて、
これまでとっつきにくかった「スゴイ科学者」たちを、
とても身近な存在として感じることができた。

ぼくは、とくに、
アインシュタインと透たちの
やりとりが好きでした。

涙がポロリ・・・。

それから、透と香鈴の恋の物語の
クライマックスでも、涙がポロリ・・・。

読み終わったあと、
不思議とさわやかな気持ちになりました。

本題とはそれるけど、気になったこと。
著者たちも、あとがきのところで触れているけど、
この本は、竹内薫、藤井かおりの「二人」で書かれている。

何が気になるかというと、
どの文章を竹内薫さんが書いて、
どの文章を藤井かおりさんが
書いているのか、ということである。

ひとりひとり、文体は、大きく異なると思う。

でも、ぼくは、読んでいる間、
2つの文体がある、とは一度も思わなくて、
1つの文体として、ずっと読んでいた気がする。

う~ん、とても不思議です・・・。

***

写真について。

ちょうどこの本を読み終えた次の日、
雨上がりに散歩をしていたら、
この白猫くんと出会ったんです。
左目が黄色で、右目が青色をしています。
とっても不思議です。きれいです。

あっ!!!
表紙のエオウィンがいないっ!
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« ピチャピチャ... バーベキュー »
 
コメント
 
 
 
 (竹内薫・藤井かおり)
2007-06-21 23:34:36
うわぁ、涙が出るほど嬉しいです!

あれ? いつのまにエオウィンが公園に?

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます!

 
 
 
涙2 (hauru_haku)
2007-06-23 14:20:00
コメント、どうもありがとうございます!
それに、薫日記で、リンクしていただいて、
とてもうれしいです・・・(涙)

はい、翌日、この白猫くんと遭遇したんです。
ぼくもビックリしました。

「あ、エオウィンが、本から出てきたのかも?!」とか、
いろいろ妄想しました(笑)

竹内さんの本には、本当に、いろいろとお世話になっています。
「MAXIMA本」とか「ゼロシリーズ(ひも理論)」とか、楽しみにしています!
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。