NPO法人かぷあ(旧:NPO法人たちばなリハビリサービス)

浦安市で重心児&医療的ケアの必要な児童の療育をおこなっています。
お問合せ:047-318-3311

認知症 作話と妄想

2018年10月19日 | その他
認知症
私には関係ないと思いたかったけど、現実的になってしまいました。

実家に戻った両親は姉と私に足して、相当のダメージがあったらしく
姉に数分おきに電話がかかる。

固定電話の1、2、3はすぐかけられるように設定されています。
それ以外には電話がかけられない。
1は姉、2は私の携帯、3は私の以前の携帯?
ワンプッシュで電話が使用できます。

1に〇印が付けてあり、これだけ使用できると思っている(はずです。)
先週は3にかけてきた。。。

以下
姉からの電話の内容(聞いた話なので多少違うかも・・・)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ショートステイで泊まった施設がテレビでニュースになっている。
とんでもない施設だ。(大変、お世話になったし、ご迷惑をおかけしました。)
きちがい(差別用語?関西弁?)がいるので、警察が施設を捜査している。
あなたたち(姉の家&私の家)にも捜査があるかもしれないので、気をつけなさい!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

えっ、びっくりです。
妄想なのか、作話なのか・・・

こんなことが現実にあるのですね~

通帳などを預かっている姉は、返してほしいと母に言われたそうです。
今までも、何度も通帳がない、財布がない、保険証がないと言って騒いだ両親

戻して、無くなったら、疑われるのは姉です。
ということで、戻さないことにしました。

オレオレ詐欺が頭にちらつきます。
預かる方が安全

認知症になっても、かわいいおじいちゃんとおばあちゃんがたくさんいるのに
なんてことでしょう・・・
理性が失われるのは怖いことです。

MANAMI
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 認知症 「家に帰りたい!」 | トップ | 放課後等デイサービス 秋の... »