104つの奇跡
見えてるのかな、これ?
 



きのこ対たけのこ? 甘い!これぞ合戦だ 源氏パイと平家パイが話題に 実はすでに決着が…販売元に聞いた


 三立製菓のロングセラーであり看板商品である源氏パイ。亜種で平家パイなるモノも並んでいるのを見かけます。平家パイの方がレーズンが散りばめられて、色も紫で豪華っぽいのですが、知名度、人気、歴史など圧倒的に源氏パイの勝利ですね。きのこたけのこ戦争と比べるまでもない。やはり亜種は亜種です。


 それよりも驚いたのは源氏パイのネーミングの由来。亜種である平家パイは記事にあるように、源氏パイの対になるように&当時の大河ドラマが「平清盛」だったため名付けられたとか。言わば平家パイを出すタイミングだけの問題だったわけですね。じゃあオリジナルの源氏パイはと言うと、実はこれも発売翌年の大河ドラマが「源義経」だったことから源氏パイになったそうな。大河ドラマ由来は50年以上前からだったわけですね。



 発売開始から半世紀以上経過する源氏パイ。その内「藤原パイ」とかも出るのかな? 源平藤と来ると、あとは四姓で残る「橘パイ」がありますが、橘氏がどうしても日本史の教科書で影が薄いのでダメでしょうね。柑橘系にも使われるようにミカン類の総称なので、一番パイとは相性が良さそうなんですが。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« お店を見抜く... ちょっと早く... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。