104つの奇跡
見えてるのかな、これ?
 



【徹底検証】各地域の「卵焼き」の味を比べてみました!


 お弁当の定番の一角、卵焼き。アンチの少ないおかずとしても有名で、居酒屋メニューの定番でもあります。そんな卵焼きの味付けに地域差はあるのかと言う研究。これは中々に興味深い。


 統計を取ったかどうかは分かりませんが、東京、岐阜、滋賀、大阪、宮崎の卵焼きを味覚センサーで解析。塩味、甘味、旨味の3項目でパターン分けしたとのこと。地域に偏りがある気がしますし、そもそも採用されていない土地もあるのでどうかと思いますが。


 記事を見てみると、

・東京:バランス型
・岐阜:塩味特化
・滋賀:旨味特化
・大阪:甘味なんぞいらん旨味最高
・宮崎:激甘

こんな感じですかね。まぁ、旨味成分自体はどの地域も大差ないので、塩味と甘味での区別ってところでしょうか。岐阜が塩味強めなのは名古屋都市圏に入ってるからでしょうか? 逆に大阪や滋賀が旨味強めなのはダシ文化だからかと思われます。



 私もたまに卵焼きを作りますが、もう甘味特化の宮崎仕様ですね。塩もダシも入れません。卵以外で使うのは砂糖と牛乳のみと言う徹底ぶり。甘いと冷めても味が分かりますからね。あと、余談ですがなぜか卵焼きを作ると自然に7等分にカットできてしまうと言う奇妙な技能があります。卵焼き用フライパンの幅が7つに分けやすい幅なのだろうか?

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« やはり斬撃が一番 私は買う方 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。