クローゼット・ルーム

No stockings, no beauty.

DoreDore 'Double Dix' ウエルトの印

2018-02-25 14:26:35 | ストッキング
DoreCore 'Double Dix'にある印は、画像のようにアンダー・ウエルトの縦線です。

これを参考に、他のシームレスにも中央に印を付けたことがあります。意外にねじれるものですから。
今はやっていません。慣れればだいたい真ん中が分かります。
コメント (3)

DoreDore 'Double Dix'

2018-02-23 10:13:25 | ストッキング
DoreCore 'Double Dix'って何?というお問い合わせをいただきました。

webの方にも書いてありますが、「往年」の人気ノン・ストレッチ、シームレスです。
一度モデル・チェンジをして特徴の無い製品になってしまいました。以下は旧製品のことです。

10デニールのナイロン糸二本で編まれています。それが名前のゆらいでしょう。
透明ですが、しっかりとしたはき心地です。
丈が二種類ありましたが、なぜか国内では短いものばかりでした。スカート丈にもよりますが、長い方が使いやすかったと思います。
ウエルトに印があって、ここを目印に前のホックを留めるとねじれずにきれいにはけました。

人気のあったストッキングなので、今でもたまに見かけます。
コメント (3)

Le Collant 'Raffi' 25D

2018-02-17 08:57:20 | ストッキング
ストッキングのことを「シアー・タイツ」と言うのはどこまで定着したのでしょう。

かつては、タイツとストッキングの違いはデニールみたいなことを言われていました。だいたい30D以上がタイツということになっているように思います。
思うに、両者が連続的だった時代から別の物との認識が深まったからではないかと思います。ストッキングは薄さが身上ということになり20D以下がストッキングと認識されるようになっているのではないかと思います。

とすると、25Dはその中間的な存在、悪くいうとどっちつかずです。

わたしは滅多にタイツをはきません。ベージュ系は皆無です。
この25Dはぎりぎりのところだと思います・
コメント (3)

Le Collant 'Raffi'

2018-02-14 14:26:11 | ストッキング
智さんからの情報です。
三越伊勢丹ブランドの Le Collant 'Raffi'(アツギ) が 'ナンバートゥエンティワン'となり、価格も\1,269になったそうです。Raffiはもう店頭から消えています。

Raffiについてあまり書いたことがありませんでしたが、品質は上級クラスで、わりとよくはいていました。いろは、ネイビーやブラウンなどもありましたが、ゾッキと交編とで色のラインナップが異なっていました。
この画像の、交編のスキニー・ベージュは標準的な肌色でした。
つま先もきれいに透けます。

中身は変わらないそうです。
コメント (5)

Capri と Clarte

2018-02-10 09:40:45 | ストッキング
nanaさんご指摘のCapriとClarteを並べてみました。
撮影条件が違うので一概には言えませんが、たしかにどちらも薄手で輪郭が出ています。

どちらかというとClarteの方が輪郭がくっきり出ています。Clarteの名前通り「透明」で、「澄んで」います。
ストックが少しありますが、もったいなくてはけません。

Capriの黒は、私が最もよくはく黒ストッキングです。ノン・ストレッチ派には定番だと思います。
魅力はその透明さと輪郭にありますが、それだけでなく緊張感があります。薄手のストッキングであること、サスペンダーに留めること、そして肌色より非日常性があることです。
手袋をして、片足ずつたぐって足を入れる一連の動作も好きです。パンティ・ストッキングにはない満足感があります。
コメント (3)