クローゼット・ルーム

No stockings, no beauty.

どこで手に入るか

2016-04-29 12:35:32 | ストッキング
昔のシームレスはオークションで見かけます。手っ取り早く手に入れるのはそれが一番かと思います。

私の持っているのは、全て都内某所の洋品店の倉庫にあったものをいただいたものです。店頭に置いてあったものもあります。そいのお店は既に廃業しています。
ほんの少しですが母のタンスの中にあったのをもらったものもあります。

モデルさんがお持ちのものは、ご自宅にあったものだそうです。やはり古いタンスにあったものだそうです。

現在、60代くらいから上の方がいらっしゃる家にはひょっとしたらどこかにあるかもしれません。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

セパレート・タイプの保管法

2016-04-27 10:04:11 | ストッキング
コメントいただいた件に関してここでお答えします。

セパレート・タイプ(片足ずつ分かれた)ストッキングは、左右違うものを組み合わせたりしてしまうことがあります。特に黒は分からなくなることが多いと思います。

ある方のアイデアなのですが、小分けの洗濯ネットに入れ、そのまま干してネットに入れたまま保管するという方法をとっています。画像のようなものだけでなくパーティションが切ってあるものもあります。
これだと出し入れもスムーズです。場所もとりません。

以前は針金ハンガーを曲げて部屋干ししていましたが、これだと風にはためいてどこかに引っかかることもありません。

試してみてください。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

気になるところ

2016-04-25 09:36:44 | ストッキング
VTGシームレスのつま先の処理についてご指摘がありました。

サンダルやオープン・トゥの場合、つま先のシームが気になることがあります。はき方に注意しても目立ってしまうことがあります。
短いスカートの場合、ウエルトの露出が気になります。パンティ・ストッキングの場合は、オール・スルーを選択すれば問題はありませんが、時に無頓着な人を見かけます。特にショート・パンツにはオール・スルーがmustだと思うのですが。

パンティ・ストッキングの普及とミニ・スカートは関係があるそうですが、現在からすれば当然のように思えます。

ただし、オール・スルーをはけばそれで済むということではなく、脚の露出が多い分色ムラには注意すべきですし、座るときなど気を抜いて膝頭が離れるようなことはすべきではありません。立ち居振る舞いに気をつけなければどうしようもありません。
つま先も、はいているうちに足が前に出るので時々は直すことが必要です。これは破れ防止にもなります。この点では、昔のシームレスの方がずれが少なくなっています。フル・ファッションも同様です。

あたたかくなって露出が多くなります。細かいところにも気を配りたいものですね。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

アツギ プレーン シームレス・ストッキング

2016-04-23 09:32:47 | ストッキング
前回のフィット・プレーンとどういう関係にあるのか不明ですが、どうもフィット・プレーンより古いようです。
パッケージが古そうですし、足裏が全体に補強されていましたから。色もくすんでいるように思います。

フィット・プレーンもウエルト折り返しではいてましたがこちらも同様です。

日本のストッキングをリードしてきたアツギですが、シームレスの時代の終わり頃はグンゼの方が良かったのかなとも思います。50年前の「売れ残り」ですから実際のところは分かりません。
アツギはいち早くパンティ・ストッキングにシフトしたのかもしれませんし。

膝から甲にかけての輝きはすてきです。当時の女性(男性も)魅了したことでしょう。
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

上品さ

2016-04-21 07:55:50 | ストッキング
お笑い芸人のいとうあさこが「言葉遣いや仕草が下品。子どもが真似したら困る。」という声に対し「良し悪しは自分で判断できる。親とのコミュニケーションができていれば下品な子にならない。」と反論したそうです。
別の言い方をすれば、良し悪しの分からない子どもは下品になり、親が下品だったら子どもも下品になるということでしょう。真似て下品になるとしたらそれは親の責任。
それはそのとおりだと思います。でも、その一方で「子どもは社会が育てるもの」というのですから一貫性がないような気もします。

品とは「内側からにじみ出るもの」だそうです。でも、それは仕草や言葉遣いに現れるものなのではないでしょうか。

さて、前回の画像の上品さについて、コメントをいただきました。私もあることに気づきました。最初から分かっていてクイズを出したのではありません。
たぶん、皆さんがお気づきになったのはこの画像に関係するのではないでしょうか。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加