クローゼット・ルーム

No stockings, no beauty.

「普段着」のストッキング

2015-07-27 09:23:43 | ストッキング
LANVINのことを色々書きましたが、「あんな高いのをいつもはいているんですか?」とご質問がありました。答えは「ノー・コメント」にさせていただきます。

コストということは大きな問題ですが、分かっているからこそあえてそれを取り上げないこともありなのではないでしょうか。ストッキングはコストを度外視していいということではなく、それを脇に置いておくことも楽しみ方の一つだと思います。

骨董品や美術品を鑑定する番組が長く人気を保っています。あれは、誰もが分かるわけではない「価値」を誰もが分かる物差し、すなわちお金という相対的な尺度に「翻訳」するところに一つのおもしろさがあると思います。
でも、逆に「相対的な」価値への「翻訳」である限り永遠に分からない価値でありつづけるということでもあると思いますし、需要という物本来の価値とは直接に結びつかない要素もあります。物の価値とはそういうものだという側面も見せているのがおもしろいところだと思います。

ストッキングを相対性から解放することによって、ストッキングそのものの価値が実感されると思います。

ストッキングは必需品ですが、二つの異なった側面があると思います。衣類としての日常性と、美的存在としての非日常性です。私は、少なくともこのブログでは後者を重視しています。「ノー・コメント」などと、木で鼻をこくったような言い方をしたのはこの理由からです。

でも、別の言い方をすれば日常性の中でも美しさは度外視されることはないと思います。日常性の中で保たれた美意識がなければどんなに高価なストッキングをはいてもその物の持っている顕在的・潜在的能力は引き出せないと思います。
コメント (5)

フランス映画「悪魔のようなあなた」(1967)

2015-07-25 09:17:14 | ストッキング
当時の名優アラン・ドロン主演のフランス映画「悪魔のようなあなた」を見ました。何度目かですので既に書いたことも多いかもしれません。

筋は、自動車事故で記憶を失った男が連れ去られ、殺人事件の犯人にされていくというものです。

内容はともかく、この映画の中で大邸宅(お城)の女主人が東洋人の下僕(あえて固有名詞を書きません)を使役する姿も印象的でした。最初見た時は、男であろうが下僕には人間性を認めないような女主人の傲慢さが人種差別的なものを感じました。特に、全裸になって下僕にマッサージさせるシーンは、下僕に羞恥を感じていない態度が驚きでもあり、西欧的な主従関係というものはこういうものかと印象に残りました。
でも、こういう態度が女主人の美しさを際立たせているのだとも思いました。同時に、この関係は下僕の女主人に対する思慕によって成り立っており、お互いの相乗関係がキャラクターを引き立てているのだと思いました。

下僕が女主人にストッキングをはかせるシーンがあります。もちろん、ナイロンのシームレスです。パンティ・ストッキングでは様になりませんよね。

私は、アラン・ドロンにも映画のストーリーにも特に思うところはありませんが、この二人とそこに使われた小道具に興味をひかれました。
コメント (6)

夏のストッキング 続き

2015-07-22 22:20:53 | ストッキング
以前、「ガーター・ストッキング」は夏に心地いいという記事がファッション誌に載った時期がありました。ここ数年はすっかり見なくなりました。私があまりファッション誌を見なくなったこともあるかもしれませんが。

たしかに腰回りがすっきりします。実際心地いいと思います。

最近はシームレスやフル・ファッションのことを書く機会が少なくなりましたが、相変わらず半分くらいはノン・ストレッチのシームレスです。どちらかというと夏が多いかもしれません。

夏にノン・ストレッチのシームレスが多くなるのは、黒ストッキングをはく際、夏の方がより透明度を求めることもあります。透明な方が見た目にも爽やかですし、気持ちも軽くなります。

画像はCapri15です。ベージュでしたが、今日もこれでした。
コメント (6)

夏のストッキング

2015-07-16 23:25:10 | ストッキング
東京地方、先ほどから強い雨が降ってきました。
台風が四国に上陸するそうです。皆さんお気を付けて。

コメントに、ランバンは涼しいのかというご質問がありました。

涼しいと思います。この価格帯は皆涼しいと思います。単純に薄いからですがが、ランバンが涼しく感じるのは肌触りとサイズ感にあると思います。サポートが強いものよりゆるいものが涼しく感じると思います。その点ではマッキントッシュも同様な涼しさがあると思います。

イビチのサマー・タイムなど、盛夏用のストッキングもありますが、私には向かないようです。疲れるからです。素足でも平気な方には大丈夫だと思います。

夏のストッキングに重要なのはその他に色と透明感だと思います。
色は肌色系が中心です。特に画像のような赤みのあるものが爽やかです。もちろん装いに合わせることが必要なのは言うまでもありません。「この色が夏向き」というわけではありません。

画像はランバンですが色の名前が分かりません。もう廃番になっているようです。残念です。
コメント (4)

LANVIN ポレーヌ

2015-07-13 09:54:47 | ストッキング
ポレーヌ単独の画像です。

肌色系というよりは茶色ですね。
コメント (4)