クローゼット・ルーム

No stockings, no beauty.

再び国産VTGのこと 追加

2018-05-15 10:03:53 | ストッキング
前回書いたはき心地に関する感想はプレーン編みのものです。いわゆる「ノン・ラン」についてはまた改めてコメントします。

プレーン編みの国産VTGの中にはAristocのハーモニー・ポイントに似たフィット感のものがあります。逆に言えば、その感覚がフル・ファッションの魅力なのだということにもなります。
すべすべしたナイロンの感触が、化学繊維に過敏な肌にも抵抗なく受け容れられるという声もあります。(ただ、程度の軽い人の場合だと思います。)

小雪さんのコメントにあった、足裏の補強の件ですが、フル・ファッションと同じようにつま先の補強から足裏全体に施されていてそのままかかとの補強になっているようです。おそらく技術的な理由なのだと思いますが、詳しいことは分かりません。
理由はともかく、そこまで気配りをする必要はあるでしょう。

私の持ち物をはいていただいたので、ちょっと小さいようです。かかとはもう少し上にきます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 再び国産VTGのこと | トップ | ノンラン »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
様に (静香)
2018-05-15 11:44:03
なかなかセクシーな画像ですね。

たしかに目をこらしてみると、かかとから本来切れているはずの補強が続いているようです。
気になりますね。

左足は普通にきれいですね。
むしろ、「ストッキング裸足」は昔の方が様になっているような気がします。
きっちり (ゆき)
2018-05-15 16:42:34
した感じが好印象です。不思議。
プレーン編み (登志子)
2018-05-15 22:34:56
化学繊維にアレルギーがある人いますね。シルクのストッキングもあるにはありますがGERBEくらいでしょうか。学生の頃あるストッキング店の店長がそんな話をしていました。雑誌に載ったのがきっかけで問い合わせがあったと。皆さん御存じですよね。製品によっても合う合わないはありますね。編み方や染料の違いとかも大きいのでしょうね。ナイロンのプレーン編みはその点でも優れていたのかもしれません。伝線するとダメージが大きいですがもう一度見直してもいいかもしれません。
補強 (小雪)
2018-05-16 12:38:50
こんにちは

かかとまでつながっているんですね。
やはりフルファッションからなんでしょうね。

それ以外はすっきりですね。むしろ今のよりも格好がいいように思います。

色は超レトロですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。