クローゼット・ルーム

No stockings, no beauty.

再び国産VTGのこと

2018-05-12 12:25:56 | ストッキング
ナイロン(100%)・ストッキングが見直されているのでしょうか、ここ数年コンスタントに昔の国産シームレスに関するご質問をいただきます。

以前書いたことに少し補足します。

古い物はやはり破れやすいので替えを持つのは必須です。
セパレート・タイプは、片方が伝線してももう一方だけをはきかえればいいので便利且つ経済的ですが、昔の物は同じ物があるとは限りません。1セット予備を用意するしかないかもしれません。

異なる片方だけが残ってしまった場合、色の違いは結構目立ちますので染めてしまうのがいいと思います。
紅茶で染めるというのを聞いたことがありますが、あまり効果があるとは思いません。ナイロン用染料で黒に染めるのが現実的だと思います。

ノン・ストレッチ全般に言えることですが、足首などにシワが目立つことがあります。古い物はその傾向が強く、場合によっては肌に痕が残ることもあります。
これは、ある程度高いヒールを履けば防げます。

シームレスやフル・ファッション全般に言えることですが、スカート丈によってはウエルトが見えてしまうことがあります。後ろにスリットのある場合にはそこにも気をつけて下さい。

面倒なことが多いかもしれませんが、硬めのフィット感はパンティ・ストッキングでは得られません。その感触が見直されているのでしょうか。

画像は、グンゼのプレーン・シームレスです。パッケージを入れて撮ってもらいました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« iCBのストッキング | トップ | 再び国産VTGのこと 追加 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
紅茶 (静香)
2018-05-12 14:50:20
パッケージから想像すると、実際はもうちょっと暗めなのかなと思いました。かつてはこれが標準的だったんですね。

紅茶の話は、私も母から聞いたことがあります。今のはポリエステルが入っているので全然だめですけど、ナイロンだったらいけるかもしれないですね。
母から聞いた話ですが、紅茶自体も今ほど質が良くなくて、普通でも色が濃くて渋みが強かったそうです。
今のだったら煎じるくらいでしょうか。
手触り (登志子)
2018-05-12 21:41:36
膝下も強めに引き上げないとシワが出やすいですね。座ると膝裏に目立つシワが出ます。それをどう評価するかによって分かれますね。味ととるか欠点ととるかですね。私も最大の魅力はカチッとしたフィット感で特に国産VTGはそれを強く感じます。実用としてはいまいちですがそこが好まれるのかもしれません。もっともコレクションではなく実際にはいている人がどれだけいるか分かりませんが。これはプレーン編みですね。すべすべした手触りはパンティストッキングにはありませんね。
おお (ゆき)
2018-05-13 09:13:55
フェミニンだけではないんですね。
補強 (小雪)
2018-05-13 17:55:23
こんにちは

紅茶は私も試したことあります。染めむらができてしまい、あらためて黒に染め直しましたが、ナイロンならそこそこ染まるようです。

片方だけ残った場合、補強が異なることがありますね。
つま先とかかとだけでなく、その間にも補強されているものがあります。
足の裏を露出することはあまりないと思いますが同じ状態のものを組み合わせることが必要ですね。補強の大きさも異なりますし。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。