カンムリワシ、名ばかり はばかり、言うばかり

中国に関する醜聞752 WHO

新型ウィルス問題です。

こちらでは、中国大陸で5月以降ほぼ「死者0」を続けていましたが、なぜか「2020/07/02」からデータなし」へ代わり、2日連続で「2020/07/03」もそうでした。 

何があったのか、邪推するのみですが・・・・

      • 中国大陸の死亡者数は5月以降「ほぼずっと0」でしたが、相変わらず非協力的なのに対し内部でも疑問があり、ついに「2020/07/02」から中国大陸の「死亡者数:データなし」に?
      • 感染者数も、それまで2桁でしたが、「2020/07/02」には4桁へ突然激増し、「2020/07/03」には再び1桁へ突然激減しているのが、とても注目を引きます。あすの感染者数や死亡者数はどうなるのでしょうか。とにかく中国の7月からの動きから目が離せません。
      • しかもWTO事務局長の出身国「エチオピア」への中国からの大量の投資(その1 その2)があり、テドロス(在任2017-2022予定)が、明らかに中国寄りの姿勢を見せる発言(バレないと思っていた?)があり、すでにWTO内部で恐れていた中国を刺激しない方針が破綻し、中国がすねたのでしょうか。
      • BRICs(Brazil・Russia・India・Chinaの全4カ国)すべてがひっかかります(Brazil・Indiaが感染者増大傾向、Russia詳細未発表Chinaの死者数データなし)。特に共産圏ゆかりのロシア・中国の非協力が目立っています。

さてさて、皆様はどう思われますか。

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

最新の画像もっと見る

最近の「アジア」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事