カンムリワシ、名ばかり はばかり、言うばかり

カンムリワシは20年ほどで激減。

北朝鮮の醜聞84 南北関係に陰りが

2018年05月22日 09時48分42秒 | アジア

まるで「痛風発作の部位」のように

北朝鮮の「恥部」に触れないまま対応してきた韓国左翼政権ですが、「のような南北会談」が板門店で開催されてから1ヶ月が経過した今、予想通り南北両国に亀裂が見え始めました。

もともと亀裂はありましたが、触れないでおくという隠ぺい工作が功を奏していただけであって、今になってようやく表面化し始めたのでしょう。

因みに栃木県の宇都宮市は「か現の宮(うつつのみや)か」が語源だとする説もあります(Wikipedia:「歴史」項目より)。

宇都宮市出身の人:

渡辺貞夫 落合恵子 立松和平 枝野幸男 森昌子 

閑話休題・・・・・・ 

いずれも北朝鮮は 

本気だと思えば駆け引き、駆け引きだと思えば本気 

例の「偽装・ペテン・だまし・ひっかけ」ですね。

私たちは好見本を知ったようです。

韓国が「北朝鮮という独裁国家に対応して、何も言わないまま交渉しても、いつかこうなる」という見本でした。

北朝鮮と韓国もまた、「同じ穴のむじな」なのです。

つまり「韓族は、偽装・ペテン・だまし・ひっかけ」から逃れられないのですね。こうやって長年(1000年以上)生きてきたのですから、これを直視しようではありませんか(笑)。

まだ断定できる段階ではありませんが

  • 朴槿恵の限りない中国への接近・・・・・・これは、ほぼ断定可能
  • 文在寅の限りない北朝鮮への接近 

共に大失敗になりつつあります。


北朝鮮、再び名簿拒否=韓国記者団は北京へ出発:時事ドットコム 2018/05/21-11:50 


先に北朝鮮は

米メディアに対し「一人あたり1万ドル(108万円ほど)」の豊渓里(プンゲリ)核実験場廃棄取材費を要求しました。最近の為替レート 

こういうことをやっていると、ビザ発給を受けても、取材するメディアは限られてくるでしょう。

なお豊渓里核実験場は、北朝鮮の東北部にあり、北の中国国境から100km、東北のロシア国境から200kmほどの距離にあります。普通の経路として、ピョンヤンから空路で元山(日本海側の港町らしい)へいき、そこから陸路で450kmほど東北へ進んだ場所にあるようです。この諸費用も含め1人あたり追加2万ドル、合計で$30,000/人を要求か。

3週間後(2018/06/12)に迫ってきた米朝会談の実現性ですが

  • こんなことを言っていると可能性が低くなってきた
  • いや実現の可能性が低下したからこそこんな要求が
  • いやいやこれもまた韓族独特のひっかけの1つかも
  • それとも誰もが予想するようにこれも中国の助言
  • どれが本質でどれが偽装か分らないと言うのはウソ
  • 本質不変の金王朝がこれらを見せ球にしながら偽装

結局「北朝鮮はすべての取材を断わる方針」なのかも知れません。

取材が自由にできない国が

北朝鮮・中国・ロシアという独裁国家なのは

偶然ではなく、当然の一致なのでした(笑)。

独裁国家では

とにかく不都合なことを決して外に漏らしてはいけません。

そのために取材を制限するのですが、その前提として報道の規制があり、もっと言えば異論を排除言論の不自由という「作られた社会規範」があるのでした。

そんなのを認めていたら、体制が崩壊してしまうため、決してゆるめてはいけません。

トランプが北朝鮮の体制を保障・保証しようとし始めたようです。

トランプは、世の中には、法や論理を大切にする人ばかりではなく、その裏を知っている自分と同じような豹変型の偽装人間」が存在することを理解し始めたのかも知れません。 

今、次のような言葉が乱舞しております。

  • なぜ北朝鮮は大譲歩したか
  • なぜ中国の影響力が減少したのか
  • なぜ文在寅が失速し始めたのか
  • なぜトランプは弾劾されないのか
  • なぜ韓族漢族の偽装はなくならないのか 

これらの前提が、間違っているのか、正しいのか・・・・・・。

なぜ「人は、このような言葉に踊らされる」のでしょうね(笑)。

さてさて、皆様はどう思われますか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北朝鮮の醜聞83  | トップ | 韓国の醜聞393 文在寅ふたた... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アジア」カテゴリの最新記事