八幡平の自然 ~アスピーテ日誌~

八幡平の自然については、まずこのブログで情報を!
ビジターセンターの活動、花や紅葉、旬の情報満載でお送りします

「八幡平三大展望地コンプリートトレッキング」下見に行ってきました。

2018-08-25 13:19:14 | 道路情報

8月23日、朝から台風の影響のフェーン現象で気温の高い中、25日に開催予定の「八幡平三大展望地コンプリートトレッキング」の下見に行ってきました。

まずは我らが畚ちゃんこと、畚岳からスタートです。

エゾオヤマリンドウの咲き誇る登山道を進みます。

それにしても暑い・・・

今日の畚ちゃんは、くどーさんには厳しいようです・・・

早々に、先が思いやられるくどーさんでした。

ホシガラスのお出迎え。

中央の枯れたオオシラビソにとまっているのがわかるかな?

あのまだら模様は、そういった場所でも身を隠すことが出来るんですね。

アキアカネもだいぶ成熟してきました。

まもなく里へと帰っていき、一生を終えるのです。

すでに汗だくのくどーさんも、このままだと行程中に一生を終えそうです・・・

山頂到着。

天気が良いと眺めも最高ですね。

一息ついて周りを見渡すと、岩手山がその大きな姿をハッキリと見せてくれていました。

次に目指す茶臼岳。

源太森も見えてますよ。

そして八幡平。

平すぎ・・・

いくら登りの無い登山がしたいネガティブレンジャーでも、そう思わずにはいられない山です。

この日は遠くに岩木山も見えました。

秋田駒ヶ岳の上空に不思議な飛行機雲を発見!

山岳波の影響でしょうか?上空は、どんな風が吹いているのでしょうか?

こんなに鋭角に折れ曲がるような飛行機雲もめずらしくないですか??

足元にはホシガラスが食べ散らかしたハイマツの実が・・・

もう少しキレイに食べようよ。

ずっと鳴いていた、鬱陶しいやつ・・・

エゾゼミ。

畚岳を下る前に、空を見上げると真っ青。

気の早いミネザクラの色が変わり始めていましたよ。

登りで見落とした立派なクマ糞。

何を食べているのか、ホジホジしたい衝動を押し殺しながら先に進みます。

続いて茶臼岳。

もう、汗でグチャグチャですが、おじさんの後に続きます。

きっと、素敵な世界に導いてくれるはず・・・

でも、離される・・・

ウラギンヒョウモン。

近づいたら逃げちゃいました。

君も僕をおいていくんだね・・・

今日の山は全力でくどーさんを拒んでいるようにしか思えません・・・

球果をたくさん着けたオオシラビソの向こうに入道雲がもくもくと湧いていました。

真っ白なヤマハハコの脇を通りすぎていきます。

茶臼岳山頂が見えています。

まだ登らないといけない・・・

このアキアカネは逆立ちするように止まり、全身で風を受け、熱をおびた筋肉を冷まそうとしています。

暑いもの・・・

そうなるよな。

ゴヨウイチゴの実も、葉の下に隠れているとはいえ、干からびそうです。

こちらもエゾオヤマリンドウは花盛りです。

クタクタのくどーさん、下ばかり見えて仕方ないので、一息つこうと顔をあげたら季節外れのクリスマスツリーが見えました。

終わったか・・・と思いましたが、キラキラ輝く木漏れ日の中にぶら下がるコメツガの球果でした。

クジャクチョウ。

アズマヒキガエル。

なんで、こんな暑い日に出歩くかなあ・・・

戯れる余裕がないです・・・

茶臼山荘着。

昼にします。

昼にします。

誰が何と言おうと昼にします。

午後の部スタート。

茶臼岳山頂に向かいます。

コメツガとオオシラビソのトンネルをくぐると・・・

岩手山。

茶臼岳山頂着です。

先ほど登った畚岳もくっきり。

次に目指す源太森もはっきり。

そして八幡平。

山頂がはっきりとわかります。

どこって?

あそこですよ、あそこ。

ハヤチネフキバッタがグダグダのくどーさんをあざ笑うかの様に、余裕の表情を浮かべています・・・

茶臼岳山頂から一旦茶臼山荘に戻り、源太森を目指します。

道脇のベニバナイチゴは大きな実が熟していました。

黒谷地湿原到着。

ウメバチソウの花が白く輝いています。

エゾオヤマリンドウに一休みのカオジロトンボと一緒に休憩。

よしっ!

源太森にむかうぞ!

あっちぃ~

見てっ、この日射しっ!

ゆっくり行こ・・・

ウラジロナナカマドの実が色づき始めていましたよ。

こちらの雲は、なんだか秋らしいな。

確実に季節は移ろいでいますね。

ヤマアカガエルは日陰で休憩中です。

源太森到着。

キアゲハが待っていてくれました。

憂い奴じゃ。

はるか彼方に山の端が白く霞む八甲田連峰も望めました。

八幡沼も。

そして畚岳に茶臼岳。

午後の岩手山は顔を隠してしまいました。

さあ、八幡平山頂を目指しましょう!

なぜか足取りが軽くなるくどーさんでした。

なぜって?

急坂がないからだよー♡

八幡沼が見えてきました。

湿原を行くおじさん。

いや~、かっこいいなあ。

湿原は草紅葉に向けて少しずつ色づき始めていました。

タチギボウシも見納めかな。

陵雲荘着。

この辺りはウメバチソウが花盛りです。

展望台から眺める八幡沼は、水面に青空と白い雲を映し出していました。

空にはもくもく入道雲。

空は夏と秋が混在です。

ハイマツの球果も大きくなりました。

ホシガラスたちの大事な食糧になるんでしょうね。

八幡平山頂。

いいねぇ~、どんどん進むよ~。

前半のネガティブくどーさんはどこに行ったんでしょうね。

メガネ沼見てー

鏡沼見てー

ちょこっとオクトリカブト見てーの

パークサービスセンター。

ゴールです。

最後の方、やっつけ感すごい・・・

決して、そういう訳ではないのだが・・・

うん、決して、やっつけ仕事ではありません!

 

今回は暑さでちょっと疲れましたが、八幡平三大展望地というだけあって、どの山も見晴らしが最高!

何とも言えない山行となりました。

是非、みなさんにも現地でご覧にいれたいのですが・・・

残念ながら、本日25日は台風の余波を受けてイベントは中止になりました。

お天気は良すぎても悪すぎてもダメですね・・・

来年は開催できるように祈ってます。

                       くどう

 

 

 

 

 

 

 


最新の画像もっと見る

コメントを投稿