八幡平の自然 ~アスピーテ日誌~

八幡平の自然については、まずこのブログで情報を!
ビジターセンターの活動、花や紅葉、旬の情報満載でお送りします

10月15日「草木染め体験~ブナの落ち葉で染めよう~」開催しました

2017-10-18 15:42:17 | イベント


今年のキャンプ場の秋は、いつもよりすこーし早く通り過ぎていきました。
冷えた風が、ブナの葉をくるくる舞わせ、落としていきます。


今日は、沢山のブナの葉のおすそ分けをいただいて、草木染め体験です。
12名の方にご参加いただきました。


今回は初めて、1から自分で染液を作るところから体験。
鍋にぎゅうぎゅうに葉を詰めて、煮出していきますよ。


各自で染めたい布を持ち寄るのも初めての試み。布の重さを量って、ミョウバンの媒染液も作ります。




そして、大事な絞り作業。
縫い絞る方法の他にも、ビー玉を入れて輪ゴムで縛ったり、洗濯ばさみで留めたり・・・
どんな模様になるか楽しみです!


お昼を挟んで、午後からはいよいよ染めに入ります。


なんか、ちくわみたいなのがあるよ!?




染めと媒染を繰り返して、ブナ色に染まってきました。


ここで、茜の染液登場。
重ね染めすると、ぱあっと赤みが差しました。


布を水洗いし、道具もよーく洗います。みんなでやるとあっという間。




まだまだ気が抜けませんよ、最後に絞りをほどく作業が待っています。
全貌が今、明らかに・・・・・・!


絞りを開くたびに、歓声が上がります。






みて!さっきのちくわがこんなに素敵な模様に!!


満足度は・・・この笑顔でおわかりですね。
開催してよかったなぁと思う瞬間です。


外に干しつつ、プチ展覧会。


シャツを染めた方も!
これ、売ってくれませんか!?


綿や絹、あるいは麻。染める素材が様々で、事前に下処理をしていただいたものもありましたが
みなさん見事な秋色にそまりました!


いつもお世話になっている案内人の杉澤さん・関さんは「鹿角紫根染・茜染研究会」で
郷土・鹿角の誇りである古代鹿角紫根染・茜染の優美な憧れの色を復活させるために、染色研究や技術交流をされています。
こちらでも染めの体験ができるようなので、ぜひHPをチェックしてみてください。
鹿角紫根染・茜染研究会HP
http://kazuno-murasaki.net/

さあ、次回は何で染めようか・・・?「八幡平まるごと染め」なんて、どう?

(さやね~)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 八幡平アスピーテライン 夜... | トップ | 10月26日 「金色の野へ降り... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

イベント」カテゴリの最新記事