はてなのなんでもブログ

書きたいときに書きたいことを書きます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

博物館のインターン日誌的なものを書こうかと思う。

2017-05-31 16:03:53 | インターン
読書ブログとは…
でもカテゴリ分けするからいいよね。

博物館でのインターンが始まったので、やったこととか、めんどくさい時はタイムスケジュールだけでも書いていこうと思う。
メモみたいなもん。

許可?をとるのが面倒なのと、機密事項とかありそう、あと恥ずかしいので実名とかはなるべく明かさない方向で行こうと思います。

今回はインターン申込みを決めるまでを書きます。



時は就活解禁も間近に迫った2017年1月。

Twitterなどでは年齢を偽って遊んでおりますが実は修士1年の大学院生でございました。

就活やだ…
働きたくない…
ふぇぇ…
何か名目上就活してることになりそうなイベント…

ということでインターンすることにしました。(他にも色々考えての決断だった気がするけどまあいいか)


学芸員資格は大学の時に取ったため、学芸員関係?で探すことに。
するとなんと大学生の時に「学術分野も被ってるし、ここで働けたらサイコーだなぁ…」などと思った博物館がインターン生の募集をしているではありませんか。なんと都合のいい。


応募資格は…
(1)大学又は大学院在学中もしくは修了者で、博物館事業やこの博物館に関連する分野を専攻する者、または同程度の能力・経験を有する者、原則学芸員実習を履修済みであること。
(2)博物館関連の仕事に従事する事を希望し、且つインターンとして積極的に活動する意欲がある者。

大学院生だし学術分野も被ってる、学芸員実習は大学4年の時に経験済み…できれば学芸員として働きたい…オールクリアだぜ!


期間は
時 期: 2月上旬受け入れ開始
期 間: 約3ヶ月(1展示サイクル)
研修日: 週1日
時 間: 9時~5時の8時間(内1時間休息時間)


インターンの内容は、大まかに分けると、
(1)展示準備補助(パネルの作成や展示品の設置など)
(2)ミュージアム運営補助(展示解説など)
(3)広報・普及事業補助(ポスターやパンフ、図録作成)
(4)教育普及事業・ワークショップ補助(講演会の進行やワークショップで教える人、など)


色々ですな…(>o<")
できるかな…


ともあれ応募しよう。
応募方法は、履歴書と小論文。

一次選考は書類、二次選考は面接とのこと。
履歴書と小論文で一次が通るか決まるってことですな!
がんばるぜ。

長くなっちゃったので選考の内容は次回!

コメント   この記事についてブログを書く
« 綾辻行人『十角館の殺人』 | トップ | 博物館インターンの面接とか。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

インターン」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事